着物のある暮らしを支える優れもの

着物のある暮らしを支える優れもの

着物のある暮らしを、昔から支えてきたものを紹介します。

 

今ではほとんど使われなくなっているものもありますが、現代でもあればとても重宝するものばかりのような気がしています。

 

あらためて昔から受け継がれてきた、着物暮らしの中での必需品を見直してみました。

 

現代に生かしていけるもの、取り入れていけるものがあればと思います。

 

着物のときの羽織もので、「上っ張り」と呼ばれる上着があります。「上っ張り」とは、事務服とかスモックのように、衣服の汚れを予防するものです。着物でいう上っ張りは、作務衣によく似た、袖幅が広い上半身の衣服です。秋冬は防寒にもなり、丈を長くすれば...

割烹着(かっぽうぎ)は着物をすっぽり包むエプロンです。今でいうスモックというイメージです。着物の汚れ防止として、また着物でお出かけするまでの羽織ものとして、割烹着はとても重宝します。割烹着の特徴と、懐かしい白い割烹着について紹介します。割烹...

着物の前側の汚れを防止する「前掛け」。着物をおおってしまう割烹着とともに、きもののときに重宝する衣類です。今回紹介する前掛けは、「反物の幅×2」プラスアルファでできる手軽なものです。この作り方の応用で、おしゃれなカフェエプロンもできるでしょ...