袋帯の結び方・詳細解説(帯揚げも)
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

袋帯の結び方・詳細解説

袋帯の結び方を紹介します。

 

袋帯は二重太鼓に結ぶ祝い結びが一般的ですが、若い女性の振袖には、華やかな変わり結びがされています。

 

代表的な結び方をいくつか、詳しく写真の手順付きで解説しました!

着物の「訪問着」は、未婚既婚を問わず着ることのできる着物です。二重太鼓ではあらたまりすぎる気軽なパーティーなどに、袋帯で変わり結びをして華やかさをプラスしてみてください。ただ、振袖向きの華やかさでは、ちょっとつり合いません。やや控えめに、で...

振り袖用に結ぶ変わり結びの中でも、簡単に結べて華やかな雰囲気の結び方紹介します。この帯結びは、お母様が娘さんに振り袖を着せてあげたいとご希望の方に、私の教室でよくおすすめする袋帯の飾り結びです。娘さんにご自分の振袖を伝え、着付けもなさりたい...

三重紐は袋帯の変わり結びをするときに使われる、ゴムが三本重なったひもです。重なった三本のゴムの両端に、ゴム幅とおなじ幅の紐がついていています。呼び名は「三重ひも」のほかに「三重仮ひも」「トリプルひも」「トリプル仮紐」とよばれることもあります...

「扇太鼓(おうぎだいこ)」はお祝いの席に向く帯結びです。袋帯で結び、お太鼓結びの斜め上に「扇」を飾ります。結婚式に参列するとき、祝賀会などに参加するとき、何かの披露パーティーなどのときに、慶びを表現する帯結びです。二重太鼓よりも華やかさがで...

袋帯で結ぶ「立て矢結び」の結び方を詳しく解説します。「立て矢結び」は昔からある帯結びで、「お太鼓結び」「文庫結び」と並んで基本形のひとつです。「立て矢」は基本の形でも、きりりとした華やかさがあります。花嫁のお色直しの帯結びに用いられることが...

袋帯での「文庫結び」の結び方を詳しく解説します。「文庫結び」は武家の女性の帯結びとして、江戸時代から続く伝統的な帯結びです。現代では花嫁衣装に用いられますが、振袖に結んでも清楚で気品のある帯結びです。振袖でも少し控えめに装いたいときや、中振...

「ふくら雀」とよばれる袋帯の変わり結びを説明します。「ふくら雀」は、寒い冬に全身の羽根毛に空気をいれてふくらませて、寒さをしのいでいる雀で、「福良雀」(ふくらすずめ)とも書きます。ふくらんだ雀の姿を正面から見て、羽根を伸ばした姿を図案化した...

袋帯で「二重太鼓」の結び方を説明します。「二重太鼓」は、女性が式典などに参加するとき、礼装の場、お茶会や社交の場でもよく用いられます。品格のある帯結びすので、ゆるみのない格調のある雰囲気にを目指して、結んでみましょう。二重太鼓の完成写真です...

振り袖の帯揚げの結び方や飾り方を紹介します。振り袖は若い女性を最高に美しく見せる、華やかな着物ですね。その華やかさは、着物や帯だけでなく、小物でも表現されます。振袖の帯揚げは、以前は「総絞り」でしたが、最近はレースやラメ入りなどもあります。...

振り袖の帯締めの飾り方をいくつか紹介します。着物の中でも振袖は、最も華やかな衣装ですから、小物の帯揚げも帯締めも、着ている方をより美しくきれいに見えるよう飾ります。帯周りの他の飾りとのバランスを保ちつつ、優雅に飾ってください。ここでは、「丸...



スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する