振り袖の帯揚げの結び方とアレンジ飾り・総絞りで8パターン紹介

帯揚げの飾り方・蝶飾り

振り袖のときの帯揚げの結び方や飾り方を紹介します。

振り袖は若い女性を最高に美しく見せる、華やかな着物ですね。

その華やかさは、着物や帯だけでなく、小物でも表現されます

振袖用の「総絞りの帯揚げ」で8パターン紹介します。

最近はレースやラメ入りなどもあるので、モダンな振り袖にアレンジするのもよいですね。

スポンサーリンク


振り袖のときの「総絞り」の帯揚げの飾り方

シンプルで飾りやすいものを紹介します。

飾り方を変え、着物の前姿の印象の変化をお楽しみください。

帯揚げを一文字に飾る

帯揚げの飾り方・一文字結び

◆一文字に飾る

本人の上前(左)側の帯揚げの長さを多くとって、

形を整えてまっすぐに胸の前を飾ります。

帯揚げを入組(いりく)山飾りにする

帯揚げの飾り方・入組(いりく)山飾り

◆入組山飾り

左右等しい長さに帯揚げをとって、見せる帯揚げの量は同じとします。

本人の下前(右)側から先に帯の中に深く差し込みます。

入組(いりく)山飾りアレンジ・その1

帯揚げの飾り方・入組アレンジその1

◆入組山飾りアレンジ1

左右等しい長さに帯揚げをとって入組にし、ひだを一本つくります。

上前(左)側が少しかぶるようにしてもOK。

入組(いりく)山飾りアレンジ・その2

帯揚げの飾り方・入組アレンジその2

◆入組山飾りアレンジ2

左右等しい長さに帯揚げをとって入組にし、ひだを一本つくり、

差し込むとき上向きの端を上に出して飾ります。

入組(いりく)衿飾り(帯揚げの飾り方)

帯揚げの飾り方・入組(いりく)衿飾り

◆入組衿飾り

左右等しい長さに帯揚げをとって、本人の下前(右)側を帯に差し込んでから、

上前(左)側を衿にかけます。

「入組衿飾り」は成人式までがよく、

それ以降に振り袖をお召になる場合は避けた方が良いです。

本結びのアレンジで帯揚げを飾る

帯揚げの飾り方・本結びアレンジ

◆本結びアレンジ

左右等しい長さに帯揚げをとって本結びして、ひだを一本つくります。

ボリュームのある飾り方です。

花飾りで帯揚げを飾る

帯揚げの飾り方・花飾り

◆花飾りの帯揚げ

上前(左)側を多く取り、下前(右)側は帯の中に差し込んでから、

上前(左)側に花を作り飾ります。

花飾りは他にもアレンジがいろいろあります。

蝶飾りで帯揚げを飾る

帯揚げの飾り方・蝶飾り

◆蝶飾りの帯揚げ

下前(右)側の帯揚げを多くとってひと結びしてから、蝶結びを飾ります。

蝶飾りは薄手の帯揚げで行うと、よりかわいらしくなります

帯揚げの結び方飾り方の基本

振り袖に合わせる帯揚げは、総絞りのもののほか、

レース、ラメ入り、綸子のぼかしなども使われます。

基本は帯枕にゆるみのないようにかけて、軽く引き締めます

帯揚げは三重紐か帯枕のひもにかけるようにします。

振り袖の帯揚げの結び方とアレンジ飾り・総絞りで8パターン紹介のまとめ

振り袖姿をいっそう華やかにする、帯揚げの飾り方を紹介しました。

総絞りの帯揚げに特化して紹介しています。

タイプの違う帯揚げでは、できあがりのニュアンスが変わるのでお試しください。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました