扇子(せんす)とは・あおぎ方/白檀など種類について(着物用語)
スポンサーリンク

扇子(せんす)とは・あおぎ方/白檀など種類について(着物用語)

白檀の扇子

 

扇子(せんす)は、あおいで涼をとるための携帯品です。

 

広げたときの形から「末広」(すえひろ)ともいいます。

 

着物姿のときは、左の胸に下前の衿に平行になるように、扇子を帯にはさみます

 

扇子は涼をとるほかに、着こなしに品をだすための飾りでもあります。

 

着物に慣れてきたら、帯にはさんでセンスのいい美人になってください。

 

ここでは、

 

  • あおぎ方
  • 扇子の種類

 

についてお話ししますね。

 

スポンサーリンク

Twitter始めました。フォローお願いいたします。

 

涼をとる扇子のあおぎ方

 

暑いと勢い良く顔に風を吹きかけたくなります。が、

 

そうすると周囲にまで勢いの余った風がかかり、迷惑になることもあります。

 

あおぎ方は、扇子を胸の位置で持って、顔の下からそよそよと扇ぎましょう

 

上品にみえ周りからも好印象ですよ。

 

また、袖口から風を送るようにすると、体が涼しくなります。

 

 

扇子の種類

 

一般的に使われるのは以下の三種類です。

 

  • 祝儀扇(しゅうぎせん)
  • 紙扇子
  • 生地扇子

 

 

祝儀扇(しゅうぎせん)

 

祝儀扇子

◆祝儀扇子

 

祝儀扇(または祝儀扇子)というのは、冠婚葬祭用の扇子のこと。

 

礼装には必要なアイテムのひとつで、礼装用の金銀色のものを用います。

 

写真は黒骨の祝儀扇ですが、色留袖・訪問着・振袖・色無地紋付等の場合には、白骨の祝儀扇を用いてもよいです。

 

 

紙扇子と生地扇子は普段用

 

紙の扇子

◆紙の扇子

 

扇子とは・着物用語・生地扇子

◆生地の扇子(夏用)

 

普段に使う扇子が、紙扇子と生地扇子。

 

  • 紙扇子は扇面が紙でできた扇子
  • 生地扇子は扇面が生地でできた扇子

 

扇子は広げたときにしか、その柄ゆきのよさなどはわかりません。

 

ですが、季節に合わせた柄を持つように心がけてください。

 

 

そのほかの扇の種類

 

そのほかの扇子を紹介します。

 

  • 白檀(びゃくだん)
  • 飾り扇子
  • 舞扇子
  • 茶扇子
  • 檜扇(ひおうぎ)

 

白檀(びゃくだん)

 

扇子とは・着物用語・白檀の扇子

◆白檀の扇子

 

香木「白檀」の木片を重ねた扇子。

 

主に上品な香りを楽しむためのもの。

 

 

飾り扇子

 

玄関や床の間などに飾る扇子。

 

扇子立てにのせ、長寿や繁栄などの意味を込めた柄が描かれています。

 

 

舞扇子(まいせんす)

 

日本舞踊や能などで使われる扇子。

 

竹骨に鉛を埋め込むなど、一定のスタイルがあります。

 

 

茶扇子(ちゃせんす)

 

茶席に用いられる扇子。

 

婦人用、紳士用とあります。

 

 

檜扇(ひおうぎ)

 

檜(ひのき)の薄片をを、末広がりに繰り合わせて手元に要をつけ、先を絹のより糸で あみ綴った板の扇。

 

宮中でも用いられた木製の扇。

 

 

扇子の数え方は、閉じているときは本、広げると面または枚で数えます(きらこよしえ)

 


Twitter始めました。フォローお願いいたします。




スポンサーリンク





  はてなブックマークに登録する
Twitter始めました。フォローお願いいたします。