は行
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

行事などで着物を着る機会に、レンタルを選択することもありますね。そのとき、「フルセットレンタル」で利用するのが、最もポピュラーです。この「フルセットレンタル」、文字通り、「セットですべてレンタルできます」ということです。これさえ利用すれば安...

着物(和装)のときに合わせるバッグ、やっぱり着物用がいい?手持ちのバッグは合わせていけない?着物に合わせてバッグを用意しようと思うと、数多く必要になってしまいますね。それに着物用のバッグは小ぶりのものが多いので、使いかってはイマイチかも。着...

紅(べに)の型(かた)とかいて「びんがた」と読みます。文字を見ると紅(べに)色一色のような気がしてしまいますが、これは「さまざまな色を形とともに表現する」というような意味があります。沖縄の琉球王朝時代からの、王族や身分の高い士族の衣装に、ま...

花嫁が和装で結婚式をあげるとき、日本髪を「文金高島田」という結い方にします。「文金」というのは、八代将軍吉宗の頃の小判を文金と呼んでいましたので、文金という名称はその時から始まりました。「文金高島田」日本髪江戸時代、未婚女性や花柳界の女性が...

振袖とは、振袖の着物のことで、袖丈の長い未婚の女性の第一礼装のきものです。刺繍や金箔、絞りなどの技法をふんだんに使った豪華な着物です。袖丈が長いほど格調が高いとされています。袖丈の長さによる振袖の種類振袖は袖丈の長さによって呼び名が変わりま...

沖縄県本島北部の喜如嘉(きじょか)で織られている夏の織物。1609年薩摩島津氏による琉球侵略以降、江戸上がりの際に、献上された持参品のひとつとされました。芭蕉は戦前には、奄美大島から波照間島まで栽培されていて、沖縄の民家ではどこにでも芭蕉布...

袴には、筒状になっていて、スカートのようなしきりのない袴と、ズボンのように二つに分かれている形態の袴があります。前者を行灯袴(あんどんばかま)、後者を馬乗袴(うまのりばかま)といいます。これらは、既婚未婚の区別なく着用することができ、紋付羽...

結婚式に花嫁が着る衣装は、白無垢または色打掛けです。掛下(打掛けの下に着るきもの)に白打掛けを羽織り、帯・小物等のすべてを白一色に揃えます。色内掛けは、白以外の赤・金・黒・緑などの色を用いて、豪華な装飾を施した内掛けです。白無垢が好まれるの...



スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する