つむぎ(紬)のきものとは/糸・着物の特徴(着物用語)

紬の着物

つむぎ(紬)の着物とは、絹のきものの一種類です。

繭(まゆ)を煮てほぐし、よってから糸にしたものを、

織り上げて反物にして、仕立てます。

糸はところどころにふしがあり、均一ではありません。

織られたきものは、非常に暖かく、かつ通気性があります。

スポンサーリンク


つむぎ糸の特徴

つむぎ糸は、天然の染料で何度も染めて、色を定着させます。

経糸(たていと)緯糸(よこいと)の染め部分を合わせて、

織り機で織り、柄を表現します。

その柄が細かくて繊細であればあるほど、

柄(模様)の合わせが難しく、出来上がるまでの期間もかかります。

精緻なものは、一反(きもの一枚分の布)織るだけで何十日とかかります。

そのため昔ながらの製造工程で作られるつむぎの着物は、

非常に高価にならざるをえません。

つむぎ着物の特徴

つむぎの着物は、素朴な風合いであるにもかかわらず、絹独特の光沢があります。

軽く、しわになりにくく、さらに、他の絹製品に比べて、水に強いという特徴があります。

産地により模様風合いが異なる

つむぎの着物は、生産地による特色が強いです。

染料や柄模様、それぞれ独自の歴史からはぐくまれています。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました