きもの物語
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

大きい胸をすっきりタイトに見せるブラジャーを監修しました

きらこ流さらしブラ

 

さらしを巻いたように大胸をすっぽり包み、見た目を小さく、バストのゆれをおさえ、重さを軽減、洋装にも和装にも適した「さらしブラ」です

 

きらこ流さらしブラ

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

 

「格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方」

 

A4、77ページの電子ブック(PDFデータ)にまとめてあります。

 

お気軽着物の作り方を動画でも解説しています。

 

雑誌「いきいき」で紹介されました
お気軽着物



スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する

和装のときの履物には、大きくわけて「草履(ぞうり)」と「下駄(げた)」があります。街でみかける着物姿の人は、ほぼ皆さん「草履」をはいていますね。そして浴衣のときは「下駄」。ここでは草履・下駄の特徴、TPOと選び方の基本をお伝えします。草履の...

着物の仕立て(あつらえ)には、だいたい3ヶ月から半年くらいの期間をみておくと安心です。ただこの期間に、お店で相談している期間ははいっていません。「生地も色も模様もきまっている」段階での、目安の期間です。お店選びそのものを、まずは早くした方が...

着物をあつらえる(仕立てる)には、どれくらい費用がかかるのでしょう。これからの着物ライフを考えるにあたって、ざっくり知っておきたいあつらえの予算についてお伝えします。主なものは、生地(反物)代裏地代加工代仕立て代その他の加工代では、生地(反...

「着物や帯はどうやって選んだらいいの?」と思っているあなたへ。選び方のコツや、選んでいく手順をお伝えしますね。そのためには、まず、どんな場面で着る着物なのかを教えてください。そこをはっきりさせてから、着物を選ぶ自分の肌にあう色を選ぶ帯を選ぶ...

着物のあつらえを頼んでから数か月、もうじき出来上がったものが届く予定です。待ち遠しいですね。いよいよ届いたら、まずしておきたいのは「確認」です。出来上がった着物が、希望通りかどうかを確かめましょう。仕立て上がりの着物の確認の仕方やってはいけ...

着物を自分用に仕立ててもらうことを「誂(あつら)える」といいます。洋服の「オーダーメイド」と同じ意味合いです。せっかく誂えるのであれば、失敗のないよう自分にぴったりのものを仕立ててくださいね。というのもせっかく誂えても、自分にあっていない!...

紬(つむぎ)の着物は、先に糸を染めてから反物にし、その後仕立てます。そのため「先染めの着物」と呼ばれています。紬の着物を愛好する人は、その素朴な風合いとシンプルな織り柄に魅力を感じていることでしょう。普段からお出かけまで、個性的なおしゃれが...

「ウールの着物」は、羊の毛で織られた着物です。昭和中期にブームがあり、今再び若い女性に人気がでてきているようです。着物ライフの定番として、ウールの着物はなくてはならない衣類だと思います。ここでは、ウール着物の特徴着用する季節着用範囲素材の特...

染めの着物とは、白い反物に染色してから仕立てる着物です。染色の方法は、この二つにわかれます(ろうけつ、絞りを除く)。手書きで模様を描いていくもの型をあてて色をおき模様を染めていくもの手書きで模様を描くものは、自由で繊細な絵柄が表現できます。...

◆織りの着物の一例着物には大きく分けて、「織りの着物」と「染めの着物」があります。「織りの着物」とは、反物を織る前の糸の段階で、糸に色を染めてから織ることで模様を表現する着物です。「染めの着物」とは、白生地の反物に、染色してから仕立てる着物...