三重紐(さんじゅうひも)仮ひもの使い方/簡単な飾り結びを紹介

三重紐(さんじゅうひも)仮ひもの使い方と簡単な飾り結びの例を紹介

三重紐は袋帯の変わり結びをするときに使われる、ゴムが三本重なったひもです。

重なった三本のゴムの両端に、ゴム幅とおなじ幅の紐がついていています。

三重紐の画像

◆三重紐(三重仮ひも)

呼び名は「三重ひも」のほかに

  • 「三重仮ひも」
  • 「トリプルひも」
  • 「トリプル仮紐」

とよばれることがあります。

三重紐は、袋帯の帯結びを華やかにし、さまざまな形を作りあげるのに使います。

ここでは三重紐の使い方と、振袖用の華やかな変わり結びを紹介しますね。

スポンサーリンク


三重紐の使い方

三重紐の形状

三重紐 三重仮ひも

三重紐は重なる三本ゴムのの両端に、ゴム幅と同じ幅の紐がついています。

三本のゴムの間に、帯をたたんだり形づくったものを通すことで、

ゴムで押さえられ様々な帯結びの形を作ることができます。

三重紐は表からは見えないのですが、

振袖用には白色かピンク色を使い、半幅帯用には何種類か色があります。

三重ひもの使い方

使い方は、帯を胴に二巻きしてひと結びし、その後ゴムの部分を背中にあて、紐を前に回して結びます

紐の結びめは帯にしまい込みます。

私の利用している三重紐は、外側のゴムほど余裕を持たせてある形状で

ひだをとった帯が挟みやすくなっています。

ゴム三本で、三か所に帯を挟めます。

  • 奥のゴムと背中の間
  • 奥のゴムと中間のゴムの間
  • 手前と中間のゴムの間

ですね。

三重紐を使った帯結びの例

三重紐を使った帯結びは、何百と考案されています。

ここではかなり簡単にできる、変わり結びを紹介します。

複雑そうにみえて簡単にできる変わり結びを紹介

三重紐(さんじゅうひも)仮ひもの使い方と簡単な飾り結びの例、三重ひもに帯をとおしたところ

◆たたんだ帯を4回ゴムに通したところ

上の写真は、「帯をたたんでからゴムに通す」を4回行ったところです。

このあと形をととのえると、こんな帯結びになります。

三重紐(さんじゅうひも)仮ひもを使った帯結びの例

帯のたたみ方が簡単ですが、華やかに見える結びです。

ゴムに3回通すだけでできる変わり結び

三重紐(さんじゅうひも)仮ひもの使い方と簡単な飾り結びの例、ゴムに三回通してできる変わり結び

これは「帯をたたんでからゴムに通す」回数が3回です。

複雑そうに見えますが、三重紐のおかげで変化のある帯結びになります。

帯のたたみ方ひだのとり方を変えると、見た目が大きく変わります。

ゴムに2回通すだけでもできる変わり結びの例

三重紐(さんじゅうひも)仮ひもの使い方と簡単な飾り結びの例、ゴムに二回通してできる変わり結び

こちらの変わり結び(飾り結び)は、流れる曲線が沢山あります。

これはたった2回ゴムに通してあるだけで出来上がります

ただひだの取り方が少々難しいです。

三重紐(さんじゅうひも)仮ひもの使い方/簡単な飾り結びを三種紹介・まとめ

三重紐は、ゴムで帯の羽根や形を複雑に決めることができます。

帯を傷めにくく、また着る人の体への負担が少ないです。

「四重紐」や「脱着タイプの三重紐」なおも商品化されています。

<四重ひも・脱着タイプのものについて>

ゴムが四重になっているひもは、さらに複雑な帯結びが可能になるでしょう。

また「脱着タイプ」という三重ひもや四重ひももあります。

(きらこ よしえ)

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました