きもの物語
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

大きい胸をすっきりタイトに見せるブラジャーを監修しました

きらこ流さらしブラ

 

さらしを巻いたように大胸をすっぽり包み、見た目を小さく、バストのゆれをおさえ、重さを軽減、洋装にも和装にも適した「さらしブラ」です

 

きらこ流さらしブラ

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

 

「格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方」

 

A4、77ページの電子ブック(PDFデータ)にまとめてあります。

 

お気軽着物の作り方を動画でも解説しています。

 

雑誌「いきいき」で紹介されました
お気軽着物



スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する

絹の着物(正絹のきもの)のしわの取り方、アイロンかけの方法を紹介します。↓↓↓着物で過ごしたあとは、きものハンガーにかけて体温や湿気を飛ばしますね。そのときに着用中のシワは、ある程度のびて目立たなくなります。でもいつまでたっても取れないしわ...

「着物の収納方法は桐ダンスが一番いい」といわれていますが、それはなぜでしょう?また桐ダンス以外では、保管はできるのでしょうか?大切な着物ですから「安全で安心な保管方法を」て思いますね。着物の収納について、桐ダンスに代わる収納法、虫干しの方法...

伊達(だて)衿は、もう一枚着物を着ているように見せかけて「重ねる衿」のことです。「重ねる衿」といっても着物の衿そのものでなく、「長方形の布」です。色鮮やかな布を着物の内側に重ね、胸元を華やかにします。一般的なものは「120〜130センチ×1...

女性の長じゅばんの衿で、「広衿」につける半襟のつけ方を紹介します。「バチ衿」に比べ「広衿」は衿元をふっくらと見せることができます。そのため留袖や振袖・訪問着などに合わせる長じゅばんは、広衿のものが多いです。方法はいくつかありますが、ここでは...

女性の長じゅばんには「バチ衿」と「広衿」があります。「バチ衿」というのは、衿の先に向かって少し幅が広くなっていく衿です。礼装用以外の長じゅばんに、主に使われる衿の形です。ここでは「バチ衿」の長じゅばんにつける「半衿」のつけ方を紹介します。女...

男性の長じゅばんに半襟(半衿)をつける方法を紹介します。※画像は女性用ボディに着つけています、ご了承ください。男性の長じゅばんの衿は、首にぴったりと密着させる着方です。ですから女性の半衿付けよりも簡単にできます。和裁の縫い方では針目が表にで...

着物用の防寒ショールを手作りしました。着物のショールは留め具がついていなので、片手がふさがってしまいます。そこで前をボタンで留めるようにしました。分厚くて毛足の長い生地を利用したので、ホカホカと暖かいです。あなたもぜひお試しください。防寒シ...

「付け替え袖」別名「うそつき袖」の作り方を説明します。譲ってもらった着物やアンティーク着物を着こなすのに、袖丈の違いがネックですね。そんなときは「付け替え袖」を利用すると便利です。どんな袖丈の着物にも対応できるので、おしゃれの幅が広がります...

「腰ひも」は着物の着付けに欠かせない大切な小物。「腰ひも」といっても見た目も素材もいくつかあります。ただ市販のものは、長すぎることがありませんか?太さや長さが自分にぴったりで、気にいった柄の腰ひもなら、着物ライフはさらに充実するはずです。誰...

「伊達衿(だてえり)」は、訪問着・振袖などの上等な着物にあわせる衿です。伊達衿は「重ね衿」ともいいます。着物の下にもう一枚着物を着ているように見せかける効果があり、胸元が華やかになります。ポピュラーなものは、長さが125×11センチくらいの...