きもの物語

「ご祈祷料」(初穂料)は神社への謝礼のこと。七五三のおはらいを受け、祝詞(のりと)をあげてもらうお礼金です。神様に奉納する金銭の意味なので、「御玉串料」ともいいます。初穂料をいれる袋は、赤白の蝶結びの熨斗袋(のしぶくろ)ですが、なければ白封...

「手ぬぐい」は幅約34×長さ約90センチの薄い木綿の布です。ここでは手ぬぐいとは着物のときに活用できる方法をまず紹介しますね。タオルが一般家庭に普及するまでは、「手ぬぐい」がさまざまな用途で使われていました。手ぬぐいの良さをしると、日常にも...

◆藍染めの木綿着物木綿の着物は、カジュアルな着物の代表で、おしゃれな外出着。ジーンズにTシャツ、スカートにラフなブラウスという感覚で着る感じです。合わせる帯のバリエーションは広く、木綿素材のものから絹のものまで。お出かけのときは、ちょっと念...

◆着物ハンガーの代用品にきものをかけて着物や浴衣は脱いだら「着物ハンガー」にかけましょう。といわれても、着物ハンガーそのものがないという人もあるでしょう。着物をめったに利用しないなら、代用品を身近なもので自作しちゃいましょう。自宅になくても...

◆丸帯で「だらり」を結んでいる舞妓さん女性の帯のうち、一番豪華な帯が「丸帯」です。帯の「格」では最も格上の帯です。重さが約3キロほどもあります。「丸帯」の仕立て方や袋帯との違いについてお話しますね。「丸帯」とはどんな帯?丸帯の形・大きさは、...

◆麻の葉模様の着物鬼滅の刃でお馴染みのヒロイン禰󠄀豆子(ねずこ)の着物の柄、麻の葉。麻の葉の模様は、平安時代から仏像の装飾などにも使われてきた伝統的な柄です。和柄を代表するとてもポピュラーな模様です。着物・帯・長じゅばん・子供の着物・赤ち...

暑い日に着用する浴衣は、汗が付きやすく屋外なので汚れが付くこともありますね。毎回洗うのか、クリーニングに出すのはどれくらいの頻度でだしたらいいのか、そんな悩みをお持ちの方もあるでしょう。そこで今日は、浴衣のクリーニングの料金・出す頻度につい...

◆上・正絹の小袋帯 下・ポリエステル素材の小袋帯小袋帯とはな何ですか?半幅帯と違うのでしょうか?また浴衣に結んでもよい帯なのでしょうか?「半幅帯」という名称は、名古屋帯や袋帯の半分の幅でできている帯の総称です。幅15センチ~17センチほどの...

着物の虫干しの時期はいつですか?部屋が狭いので、簡単にできる方法についても知りたいです。「虫干し」は着物の湿気をとばし、乾燥した空気を通すことが目的です。そのため湿度の低い乾燥した季節に行います。最もおすすめな季節は、7月下旬から8月上旬「...

行事などで着物を着る機会に、購入するかレンタルするか。振り袖や七五三の着物、袴などはめったに着る機会がない衣装ですから、「フルセットでレンタル」を選ぶことも増えています。この「フルセットでレンタルする」は、文字通り、「セットですべてレンタル...