二重太鼓(袋帯)の結び方を詳しく解説・練習で気をつけたいことも

二重太鼓(袋帯)の結び方を詳しく解説・練習で気をつけたいことも

袋帯で「二重太鼓」の結び方を説明します。

「二重太鼓」は、女性が式典などに参加するとき、礼装の場、お茶会や社交の場などでよく用いられます。

品格のある帯結びすので、ゆるみのない格調のある雰囲気にを目指して、結んでみましょう。

二重太鼓

◆色無地の着物に二重太鼓の姿

ここでは一つ紋の色無地に、袋帯で二重太鼓を結びました。

では手順を詳しく説明していきますね。

スポンサーリンク

二重太鼓の結び方

二重太鼓(袋帯)の結び方を詳しく解説・胴に二巻きし手を下に結ぶ

手先を約65センチとって、胴に帯を密着させて二重巻きます。

ひと結びして手先を下にして結びます。

手先は「わ」になっている方を下にして、胴の前に回してクリップで胴帯に留めておきます。

太鼓枕をあてる

二重太鼓(袋帯)の結び方を詳しく解説・たれ先から30センチに枕をあてる

たれの先から30センチほどのところに、

帯揚げをかけておいたお太鼓枕をあてます。

二重にした「たれ」に枕をおく

二重太鼓(袋帯)の結び方を詳しく解説・たれ元から15センチのところに枕を置く

たれを二重にして、結び目の10~20センチほど下がったたれ元に、枕を置きます。

帯枕を結び目の上にのせます。

枕を背中に密着させ前で結ぶ

帯枕の紐を両手で斜め前にひき、背中に帯枕を密着させます。

そのまま枕の紐を前に回して、しっかり結びます。

帯揚げはあとで飾るので、前で軽くまとめておきます。

底を折りあげ手先をとおし帯締めする

二重太鼓(袋帯)の結び方を詳しく解説・二重になったたれをおろし折りあげる

二重になっている底を折りあげて、仮紐でお太鼓の形に整えます。

仮紐は前で結びます。

胴の前に留めておいた手先を、折りあげたところに挟むようにお太鼓の内側に通します。

帯締めは通した手先の中心を通るようにして、前でしっかりと引き締めてから結びます。

帯揚げを飾り完成

二重太鼓が完成した様子

仮紐を取り、帯揚げを飾ります。

全体のバランスを確認して、完成です。

二重太鼓の出来上がり確認

二重太鼓の標準的な出来上がりの基本は、

  • 手先がお太鼓の左右に1~2センチ出ている
  • たれは6~7センチである

手先の下とお太鼓の底がぴったりあっていて、お太鼓がたるみのないように仕上げます。

身長による二重太鼓の大きさ

二重太鼓は格調高い雰囲気に仕上げたい結びです。

身長とのバランスから、背の高い人は縦に大きくかっちりとした形にするとよいです。

背の低い方も、ちょっと大きめかなというくらいで大丈夫です。

「帯枕」は厚みがあるものを用いて、お太鼓の形を立派にみせましょう。

二重太鼓で気をつけたいこと

お太鼓の部分の二枚の重なりがぴったり合うようにします。

だぶついたり、ずれたりしないようにしましょう。

紋のついた着物の場合は、衣紋と紋、紋とお太鼓の山までの距離が、

できるだけ同じになるようにすると見栄えがよいです。

立ち居振る舞いは、背筋を伸ばして、

下腹に重心をおいて落ち着いて行動してください。

自分で装うときの練習で気をつけたいこと

二重太鼓を自分で結べるようになるまでは、

同じ袋帯で続けて練習する方が、上達が早いと思います。

帯枕は大きく厚いものがよいので、

うすい枕は、タオルを巻くなどして大きさを調整するとよいです。

鏡に写さなくても、手と指の感覚で二重太鼓が結べるようになるのをめざしましょう

二重太鼓(袋帯)の結び方を詳しく解説・練習で気をつけたいことも・まとめ

二重太鼓は、礼装の場をはじめ、改まった席に用いられる結び。

やや大きいかなと思うくらいの形がよいです。

お太鼓の二重になる部分は、ゆるみやだぶつきのないようにしましょう。

慣れてきたら手と指の感覚で結べるようになるのを目指しましょう。

袋帯の結び方(他装)・詳細解説(帯揚げも)
プロフィール
この記事を書いた人
きらこよしえ

着付け師範として着物着付け教室を運営。簡単着付けの2部着物など考案、雑誌に取り上げられたり、着物用下着など監修者。温泉好きでスーパー銭湯や温泉巡りでドライブ旅行趣味。温泉ソムリエ資格取得。旅系ブログna58.net YouTube運営。

きらこよしえをフォローする
きらこよしえをフォローする

スポンサーリンク


きもの物語

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました