着物用 防寒ショールの作り方(ボタン付き・ロングファボアで)
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

着物用 防寒ショールの作り方(ボタン付き・ロングファボアで)

着物用防寒ショール、手作り、ボタン付き

着物用の防寒ショールを手作りしました。

 

着物のショールは留め具がついていなので、片手がふさがってしまいます。

 

そこで前をボタンで留めるようにしました。

 

分厚くて毛足の長い生地を利用したので、ホカホカと暖かいです。

 

あなたもぜひお試しください。

 

スポンサーリンク

 

防寒ショールの作り方(ボタン付き)

 

着物用ショール、自分で作りました、毛足の長い温かいもの

 

ボタンで前が開かないよう留めたショールです。

 

 

作り方、用意するもの

 

まず必要なものを用意します。

 

ここでは毛足の長い「ロングファボア」という生地を使いました。

 

出来上がりのサイズは、たて45センチ×横150センチです。

 

<用意するもの>

 

  • 毛足の長い生地(ロングファボア)たて49センチ×横154センチ (縫い代2センチ含む)
  • 裏地は滑りのよい生地(洋服生地) 同上
  • 縫い糸
  • 縫い針
  • 糸切りばさみ
  • ボタン一個
  • 目打ち

 

 

防寒ショールの作り方

 

<作り方>

  • 表生地と裏生地を中表に合わせ、2センチの縫い代で縫い合わせる
  •  

  • 返し口を20センチ開けておく
  •  

  • 裏返して、縫い目に食い込んでいる毛足を目打ちでだす
  •  

  • 返し口を縫い閉じる
  •  

  • 生地がうごかないよう、周辺を粗く縫い留める
  •  

  • はおってみてちょうどよいところに、ボタン穴をあけてボタンをとりつける

 

 

生地が動かないよう、周囲を荒く縫い留めるについて

 

着物用防寒ショール、手作り、作り方説明で周囲を縫い留める画像

 

画像は裏生地から見たところです。

 

厚みがありなおかつ生地が滑るので、端から1.5センチはいった周囲を縫い留めました

 

ボタンの穴は補強してからの方がよいでしょう。

 

 

防寒ショールを羽織って両手があくので、着物でお出かけがより快適になります。

 

 

ボタンを取り付ける代わりに、ブローチで留めてもいいでしょう。

 




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する