ふり、着物の袖の「振り」とは・ふりの雑学(着物用語)

着物のふり(振り)

着物の部分の用語で「ふり・振り」とは、

袖がつけてある下のあいているところを「ふり(振り)」といいます

男性の着物の袖にはふりはなく、空いていません。

ここから長じゅばんの袖がはみ出ないように、気をつけます。

着物の格部位の名称

◆着物の格部位の名称

スポンサーリンク


「ふり」は女性用の着物の特徴

女性用の和装全般に「ふり」があります。

つまり着物だけでなく、長じゅばん、羽織、コート、浴衣にも「ふり」 があります。

(女の子の和装にもあります)

「ふり」の長さ(丈)

「ふり」の長さ(丈)は、袖丈ー袖つけの長さ

袖付けの部分の長さは、だいたい20センチから22センチあるので、

一般的なの着物の袖丈が49センチとすると、

「ふり」の長さ=49ー22=27センチになります。

「振袖」の場合も袖付けの長さ(丈)は同じ(20センチより短いことも)なので、

袖が長い分「ふり」の長さは長くなります。

「ふり」から見えるのは長じゅばん

体の動きによって、「ふり」からは長じゅばんの袖がときどき見えます。

着物に合わせて仕立てた長じゅばんなら、はみ出ることはありません。

長じゅばんの袖丈の方が着物より短いと、はみ出やすいです。

長じゅばんの袖の色柄はおしゃれのしどころ

絹の長じゅばん(あわせ仕立て)

◆絹の長じゅばん(広衿・あわせ仕立て)

たまにちらりと見えるじゅばんの袖は、人目につきやすいので工夫したいところです。

着物との相性がよい色柄なら、おしゃれ上手だと思われます。

初めは白の長じゅばんでも、慣れてきたら色や柄のついた長じゅばんを合わせてみましょう。

「ふり」から見える部分のために長じゅばんをあつらえるのは大変ということもあり、

身頃は白い生地で、袖だけをカラフルな生地で仕立てる長じゅばんもあります。

羽織を着るときは、着物や長じゅばんの色の調和も考えたいものです。

袖の長さが合わないときの工夫

アンティークの着物などは袖丈が長いので、普通の着物にそのまま着用することができません。

着物に合わせてその都度長じゅばんを仕立てることができればよいですが、

そうでない場合は、じゅばんの袖のみをその着物にあわせて付け替えて利用してみてはどうでしょう。

付け替える袖を「うそつき袖」とよんでいます

着物の袖山に直接小さな針目でじゅばん袖を付ける方法、

じゅばんの袖を、付け替える方法などあります。

うそつき袖の作り方⇒「着物の付替え袖(うそつき) 作り方と付け方・画像付きで詳しく

「ふり・振り」の雑学

長じゅばんのふりと着物のふり

◆長じゅばんのふりが短いとはみ出しやすい

「人のふり見て我がふりなおせ」ということわざを聞いたことがあると思います。

このとき「ふり」は「行い」や「ふるまい」という意味で、

他人のよいふるまいは見習い、悪いふるまいは改めましょう。

という自分を戒めかえりみる言葉として使われます。

また「ふり」を先ほどの袖の下の「ふり」と解釈しての説もあります。

着物のふりから長じゅばんのふりが出ているのは、あまりよいものではないですし、

羽織から着物や長じゅばんのふりが出ているのも同じです。

他人の様子を見て、自分はそうなっていないかとかえりみる視点を絶えず持ちたいもの。

その意味で着物の「ふり」がことわざの語源だという説です。

着物の「ふり」は感情を表現するのに使われていました。

  • 照れた時の顔をかくす
  • 相手に好き嫌いを表現するときに振る(好きな時は左右、きらいな時は前後に)
  • 悔しいときにたもとを噛む

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました