きものの衿の種類=ばち衿・広衿・棒衿を解説(着物用語)

衿の種類=ばち衿・広衿・棒衿(着物用語)

着物の衿の種類は、「ばち衿」「広衿」「棒衿」の三種類あります

ばち衿は主に女性の普段用の着物に、

広衿は女性の正礼装の着物に、

棒衿は男性や子供の着物の衿に用いられています。

もう少し詳しくお話ししますね。

スポンサーリンク


着物の衿の種類

ばち衿

夏用ウール着物

◆夏用ウール着物 ばち衿

「ばち衿」は、「三味線のばち(げんをはじく道具)」の形からきた名前で、

先にいくにしたがって少し幅広になっている形状です。

三味線の「ばち」は曲線を描きながら先に向かって幅広になっていますが、

ばち衿は曲線ではありません。

衿の中心(背の中心)から肩までは一寸五分(5.7cm)、

そこから衿先に向かってまっすぐ広くし衿先では2寸(7.6cm)になるように仕立てます。

主に女性の普段着の、ウールや浴衣、長じゅばんに用いられます。

素早く衿をあわせることができます。

広衿

色無地着物 上半身

◆色無地の着物

「広衿」は衿幅を一律3寸(11.4cm)にして、衿用の裏地を付け、着るときに半分に折ります

広衿は胸元がはだけにくく、折山がふっくらとします。

着るときに胸元の衿幅を広げることができるので、

体型がふくよかになっても、ある程度着続けやすいです。

女性の普段着以外の着物は、たいていこの広衿で仕立てます。

また女性の長じゅばんにも、礼装用のものは広衿を採用していることがあります。

「棒衿」

男性浴衣姿 棒衿

◆男性浴衣姿 棒衿

「棒衿」は、衿幅を一律1寸五分(5.7cm)にして仕立てます

子供の着物や男物の着物に用います。

やや貧相に見えるからか、女性の着物仕立てには用いません。

女性の着物にだけばち衿と広衿が

上記のように、女性の着物にだけばち衿と広衿があります。

正礼装用の着物は、襟元をふっくら上品にみせることのできる広衿にしますが、

それ以外の着物や長じゅばんは、ばち衿仕立てを選ぶと着付けやすいでしょう。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました