着物を着るときの小物を手作りする
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

着物を着るときの小物を手作りする

着物を着るときに必要な小物を、自分で作ってみませんか?

 

普段にもちょっとしたお出かけにも、小物を変えてみると着物の楽しみが広がります。

 

特に半衿(半襟)や帯揚げは、いくつあってもいい小物です。

 

着物の小物はどれもほとんど長方形で出来上がっていますし、難しい作業もないので、ぶきっちょさんにも挑戦しやすいはずですよ。

着物用の防寒ショールを手作りしました。着物のショールは留め具がついていなので、片手がふさがってしまいます。そこで前をボタンで留めるようにしました。分厚くて毛足の長い生地を利用したので、ホカホカと暖かいです。あなたもぜひお試しください。防寒シ...

「付け替え袖」別名「うそつき袖」の作り方を説明します。譲ってもらった着物やアンティーク着物を着こなすのに、袖丈の違いがネックですね。そんなときは「付け替え袖」を利用すると便利です。どんな袖丈の着物にも対応できるので、おしゃれの幅が広がります...

「腰ひも」は着物の着付けに欠かせない大切な小物。「腰ひも」といっても見た目も素材もいくつかあります。ただ市販のものは、長すぎることがありませんか?太さや長さが自分にぴったりで、気にいった柄の腰ひもなら、着物ライフはさらに充実するはずです。誰...

「伊達衿(だてえり)」は、訪問着・振袖などの上等な着物にあわせる衿です。伊達衿は「重ね衿」ともいいます。着物の下にもう一枚着物を着ているように見せかける効果があり、胸元が華やかになります。ポピュラーなものは、長さが125×11センチくらいの...

「帯揚げ」を自分で手作りすれば、カジュアルな着物のおしゃれがもっと楽しめます!「帯揚げ」は帯の上に小さく見えているだけですが、脇の帯枕の紐を隠しつつ帯の上の飾る大切な小物。ここでは軽いお出かけや日常で楽しめる着物に合わせる帯揚げを作ります。...

「丸ぐけ帯締め」というのは、布製の帯締めです。昔は丸ぐけ帯締めというと、中に綿(わた)をつめたものでしたが、現代では詰め物はいろいろです。別名「丸ぐけひも」または「丸ぐけ」ともいいます。カジュアルなきものに、合わせるとおしゃれな雰囲気に。手...

半衿(半襟)は長じゅばんの衿に取り付けて、着物姿の衿元を飾る小物です。見える範囲は狭いけど、とても威力のある小物です。半衿を付け替えることで、おしゃれ度が上がります。ここでは、日常でも楽しめる着物に合う「半襟」を手作りする方法をお伝えします...

「衣紋(えもん)抜き」は、衣紋のつまりを予防したり改善したりするものです。着ているうちに衣紋のつまりやすい方は、とりつけておくとたいへん便利です。長じゅばんの後ろ衿に取り付けます。市販のものもありますが、自分でも簡単に作ることができるのでお...



スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する