趣味・おしゃれ着・普段着の着物

着物の種類で「紬(つむぎ)」と呼ばれるきものは、先に糸を染めてから反物にし、その後仕立てます。そのため「先染めの着物」と呼ばれています。普段着からお出かけまで、個性的なおしゃれができるのが紬のきもの。紬の着物を愛好する人は、その素朴な風合い...

◆麻の葉模様の着物鬼滅の刃でお馴染みのヒロイン禰??豆子(ねずこ)の着物の柄、麻の葉。麻の葉の模様は、平安時代から仏像の装飾などにも使われてきた伝統的な柄です。和柄を代表するとてもポピュラーな模様です。着物・帯・長じゅばん・子供の着物・赤ち...

◆市松模様鬼滅の刃でお馴染みの炭治郎(たんじろう)の着物の柄、市松模様。市松模様は、正方形を縦横に並べた模様。広い意味では、二つの色が交互に現れる四角の連続模様をいいます。日本では江戸時代にはやり、世界中で古くから用いられています。染織品・...

◆藍染めの木綿着物木綿の着物は、カジュアルな着物の代表で、おしゃれな外出着。ジーンズにTシャツ、スカートにラフなブラウスという感覚で着る感じです。合わせる帯のバリエーションは広く、木綿素材のものから絹のものまで。お出かけのときは、ちょっと念...

「小紋の着物ってどんな着物?いつ着るの?」という質問をよくいただきます。小紋の着物は、一言でいうと、「繰り返しの模様を染めたおしゃれ用の着物」です。そしてプライベートの外出着として着用します。とお答えしても、まだわかりにくいですよね。そこで...

「ウールの着物」とは、羊の毛で織られた着物です。昭和中期にブームがあり、今再び若い女性に人気がでてきているようです。着物ライフの定番として、ウールの着物はなくてはならない衣類だと思います。ここでは、ウール着物の特徴着用する季節着用範囲素材の...

あなたは「洗える着物(ポリエステル素材)」についてどんな印象を持っていますか?「洗える着物は安っぽくて恥ずかしい」「ちゃんとした着物とはいえないんじゃないの?」とお考えなら、敬遠される着物かもしれません。洗えるという便利さを前面にだしたこと...

普段着に着物を着て過ごしたい、だけど着物はきゅうくつだし。。。慣れないと疲れるという印象があるきものですが、そこをおもいっきり楽に着るコツをお伝えしますね。中にはあなたに合わないものもあるかもしれません。ですから、そんな方法もあるのか。。。...

蒸し暑い夏には、麻の着物やじゅばんが一番快適ですね。麻の着物はなぜ夏に気持ちよく着られるのかというと、水分の吸収性がよく発熱性も早いため、涼しく感じられるからです。また生地の表面に「シボ」と呼ばれる凹凸があるものは、すき間ができるためより涼...

「麻の着物」は、植物の麻(苧磨(チョマ)や亜麻(あま))などから作られた、裏地を付けない夏の着物です。麻の着物は、肌触りがさらっとしていて肌にまとわりつきません。そのため、汗ばむ真夏の季節でも、快適な着心地です。ここでは麻の着物の特徴をお話...

男性のおしゃれ着の着物は、長着(ながぎ・着物のこと)と対の羽織のスタイルが一般的です。素材は、絹、ウール、木綿、化繊。◆対(アンサンブル)のウールの羽織おしゃれ着の中でも、家の中や近所へ出かける日常着として着るのであれば、春夏秋は木綿、秋冬...

「浴衣」は一言で言えば「夏のおしゃれ着」。夏ならではのイベント、花火大会・ビアガーデン・夏祭り・盆踊りなどに最適です。浴衣で来場した人には「割引」の特典をつけているところもありますね。今でこそ浴衣は「夏のおしゃれ着」ですが、昭和40年ごろま...

織物の最高峰、結城紬(ゆうきつむぎ・重要無形文化財指定)。精緻な柄・気品ある風合いで、着物愛好者を魅了する素晴らしい紬です。糸質強靭染色堅牢製法精緻雅趣に富むと称されています!ここでは結城紬がどのように製品になるのかの行程を中心に、結城紬の...