着物のリメイク・羽織からチュニックに!5ステップで完成

着物リメイク・羽織からチュニック

着物からのリメイクなのですが、今回は羽織をチュニックにしました

さらっとした絹の生地は、ぬくもりがあり服の上に着ても快適です。

羽織の丈はそのままで、袖をはずし肩をなだらかにしています。

春や秋、室内の温度調整に、さっと羽織れますよ!

リメイクの難易度としては「やさしい~クリアしやすい」範囲です

ぜひお試しください。

スポンサーリンク


羽織からチュニック(ロングベスト)にリメイクする方法

まずリメイクの方法をざっと説明しますね。

  1. 羽織の紐をはずす
  2. 左右の袖をはずし、袖付けの表生地と裏生地をとじる
  3. 肩を斜めに縫う
  4. 縫い代分を後ろに倒して身ごろに留める
  5. 衿に二か所スナップボタンを取り付ける

チュニック(ロングベスト)へのリメイク・具体的に

<用意するもの>

  • 羽織一枚
  • 縫い糸・縫い針・糸切ばさみ
  • スナップボタン2個(14ミリサイズ)
  • アイロン
  • ものさし
  • 印付け

<この羽織のサイズ>

  • 肩山から裾まで78センチ(ヒップが隠れるくらい)
  • 裾のところで測ったマチは6センチ

リメイク方法・完成まで5ステップ

1)羽織ひもを外して、左右の袖を外す

着物リメイク・羽織からチュニック(ロングベスト)に

◆ひもと袖をはずしたところ

ひもをつける「ち」はそのまま。

袖を左右はずします。

袖付けの始まりと終わりは、しっかりと取り付けしてあるので生地が切れないよう、注意して糸を切ってください。

2)袖付けの表生地と裏生地を縫い合わせる

着物リメイク・羽織からチュニック(ロングベスト)に

袖がついていたところの表生地と裏生地を、縫い糸が見えないように縫い合わせます。

3)裏に返して肩山に斜めの線を引く

着物リメイク・羽織からチュニック(ロングベスト)に

◆裏・肩の山から6センチに線をひくところ

裏を向けます。

袖がついていたところ、「肩の山から6センチの位置」に印をつけます。

衿の付け根のそばから、「肩山から6センチの位置」に斜めに線を引きます。

その線を目安にゆるいカーブをつけて印をつけます

4)印をつけたところを縫う

着物リメイク・羽織からチュニック(ロングベスト)に

◆ゆるくカーブした肩の線を縫ったところ

糸は二本どりで印通りに縫います。

縫い目にアイロンをあて、縫い代を背中側に倒して裏生地に縫いとめます。

表に返し、縫い目に沿ってアイロンをあてます。

5)スナップボタンを取り付ける

着物リメイク・羽織からチュニック(ロングベスト)に

◆スナップボタンを二か所つける

最後にスナップボタンを取り付けます。

みぞおちのすぐ下あたりと、そこから約12センチ下がったところに取り付けました。

凸の方を右衿、凹んだ方を左衿に、洋服の前合わせにしました

ご自分の体に合った位置に取り付けてください。

以上で完成です。

出来上がったチュニックを着てみた様子

気温10度くらいの日中の屋外で、着ているところです。

着物リメイク・羽織からチュニック

◆カーディガンの上に羽織る

カーディガンの上に羽織っています。

少々風が吹いていましたが、ヒップまで温かいです。

羽織の幅はたっぷりのゆとりがありますから、やせた人には大きすぎて向かないかもしれません。

お腹周りが気になる方には、よいのではないでしょうか。

着物のリメイク・羽織からチュニックに!5ステップで完成・おわりに

5ステップでできる簡単なリメイクいかがでしたか?

肩のラインはゆるくカーブさせたので、体にフィットしやすいです。

裏地のある正絹の羽織なので、着心地は快適ですよ。

着脱しやすく、コートの下の重ね着としても。

<アレンジしておしゃれにどうぞ>

一工夫して「飾りボタン」をつけたり、身ごろにダーツをとれば、さらに着心地がアップするでしょう。

<関連ページ紹介>

ひとえ着物からのリメイクも⇒「着物のリメイク・ほどかず筒袖の割ぽう着(上っ張り)に・超カンタン」

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました