伊達衿(だてえり)の作り方・画像と手順付きで誰でもできる!
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

伊達衿(だてえり)の作り方・画像と手順付きで誰でもできる!

伊達衿の作り方の説明、ブルーの伊達衿着装

「伊達衿(だてえり)」は、訪問着・振袖などの上等な着物にあわせる衿です。

 

伊達衿は「重ね衿」ともいいます。

 

着物の下にもう一枚着物を着ているように見せかける効果があり、胸元が華やかになります。

 

ポピュラーなものは、長さが125×11センチくらいの長方形のものです。

 

着用する際には、これを半分の幅に折って使用します。

 

では作り方を紹介します。案外かんたんですよ!

 

スポンサーリンク

 

伊達衿をつけた着装見本

 

伊達衿をつけた着物の着装

 

まずは伊達衿をつけて着物を着たときの、衿元を見てみましょう。

 

着物衿に沿って5ミリほど見えるように重ねて、着装します。

 

色や素材の選び方は、

 

  • 半衿と着物の色と調和する色目
  • 光沢のあるもの

 

華やかに装いたいパーティなどでは、だて衿を二枚用いてもOKです

 

 

市販の伊達衿を確認してみると

 

市販の伊達衿、光沢のある絹薄紫色、裏白

 

一般的な伊達衿を確認してみますね。

 

この市販品は、光沢のあるピンクの無地の生地です。

 

裏は白い滑りのよい生地を使っています。

 

表も裏も絹生地です。

 

 

伊達衿の作り方

 

ここでは両面使えるリバーシブルのものを作成することにします。

 

<必要なもの>

 

  • 絹の布 108センチ×13センチ
  • 絹の布(色違い) 108センチ×13センチ
  • 縫い糸
  • 縫い針
  • 糸切りばさみ
  • アイロン

 

 

長さが足りないときは継いでもよい

 

伊達衿の作り方、長さが足りないときは継ぐ

 

ブルーとオレンジの生地(どちらも着物生地)を使いました。

 

ブルーの生地は長さが足りなかったので、中心で継いであります

 

わかりやすいように赤い木綿糸を使用しています

 

 

縫い方・作り方の詳細

 

返し口をあけて縫う

 

伊達衿の作り方、二枚を中表で返し口のこして縫う

 

まず、生地の表側を内側にして、二枚の布を合わせます。

 

返し口を10センチ残して、縫い代1センチで周囲を縫います。

 

縫い糸は、絹生地の場合は絹の手縫い糸で、生地のどちらかの色に合わせるとよいです。

 

 

四隅の角は少し縫い残す

 

伊達衿の作り方、角は少し縫い残す

 

角を整えやすくするため、四隅(よすみ)は全部縫わずに、5ミリほど縫い残します。

 

 

縫い代にアイロンあてて倒す

 

伊達衿の作り方、縫い代をアイロンでたおす

 

その後縫い目にアイロンをあててから、縫い代を内側にたおします。

 

角の縫い代は写真のように糸で縫いとめておいおくと、仕上げやすいです。

 

 

返し口を縫い閉じます

 

伊達衿の作り方、返し口を縫い閉じる

 

返し口から手を入れて、表に返します。

 

四隅の角は目打ちなどを用いて、整えます。

 

返し口を縫い閉じます。

 

 

全体にアイロンをあてて完成

 

伊達衿の作り方、リバーシブルの伊達衿完成しました

 

全体にアイロンをあてて、できあがりです。

 

リバーシブル(両面使える)伊達衿の完成です。

 

 

できた伊達衿で着付けました

 

リバーサイドの伊達衿と作成し、着装した見本

 

ブルーの面を使って、控えめの薄いピンクの訪問着に付けてみました。

 

取り付けは、縦を半分に折ってからとりつけます。

 

 

取りかかる前に、気をつけていただきたいことがあります。

 

<作成前に読んでください>

 

  • 薄手の生地には、手芸用の接着芯をはてもよい
  •  

  • 生地の長さが足りないときは、中心で継ぎ合せて作る
  •  

  • できあがりは130センチの長さまでとする

 




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する