趣味・おしゃれ着・普段着の着物

スポンサーリンク
趣味・おしゃれ着・普段着の着物

紬(つむぎ)の着物/合わせる帯・季節 コーディネート 格と小紋との違い

紬(つむぎ)の着物に合わせる帯と季節についてまとめました。コーディネートの例を紹介しています。紬着物の格は。小紋着物との違いをわかりやすく。
趣味・おしゃれ着・普段着の着物

ウールの着物 合う帯/特徴と時期/見分け方/洗い方/おしゃれきもの

ウールの着物について、合わせる帯や洗い方、特徴や着用時期を詳しくまとめました。またどうやってウールなのかを見分ける方法も紹介しています。普段着の着物ですが、着用シーズンが長く、シルク混ならおしゃれな外出用の着物として通用します。
趣味・おしゃれ着・普段着の着物

木綿の着物 合わせる帯と着る季節は?特色のある木綿着物の産地

木綿の着物に合わせる帯と着る季節について。特色のある木綿着物を紹介。
趣味・おしゃれ着・普段着の着物

小紋 着物とは/いつ着る?帯合わせコーデネート/染め方

小紋 着物とはどんな着物をいうか詳しく。小紋の着物はいつ着るのが正解?帯合わせとコーデネートの基本をお伝えします。小紋の染め方。
趣味・おしゃれ着・普段着の着物

麻の着物の季節はいつからいつまで?長襦袢は何がいい?種類上布

麻の着物の季節はいつからいつまでか。下に着る長襦袢は何がいいかをお伝えします。麻の着物で上布とよばれるものを紹介。
趣味・おしゃれ着・普段着の着物

夏に着る麻の着物の洗濯方法、洗い方とアイロンのあて方を具体的に

夏に着る麻の着物の洗濯方法、洗い方とアイロンのあて方を具体的にお伝えします。
趣味・おしゃれ着・普段着の着物

和柄の市松模様の意味/炭治郎の着物柄/込められた思い/使われているものは

◆市松模様の和室の灯り 鬼滅の刃でお馴染みの炭治郎(たんじろう)の着物の柄、市松模様。 市松模様は、正方形を縦横に並べた模様。 広い意味では、二つの色が交互に現れる四角の連続模様をいいます。 日本では江戸時代にはやり、世界中で古くから用いら...
趣味・おしゃれ着・普段着の着物

麻の葉模様 柄に託す意味や由来/ねずこの着物柄で魔除けや成長願う

麻の葉模様は日本に古くから伝わる柄で、模様には健やかな成長や魔除けの意味があります。由来を解説。ねずこの着物柄として知られ、着物や子供用の肌着などでよく使われてきました。麻の葉模様の着物や浴衣が好まれています。
趣味・おしゃれ着・普段着の着物

結城紬(ゆうきつむぎ)とは・どこで作られる?特徴と製作工程を解説

結城紬(ゆうきつむぎ)とは・どこで作られているか。結城紬の特徴と製作工程を解説します。
趣味・おしゃれ着・普段着の着物

洗える着物 どう思う?特徴やメリット/デメリットを知って楽しもう

洗える着物 どう思いますか?安っぽいとか恥ずかしいという声もききますが、まずは洗えるのメリットとデメリットを紹介します。汚れがついても洗えるので気楽に着られるなど良い点があり、着る場面によっては絹の着物と使い分けておしゃれを楽しんでください。
趣味・おしゃれ着・普段着の着物

普段着の着物を楽に着る方法/体がラク~な着方のコツ

普段着の着物をより楽に着る方法をお伝えします。普段家で過ごすときはリラックスモードですから、体がラク~な着方をしたいですね。補正は極力せず、紐を減らし、楽な帯結びを提案しています。あたたにあった楽を見つけてください。
趣味・おしゃれ着・普段着の着物

男性用(メンズ)の着物、おしゃれ着と普段着の特徴

男性のおしゃれ着の着物は、長着(ながぎ・着物のこと)と対の羽織のスタイルが一般的です。 素材は、絹、ウール、木綿、化繊。 ◆対(アンサンブル)のウールの羽織 おしゃれ着の中でも、家の中や近所へ出かける日常着として着るのであれば、春夏秋は木綿...
趣味・おしゃれ着・普段着の着物

おしゃれ着としての浴衣(ゆかた)・夏を楽しむ!基本のスタイルは

「浴衣」は一言で言えば「夏のおしゃれ着」。 夏ならではのイベント、花火大会・ビアガーデン・夏祭り・盆踊りなどに最適です。 浴衣で来場した人には「割引」の特典をつけているところもありますね。 今でこそ浴衣は「夏のおしゃれ着」ですが、昭和40年...
スポンサーリンク
error: Content is protected !!