さ行

卒業袴(そつぎょうばかま)は、短大や大学の卒業式に着用されるもので、女学生には根強い人気があります。袴はほとんどの人にとって、人生において一度きりの衣装かもしれません。大学の卒業式は、二十歳前後の初々しい時期。これから社会に飛び立つ晴れがま...

着物の袖、女性の着物の袖についての説明です。現代一般的なサイズは、丈が約49センチ(一尺三寸)、たもとの角の「丸み」が2センチです。袖の「丸み」は好みで変更できる袖のたもとの角を「丸み」といいますが、仕立てのとき好みの大きさにすることができ...

広げたときの形から「末広」(すえひろ)ともいいます。着物姿のときは、左の胸に下前の衿に平行になるように、扇子を帯にはさみます。扇子を持つ理由や目的は、暑い初夏から初秋にかけては、扇(あお)いで涼をとるため。それ以外の季節は、飾りのひとつとし...

着物の「袖の丸み」についてお話します。「袖の丸み」は、袖口から下にむかった、「たもと」の角のところをいいます。ややカーブしていますね。ここを「袖の丸み」とよんでいます。袖の丸みには、何種類かの種類があります。袖の丸みの作り方着物の「袖の丸み...

dummy

男性の和装スタイルに合わせる履物。草履の仲間で、角に丸みのある四角い履物。裏面に主に竹や皮を用い、裏に皮を貼って防水機能を与ています。かかとには小さな三角の後ろ金をつけて、かかとの磨耗を防ぐようになっています。この後ろ金が歩くときに音をたて...

先に向かって次第に広がっていゆく形から、「未来に向かって末広がりに幸せになるように」という願いが込められた、縁起物の扇です。右手に持ちます。白骨と黒塗りの両面に金銀をあしらった扇面、房付きの細い紐を骨の根元に通したものが、花嫁用として一般に...