衣紋(えもん)抜きの作り方・取付け方/誰でもできる画像と手順

衣紋(えもん)抜きの作り方・取付け方/誰でもできる画像と手順

「衣紋(えもん)抜き」は、衣紋のつまりを予防したり改善したりするものです。

衣紋のつまりやすい方は、とりつけておくとたいへん便利です。

長じゅばんの後ろ衿に取り付けます。

市販のものもありますが、自分でも簡単に作ることができるので紹介しますね。

長じゅばんへの取り付け方も説明しています

スポンサーリンク


「衣紋抜き」の作り方

<用意するもの>

  • 白い木綿の薄手の布 たて52センチ×横18センチ
  • 綿テープ 長さ14センチ 幅2.5センチ 
  • 縫い糸
  • 縫い針
  • 糸切りばさみ
  • アイロン

※綿テープがなければ白い布で代用してもOK
※製作はミシンでもOK

ステップ1・半分幅で縫い裏返す

衣紋抜きの作り方説明

◆衣紋抜きの作り方説明・半分幅で縫い裏返す

布を中表にしてたて半分に折り、縫い代1センチで端から端まで縫います。

※ミシンで白糸で縫ってあります。

縫い代を一方に倒してアイロンをあて、表に返します。

縫い代のある位置を中央にし、アイロンをあてます。

ステップ2・空いている一方を縫い閉じる

衣紋抜き作り方・空いている一方を縫い閉じる

あいている端の一方を、1センチ折り込んでとじます。

ここではわかりやすよう黒い糸で行っています。

ステップ3・綿テープを取り付ける

衣紋抜き作り方・テープを取り付ける

綿テープは、上下を1センチ折りこみます。

あいている端の方から17センチ下がったところに、綿テープをとりつけます。

最初はゆるく綿テープを留めて、一度長じゅばんを着て位置を確かめます。

ステップ4・中央と両端を縫い付け完成

衣紋抜き作り方・中央と両端を縫い付ける

紐を通す位置を決めて、縫い留めます。

綿テープを縫い付ける位置は、中央と両端です。

しっかりと取り付けます。

これで衣紋抜きが完成です。

衣紋抜きの取り付け方

では今作った「衣紋抜き」を長じゅばんに取り付けましょう。

長じゅばんへの取り付け

衣紋抜き作り方・長じゅばんへの取り付け位置

◆長じゅばんへの衣紋抜きの取り付け位置

「衣紋抜き」のあいている端の方を、長じゅばんの衿の中央に、縫い代1センチで縫い付けます。

半襟は衣紋抜きの上につける

衣紋抜き作り方・半襟はこの上につける

半衿は、衣紋抜きをつけた上から取り付けます

衣紋抜き・こうするとさらに便利

さらに便利に使うため、以下のことをおすすめします。

  • 衣紋抜きに向く素材は、すべりにくい木綿のもの
  • 持っている長じゅばんの数だけつくって取り付けておく

衣紋が詰まりやすい人は、すべての長じゅばんにつけておくと安心です。

自分用に微調整してベストなものに

綿テープを取り付ける位置によって、着心地が変わります。

必ず自分にぴったりの位置になるよう、調整してくださいね。

また、衣紋抜きの全体の長さは、扱いやすい長さにしてください。

紐を通す位置は一か所だけにしてもOKです。

どうでしたか?

あるととても便利なのでぜひ作ってみてくださいね。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました