木綿(コットン)の着物・着用シーズンとコーディネイト/お手入れ
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

木綿(コットン)の着物・着用シーズンとコーディネイト/お手入れ

木綿(コットン)の着物・着用シーズンとコーディネイト/お手入れ

木綿の着物は、日常から日常の延長上に着る着物です。

 

ジーンズにTシャツのような感覚で着るものと考えて大丈夫です。

 

お出かけ用にもなりますが、ウールやポリエステルの着物(洗える着物)と、ほぼ同じシーンで着用します。

 

  • 着るシーズン
  • 「格」は?
  • コーディネイト例
  • お手入れ(洗濯)方法
  • 特色のある木綿着物

 

の順に詳しくお話しますね。

 

スポンサーリンク

 

木綿の着物の特徴

 

木綿の着物を着るシーズン

 

木綿の着物は、家の中~気軽な外出の範囲で着用します。

 

基本的に裏地をつけずに仕立てるので、冬以外の3シーズンに着ることができます。

 

夏向きの薄くてさらりとした生地、秋冬向きの厚い生地があります。

 

 

模様の特徴

 

木綿の着物の一例・多色使いの縞

◆縦縞の木綿の着物の例

 

木綿の着物の多くは、産地の得意とする柄があります。

 

  • 縞柄
  • 格子柄
  • 無地

 

といったシンプルな柄が多いです。

 

 

木綿の着物の「格」は?

 

木綿の着物は普段着です。

 

そのため礼装や正装には用いず、絹生地よりも格が下です。

 

着物の中では最も下といえます。

 

おなじ普段着としてのウールの着物と同格と考えてよいです。

 

 

木綿の着物のコーディネイト例

 

木綿の着物と木綿の兵児帯のコーディネイト例

◆木綿の着物と木綿の兵児帯のコーディネイト例

 

木綿の着物を家庭で着る場合は、半幅帯か兵児帯を合わせると楽に過ごせます。

 

近所へのお買い物、近くの喫茶店・本屋さんへと、近場のお出かけも。

 

 

ちょっとしたお出かけのコーディネイト

 

ショッピングモールでランチ、夕食に焼肉を食べに行く程度のお出かけも木綿の着物は活躍します。

 

帯は半幅帯が適しています

 

名古屋帯もいいですが、素材は合わせて縞・格子、カジュアルなポイント柄が合います。

 

 

お手入れ(洗濯)方法

 

木綿の着物の一例・蚊絣プリント

◆木綿の着物の一例

 

家庭で洗濯できるので、木綿の着物は経済的です。

 

部分的な汚れがある場合は、せっけんでもみ洗いします。

 

たたんで洗濯ネットにいれて、弱流水で洗います。

 

脱水は弱くして、形を整えて着物ハンガーで干します。

 

 

特色のある木綿着物について

 

有名な木綿着物を紹介します。

 

 

「しじら織り」

 

「しじら織り」は、四国の徳島県で織られる阿波藍で染めた木綿着物です。

 

独特の「しじら織り」と呼ばれるシワを出した、縦縞が美しい着物です。

 

藍染のグラデーションがかなでる藍の濃淡が、さわやかで凛とした印象を与えます。

 

 

「久留米絣(くるめがすり)」

 

「久留米絣」は、九州福岡県の久留米市で織られています。

 

濃い藍と白を基調にして、かちっとした幾何学文様や積み木で表現された絵柄に特徴があります。

 

 

「会津木綿」

 

「会津木綿」は、福島県会津若松市で織られています。

 

くっきりとした色目を用いた縦縞が特色です。

 

やや厚地で丈夫、明快な色使いで、庶民の普段着として伝統が受け継がれています。

 

 

「鍋島更紗(なべしまさらさ)」

 

「鍋島更紗」は、佐賀県の佐賀市鹿島市で生産されます。

 

後から模様を染め、輪郭が際立った更紗模様が特徴です。

 

明治期にいったん途絶えたのち、昭和40年代に復興されました。

 

 

木綿(コットン)の着物・着用シーズンとコーディネイト/お手入れ・おわりに

 

木綿の着物は、初心者の方や若い方に人気があります。

 

現代的な感覚を活かしたモダンな色使いの木綿着物も出ています。

 

一色使いやモノトーンの木綿着物なら、都会で違和感なく着こなせるでしょう。

 




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する