男性の長じゅばん(着物用語)

長じゅばんは着物を着るときに、肌着の上に着ます。

着物の下着です。

女性の着物のとき同様、衿に半衿をつけてから着用します。

スポンサーリンク


男性の長じゅばんの形状

男性の長じゅばんは、着物と同じ形です。

長じゅばんを着る理由

長じゅばんは、着物の内側からの汚れを防ぎ、着物の傷みを予防します。

男性の長じゅばんの素材

男性の長じゅばんの生地の素材は、

モスリン、ポリエステル、麻、縮(ちぢみ)などがあります。

長じゅばんの色柄について

モスリンの生地の長じゅばんは、普段着で色柄が豊富です。

そのほかの素材は、無地が最も多く、縞、格子、小紋柄が主流です。

羽裏のおしゃれのように、後ろ身ごろに大胆な絵模様などを染めたもの、

全体に地模様がはいったものなどもあります。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました