あ行

あ行

きものの衿の種類=ばち衿・広衿・棒衿を解説(着物用語)

着物の衿の種類は、「ばち衿」「広衿」「棒衿」の三種類あります。 ばち衿は主に女性の普段用の着物に、 広衿は女性の正礼装の着物に、 棒衿は男性や子供の着物の衿に用いられています。 もう少し詳しくお話ししますね。 着物の衿の種類 ばち衿 ...
あ行

藍染の効果や効能・ジャパンブルーの特色(着物用語)

◆木綿の藍染めの着物生地 木綿の染色には、藍(あい)を用いた時代が長く続きます。 明治30年ごろに合成藍が登場するまで、藍色は日本中どこにでもある色でした。 そして多くの日本人が藍染めの衣装を着ていることに、外国人は驚きま...
あ行

帯留(おびど)めとは・使い方・金具をつけて自作もできる(着物用語)

帯留めは、通常の帯締めより細い帯締め(三分紐・二部紐)に通して、帯の前を飾るアクセサリーです。 帯留めは「帯止め」と書くこともあります。 飾りの後ろに紐を通す金具がついていて、細い紐を通すようにできています。 帯留めの使い方 ◆蝶の帯...
あ行

衣紋(えもん)抜きとは・長じゅばんへの取り付け位置(着物用語)

「衣紋抜き」は着物の衣紋が詰まったとき、それを解消するためのものです。 長じゅばんのうしろ衿に取り付け、手で引っ張れる長さのものです。 衣紋が詰まる、という経験は、着物の初心者のころによくあります。 「衣紋抜き」で美しい着姿をキープしま...
あ行

男帯の種類・男性の兵児帯と角帯(着物用語)

男性の使う帯は、「兵児帯」と「角(かく)帯」があります。 兵児帯は普段のきもの用、 角帯は普段用~礼装用まで幅広く用いられます。 兵児帯の由来 ◆男性のへこおび 普段用に使う男性の兵児帯ですが、兵児(へこ)というのは、 薩摩の若い男性...
あ行

江戸棲模様(えどづまもよう)・着物用語

◆江戸褄模様の模様の配置 江戸褄模様は、着物の据模様の様式のひとつです。 上半身には模様を付けず、腰から下だけに模様を配置したもので、黒留袖の原型といわれています。 18世紀の後半から流行 江戸褄模様の始まりは、江戸の大奥女中たちからと...
あ行

伊勢型紙・繊細でち密な型紙/製作工程(着物用語)

「伊勢型紙」は主に江戸小紋を染めるのに使う型紙で、三重県の伊勢地方(鈴鹿市)で作られています。 伊勢型紙の歴史は1000年以上前で、 着物の文様になくてはならないものとして、武士や町人に重宝がられてきました。 伊勢型紙は、美濃和紙を三枚重...
あ行

衣裄(いこう)とは・種類/着物をかける以外の用途も(着物用語)

衣裄(いこう)についての説明です。
あ行

麻織物(あさおりもの)の特徴と上布の意味(着物用語)

麻織物は、盛夏に用いられる麻で織られた織物です。 麻織物が盛夏に向く理由は、 水の吸収がよく発散も素早い 肌触りがさらっとしていて気持ちがよい 丈夫で水洗いに耐える という理由からです。 現代でこそ汗をかきやすい季節の織物ですが、 綿...
あ行

絵羽模様(えばもよう)とは/仕立て方と種類(着物用語)

着物を広げると、「一枚の絵」のように見えるよう模様が描かれていることをいいます。 着物の上部は、衿、肩胸、袖の縫い目をわたって模様が続きます。 着物の下部は、後ろ身頃、前身頃、衽(おくみ)へと、縫い目をわたって模様が続きます。 おもに、自...
あ行

藍染の色名・数十種類もある(着物用語)

染液の入ったかめの中では緑色をしていた布や糸が、 取り出して空気中の酸素で酸化させると、青い色になります。 藍染の青い色は、染色を繰り返すことで色の調整をします。 具体的には、「染め液のはいったかめに布などをつけ、空気にさらす」 という作...
あ行

藍染めとは・藍液の作り方(着物用語)

藍染とは、藍液で糸や布を染めること。 または藍で染め上げたもの。 藍瓶の中に糸や布を浸してから絞り、 染められた糸は、空気にさらすと酸化されて、青色に発色します。 浸す回数などによって色の濃淡を調整します。 ...
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました