女性の半襟のつけ方(広衿)・誰でもできる写真詳細付き
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

女性の半襟のつけ方(広衿) ・誰でもできる写真詳細付き

女性長じゅばん・広衿の半衿付け、芯を入れて着つけたところ

女性の長じゅばんの衿で、「広衿」につける半襟のつけ方を紹介します。

 

半襟の大きさは、「長さが1メートルから1メートル10センチ、幅が16センチほど」です。

 

「バチ衿」に比べ「広衿」は衿元をふっくらと見せることができます

 

そのため留袖や振袖・訪問着などに合わせる長じゅばんは、広衿のものが多いです。

 

スポンサーリンク

 

女性の半襟のつけ方(広衿)

 

<半襟つけ、用意するもの>

 

  • 広衿の長じゅばん
  • 半襟(長さ1メートルから1メートル10センチ、幅16センチ)
  • まち針
  • 縫い針
  • 縫い糸
  • 糸切りばさみ
  • アイロン

 

ここではわかりやすいように、紺の色糸を使っていますが、生地に合う糸をご使用ください

 

 

取り付け前の下準備

 

半襟の短辺をしまつする

 

女性長じゅばん・広衿の半衿付け、半襟の短辺を折り縫う

 

最初に半襟の短い辺の両方を1センチ折ります。

 

ほつれ止めのため、粗く縫いとめます。

 

 

長辺の一辺を折ってアイロンあてる

 

女性長じゅばん・広衿の半衿付け、半襟の長辺の一辺を折縫う

 

長い辺のひとつを、1センチの幅で折り、アイロンをあてます。

 

 

女性長じゅばん・広衿の半衿付け、半襟の長辺の中心に目印

 

今折り目をつけた長辺の中心に、アイロンで折り目(しるし)をつけておきます。

 

最初のまち針を打つめやすです。

 

ここまでが下ごしらえです。

 

 

広衿に半襟をつける詳細説明

 

長じゅばんに取り付け・表側から

 

女性長じゅばん・広衿の半衿付け、背の方からはじめる

 

長じゅばんの衿を手前にして、長じゅばんの表を出します。

 

半襟の1センチで折った長辺を長じゅばんの衿にそわせます。

 

衿の中心に、半襟の表の中心をのせて(アイロンでしるしをつけたところ)、端をそろえます。

 

中心、そしてその左右9〜10センチのところをまち針で留めます。

 

女性長じゅばん・広衿の半衿付け、背中心と衿肩あきにまち針

 

背中心から左右、9〜10センチの位置を「衿肩あき」といいます

 

 

半襟の先まで衿にとめる

 

そのあと、右方向に待ち針を2、3本使って、衿に留めます。

 

左側も同じようにします。

 

 

半襟と衿を縫い留めます

 

女性長じゅばん・広衿の半衿付け、衿と半衿を衿の先から縫い留める

 

まず右の衿先の端を二度縫いでしっかりとめます。

 

表側に小さい針目が出るようにして、衿と半衿を縫いとめます。

 

右端から左端まで同じ針目で縫っていきます。

 

左の端にきたら、二度縫いして終わります。

 

 

裏側にくる衿に縫い留める

 

女性長じゅばん・広衿の半衿付け、裏側の取り付け説明

 

次は、裏側にくる衿に縫い留めます。

 

長じゅばんの衿を向こう側にします。

 

長じゅばんの衿と半衿の中心を合わせて、まち針でとめます。

 

その左右9〜10センチのところ(衿肩あき)も、待ち針で留めます。

 

 

衿肩あきの範囲は細かく縫う

 

女性長じゅばん・広衿の半衿付け、衿肩あきの範囲は細かく縫う

 

衿肩あきのところは細かく、他はさきほどと同じ針目で縫います。

 

生地の端の方を縫ってください。

 

半衿の取り付けが済みました。

 

 

留め具がある場合の芯の入れ方

 

女性長じゅばん・広衿の半衿付け、芯をはさみます

 

留め具がついている長じゅばんなら

 

長じゅばんを裏側にして、衿を半分に折ります。

 

留め具(スナップボタン)でとめ、芯をはさみます。

 

 

留め具がない長じゅばんの場合の芯の入れ方

 

女性長じゅばん・広衿の半衿付け、衿肩あきの範囲を細かく縫う

 

衿を半分に折って、衿肩あきの範囲をこまかい針目で縫います。

 

ここでは半衿まで糸をかけず、衿と衿をすくって縫っています

 

(できるだけ糸を表に出さないため)

 

 

芯が左右対称になるように衿にはさむ

 

女性長じゅばん・広衿の半衿付け、芯が左右対称になるように衿にしまう

 

芯が左右対称になるよう調節し、衿にはさみます。

 

 

衿の幅を自然に広くしてまち針でとめます

 

女性長じゅばん・広衿の半衿付け、芯が動かないようまち針で固定

 

芯が見えないようにして、衿幅が自然に広くなっていくように、待ち針で固定します。

 

 

芯を覆うように衿を縫いとめる

 

女性長じゅばん・広衿の半衿付け、芯が見えないように取り付け

 

衿肩あきから衿先にむかい、芯を覆うように縫いとめていきます。

 

芯が動かないようにするために、芯の最後のところを2〜3針縫っておきます

 

左側も同じようにします。

 

 

着付けの前日に半襟をつけておく

 

女性長じゅばん・広衿の半衿付け、芯を入れて着つけたところ

 

広衿の半襟つけは丁寧におこないたので、前日につけておきましょう。

 

白い半衿には白い糸を使ってください。

 

糸はふつうの太さの木綿の縫い糸でOKです。

 

 

女性の半襟のつけ方(広衿) ・誰でもできる写真詳細付き・まとめ

 

長じゅばんの広衿につける半襟のつけ方を紹介しました。

 

広衿にぴったり取り付けてから、芯を挟む方法です。

 

広衿のふっくらした衿元を演出するため、ばち衿よりは手間がかかります。

 

縫い糸は木綿の普通の太さのものでOKです。

 

<関連のページ紹介>

 

ばち衿のつけ方は⇒「女性の半衿のつけ方(バチ衿)・誰でもできる写真詳細付きです

 

伊達衿(だてえり)のつけ方は⇒「伊達衿(だてえり)の取り付け方・誰でもできる写真詳細付き




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する