きもの物語

◆左から小紋八掛・無地八掛・ぼかし八掛の生地八掛は「はっかけ」と読みます。「八掛け」と送りがなをつける場合もあります。裾や袖口から1~2ミリ見える裏生地で、歩くとき裾がめくれて裏生地が見えますがそれが八掛です。八掛は八枚の布◆八掛 ぼかし八...

着物の部分の用語で「ふり・振り」とは、袖がつけてある下のあいているところを「ふり(振り)」といいます。男性の着物の袖にはふりはなく、空いていません。ここから長じゅばんの袖がはみ出ないように、気をつけます。◆着物の格部位の名称「ふり」は女性用...

羽織とは、着物のとき主に防寒用として長着(ながぎ・きもののこと)の上に重ねて着る和服です。衿がすそまでついていて、前はひもで結びとめます。首の後ろ部分の衿は、半分に折り曲げて着ます。羽織の着用時期着用時期の目安は、「紅葉が美しくなるころから...

博多帯の種類と素晴らしい特色について紹介します。まず博多織の種類から。袋帯八寸名古屋帯四寸単帯(半幅帯)男帯夏用献上博多この中で最もよく利用されるのが「八寸名古屋帯」でしょう。博多帯の素晴らしい特色博多織の帯には、素晴らしい特色があります。...

博多織とは、多くの 経糸(たていと)に緯糸(よこいと)を強く打ち込むことで、厚くて張りのある生地に織り上げたもので、昔から和服や浴衣の帯として使われてきました。そのため博多織とは「博多帯」そのものをさすこともあります。博多帯の由来「博多織」...

紅(べに)の型(かた)とかいて「びんがた」と読みます。文字を見ると紅(べに)色一色のような気がしてしまいますが、これは「さまざまな色を形とともに表現する」というような意味があります。沖縄の琉球王朝時代からの、王族や身分の高い士族の衣装に。ま...

◆お太鼓柄の八寸名古屋帯八寸または八寸の名古屋帯というのは、和装のときの「名古屋帯」の一種で、幅が八寸で織られている帯です。幅八寸は、約30センチです(一寸=3.8センチ)。八寸名古屋帯は別名「袋名古屋帯」といいます。長さは、約3メートル5...

◆男性長じゅばんに紺色の半衿男性が着物を着るとき、女性と同じように長じゅばんに半衿を取り付けます。半衿とは、長じゅばんの衿を汚さないために付けてある長方形の布です。汚れたら半衿だけ取り外して洗います。普段用の着物には、お顔うつりのよい色の半...

着物の「共衿(ともえり)」とは、衿汚れを予防するために着物の衿に取り付けられた短い衿のことです。「掛け衿」ともいいます。着物を反物から仕立てるときに、ちょうど裁断できるようになっています。着物姿のとき、衿のところはいつも共衿になっているので...

◆着物と長じゅばんの衿の間に伊達衿をつけている伊達衿(だてえり)は、付け下げ・訪問着・振袖などの礼装の着物にあわせる、大きさが120×11センチくらいの長方形の布です。下にもう一枚着物を着ているように見せかける効果があり、胸元が華やかになり...