文金高島田(ぶんきんたかしまだ)日本髪・着物用語

文金高島田(ぶんきんたかしまだ)日本髪・着物用語

花嫁が和装で結婚式をあげるとき、日本髪を「文金高島田」という結い方にします

「文金」というのは、八代将軍吉宗の頃の小判を文金と呼んでいましたので、

文金という名称はその時から始まりました。

スポンサーリンク


「文金高島田」日本髪

江戸時代、未婚女性や花柳界の女性が多く結った「嶋田髷」という髪型を、

高い位置で格調高く結い上げたものです。

かつら合わせ

かつらを合わせる際は、まげの位置などで印象が変わるので、

自分に似合った、頭にフィットするものを選びます。

頭にすっぽりとかぶる「本かつら」が一般的ですが、

自分の髪を利用して結い上げる「七分かつら」「五分かつら」もあります。

かつらの色は、黒以外に茶系のものもあります。

重いかつらで頭痛がおこることも

昔のかつらは重かったです。

花嫁になって初めて「文金高島田」のかつらをかぶると、

頭痛や肩こりを起こすこともありました。

現代は、400~500グラムくらいの軽量のかつらが主流です。

綿帽子か角隠しをかぶる

挙式の時には、これに「綿帽子」か、「角隠し」をかぶります

綿帽子は白無垢のみに、

角隠しは色打掛と本振袖に着用するのが正式とされています。

「綿帽子」は花婿以外には顔を見せない、古来の風習から受け継がれています。

また「角隠し」は、角を隠して従順に従うという意味合いがあります。

披露宴でははずして、かんざしやこうがいを飾ります。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました