は行

◆左から小紋八掛・無地八掛・ぼかし八掛の生地八掛は「はっかけ」と読みます。「八掛け」と送りがなをつける場合もあります。裾や袖口から1~2ミリ見える裏生地で、歩くとき裾がめくれて裏生地が見えますがそれが八掛です。八掛は八枚の布◆八掛 ぼかし八...

着物の部分の用語で「ふり・振り」とは、袖がつけてある下のあいているところを「ふり(振り)」といいます。男性の着物の袖にはふりはなく、空いていません。ここから長じゅばんの袖がはみ出ないように、気をつけます。◆着物の格部位の名称「ふり」は女性用...

羽織とは、着物のとき主に防寒用として長着(ながぎ・きもののこと)の上に重ねて着る和服です。衿がすそまでついていて、前はひもで結びとめます。首の後ろ部分の衿は、半分に折り曲げて着ます。羽織の着用時期着用時期の目安は、「紅葉が美しくなるころから...

博多帯の種類と素晴らしい特色について紹介します。まず博多織の種類から。袋帯八寸名古屋帯四寸単帯(半幅帯)男帯夏用献上博多この中で最もよく利用されるのが「八寸名古屋帯」でしょう。博多帯の素晴らしい特色博多織の帯には、素晴らしい特色があります。...

博多織とは、多くの 経糸(たていと)に緯糸(よこいと)を強く打ち込むことで、厚くて張りのある生地に織り上げたもので、昔から和服や浴衣の帯として使われてきました。そのため博多織とは「博多帯」そのものをさすこともあります。博多帯の由来「博多織」...

紅(べに)の型(かた)とかいて「びんがた」と読みます。文字を見ると紅(べに)色一色のような気がしてしまいますが、これは「さまざまな色を形とともに表現する」というような意味があります。沖縄の琉球王朝時代からの、王族や身分の高い士族の衣装に。ま...

◆お太鼓柄の八寸名古屋帯八寸または八寸の名古屋帯というのは、和装のときの「名古屋帯」の一種で、幅が八寸で織られている帯です。幅八寸は、約30センチです(一寸=3.8センチ)。八寸名古屋帯は別名「袋名古屋帯」といいます。長さは、約3メートル5...

「芭蕉布(ばしょうふ)」は、沖縄県本島北部の喜如嘉(きじょか)で織られている夏の織物です。1609年薩摩島津氏による琉球侵略以降、江戸上がりの際に、献上された持参品のひとつとされました。芭蕉は戦前には、奄美大島から波照間島まで栽培されていて...

「袋帯」というのは、幅30センチ・長さが4.2メートル~4.5メートルほどで、袋状に閉じてある女性用の帯です。「フォーマル用」と「おしゃれ用」に大きく分けられます。結びは主に二重太鼓に、また若い女性の振り袖には変わり結びをします。袋帯は「フ...

袴(はかま)とは和服の上に着る、腰から足首までを覆うひだのある衣類です。袴には、筒状でスカートのようなしきりのない袴と、ズボンのように二つに分かれている形態の袴があります。袴の種類袴の種類は四種類あります。行燈袴(あんどんばかま)中に仕切り...

結婚式に花嫁が着る衣装は、「白無垢(しろむく)」または「色打掛け(いろうちかけ)」です。白無垢・色内掛ともに正式な装いです。現代では、洋装の要素のはいった「新和装」とよばれる花嫁衣裳もあり、人気が上昇しています。白無垢(しろむく)とは掛下(...

行事などで着物を着る機会に、レンタルを選択することもありますね。そのとき、「フルセットレンタル」で利用するのが、最もポピュラーです。この「フルセットレンタル」、文字通り、「セットですべてレンタルできます」ということです。これさえ利用すれば安...

花嫁が和装で結婚式をあげるとき、日本髪を「文金高島田」という結い方にします。「文金」というのは、八代将軍吉宗の頃の小判を文金と呼んでいましたので、文金という名称はその時から始まりました。「文金高島田」日本髪江戸時代、未婚女性や花柳界の女性が...

振袖とは、振袖の着物のことで、袖丈の長い未婚の女性の第一礼装のきものです。刺繍や金箔、絞りなどの技法をふんだんに使った豪華な着物です。袖丈が長いほど格調が高いとされています。袖丈の長さによる振袖の種類振袖は袖丈の長さによって呼び名が変わりま...