ふり、着物の袖の「ふり」(着物用語)
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

ふり、着物の袖の「ふり」(着物用語)

着物の各部位の名称図

着物の部分の用語で「ふり」とは、

 

袖の身頃寄りの袖付けの下のあいているところを「ふり」といいます。

 

男性の着物の袖は、空いていません。

 

ここから長じゅばんの袖がはみ出ないように、気をつけます。

 

スポンサーリンク

 

「ふり」から見えるのは長じゅばん

 

「ふり」からは長じゅばんの袖が、ときどき見えます。

 

着物に合わせて仕立てた長じゅばんなら、はみ出ることはありません。

 

長じゅばんの袖丈の方が着物より短いと、はみ出やすいです。

 

 

長じゅばんの袖の色柄はおしゃれのしどころ

 

たまにちらりと見えるじゅばん袖は、人目につきやすいので工夫したいところです。

 

着物との相性がよい色柄なら、おしゃれ上手だと思われます。

 

初めは白の長じゅばんでも、慣れてきたら色や柄のついた長じゅばんを合わせてみましょう。

 

 

袖の長さが合わないときの工夫

 

アンティークの着物などは袖丈が長いので、

 

襦袢(じゅばん)の袖のみを、その着物にあわせて付け替えるなどして、

 

工夫してみてもよいですね。

 

付け替える袖を「うそつき袖」とよんでいます

 

着物の袖山に直接小さな針目でじゅばん袖を付ける方法、

 

じゅばんの袖を、付け替える方法などあります。

 




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する