男性の着物のときの半衿とは・長じゅばん2枚でカッコよく(着物用語)
スポンサーリンク

男性の着物のときの半衿とは・長じゅばん2枚でカッコよく(着物用語)

男性の着物のときの半衿とは・着物用語

◆男性長じゅばんに紺色の半衿

 

男性が着物を着るとき、女性と同じように長じゅばんに半衿を取り付けます。

 

半衿とは、長じゅばんの衿を汚さないために付けてある長方形の布です。

 

汚れたら半衿だけ取り外して洗います。

 

普段用の着物には、お顔うつりのよい色の半衿をつけて、おしゃれを楽しんでください。

 

スポンサーリンク

Twitter始めました。フォローお願いいたします。

 

男性の半衿の色の基本

 

男性の半衿は、正式な場には白い半衿をします。

 

準礼装には基本は白ですが、紺やグレーなどの落ち着いた色でもよいです。

 

普段着用には、顔うつりのよい、着物との調和も生かした半衿を選ぶとよいですね。

 

無地だけでなく、縞柄・格子柄・小紋柄もしゃれています。

 

黒い半衿は衿元が引き締まった感じになります。

 

 

半衿の役割

 

半衿は長じゅばんの衿の汚れ防止といいましたが、

 

ほかにも、洋服でいうネクタイのような役割があります。

 

  • 着物にと同系色にすると、安定感や統一感が
  • 着物の色とかけ離れた色にすると、アクセントとして華やかな印象

 

になります。

 

そのときの気分や場面に応じてつけ分けてみてください。

 

 

少ない長じゅばんでも半衿でカッコよく

 

半衿はつけかえが面倒かもしれませんが、長じゅばんの数が少なくても、

 

半衿をつけかえることで、着物姿に影響がでます。

 

長じゅばんは最低2枚ほしいですが、半衿が8~10枚あると

 

着物姿の印象がずいぶんと変わってきますよ。

 

今日はカッコよく?それとも堂々と落ち着いて?

 

 

季節による素材の違い

 

一般的には、袷(あわせ)用には、塩瀬の半衿。

 

夏用には絽ちりめんを用います。

 

正絹の塩瀬がもっともポピュラーで、色が豊富にあります。

 

他に紬(つむぎ)も使われます。

 

夏用に、絽や麻素材のものもあります。

 

 

半衿の取り付けが面倒で。。。

 

半衿の取り付けには、針に糸を通して縫い付けるという作業があります。

 

どうしても面倒だからやりたくないという人へ。

 

二つの対処法があります。

 

  1. 長じゅばんにつけたま洗う
  2. マジックテープをつけておく

 

取りはずさず、半衿をつけたまま長じゅばんを洗えばいいですね。

 

ただ、半衿の色柄を楽しむためには、長じゅばんがその分必要に。

 

そして邪道ではありますが、針と糸が全くダメという人には、

 

シール付きのマジックテープを活用してもよいかもしれません。

 

ただ内側の肌にふれるところに違和感がでたり、生地が傷むことも覚悟の上で。

 


Twitter始めました。フォローお願いいたします。




スポンサーリンク





  はてなブックマークに登録する
Twitter始めました。フォローお願いいたします。