巾着袋(着物生地からのリメイク)の基本の作り方・画像付きで簡単

着物生地をリメイクした巾着袋

着物(和服)をリメイクして、巾着袋を作りました。

着物生地には、洋服にはないかわいらしい柄やおしゃれな柄がありますね。

画像のものは「縫いとりお召し」という生地で、元は羽織だったものです。

大きさやマチの有り無しなどで作り分けておくと、重宝します。

ここでは基本の巾着袋を、紹介します。

スポンサーリンク

反物幅を利用した簡単な巾着袋の作り方

裏地なしの巾着袋、適した生地は

  • ハリのある生地
  • 厚みのある生地
<必要なもの>

  • 着物生地・34センチ
  • ミシン
  • 裁ちばさみ
  • 糸切りばさみ
  • アイロン
  • ひも通し

着物をほどいた生地で、幅がミミなのでとても簡単に作れますよ。

着物生地から巾着袋をリメイク・必要な布

◆反物幅で本体と紐用の生地を断ち切る

幅はそのままを使います。

袋本体は、たての長さ34センチで断ちます。

画像の右二枚は紐用で二本分、それぞれ4.5センチで断ちます。

巾着袋作り方手順

巾着袋本体の布の上と下のほつれ止めに、ジグザグミシンをかけます。

次に、中表で半分の幅に折って、下(底になるところ)は縫い代2センチで縫います。

着物生地から巾着袋をリメイク・中表にして底脇を縫う

横は縫い代1センチで縫い、上は10センチ縫い残します。

縫い代にアイロンをあてて、10センチ縫い残したところは、それぞれ縫い代を倒します。

着物生地から巾着袋をリメイク・縫い残したところたおしてミシン

縫い残した縫い代の端の方にミシンをします。

着物生地から巾着袋をリメイク・上を三つ折りします

上部を三つ折りにして(5ミリと2.5センチで三つ折りに)、アイロンをしっかりあてます。

ひもを通すところになります。

三つ折り部分の端にミシンをかけます。

着物生地から巾着袋をリメイク・表に返します

表に返します。

ここにひもを通します。

紐も同じ生地で作ります。

紐の作り方

生地の幅を利用して、長さ4.5センチのものを2つ用意します。

一番最初の画像の右の細い布です。

着物生地から巾着袋をリメイク・ひもの作成

まず二枚の端をはぎ合せます。

中表にし1センチ重ねて、二度縫いし、縫い代を割ります。

着物生地から巾着袋をリメイク・ひもの作成

紐状にするため、幅を中表に半分に折って、できるだけ端の方を縫います。(3~5ミリのところ)

縫い代をアイロンで倒します。

着物生地から巾着袋をリメイク・ひもの完成

紐通しなどを利用して表に返し、縫い目を真ん中にしてアイロンをあてます。

紐の完成です。

着物生地からのリメイク巾着袋完成

着物生地から巾着袋をリメイク・完成

上部の三つ折りの部分に紐を通して、結びます。

巾着袋の完成です。

サイズを変え、紐を二本にした巾着袋

着物生地から巾着袋をリメイク・サイズ変更、ひも二本に

同じ生地を使って、少し大きさを変えてみました。

ひもを二本にしたので、紐通し口を二か所にしました。

紐を二本にした巾着袋の作り方

同じ大きさの生地を2枚に用意し、中表にして三方を縫います。

後は同じ方法でできます。

紐は二本同じものを作ってください。

紐を二本にすると、持ち手がしっかりします

入れるものが重いときや袋のサイズを大きくするときは、紐二本がよいと思います。

巾着袋(着物生地からのリメイク)の基本の作り方・画像付きで簡単・まとめ

着物生地のリメイクで、基本の巾着袋を作りました。

今回例にしたものは、羽織の生地でハリのあるものを使用しています。

巾着袋は、使わないときは小さくまとまるので便利ですね。

<関連ページ紹介>

ほかにも着物生地からのリメイクを紹介しています。

東袋の作り方⇒「東袋(あずまぶくろ)の縫い方作り方・布一枚でできる基本形/画像あり

お手玉の作り方⇒「幸せお手玉(座布団型)の作り方!画像ありで誰でもOK(プレゼントにも)」

着物地帯地から作る小物(繰り回し・リメイク)
プロフィール
この記事を書いた人
きらこよしえ

着付け師範として着物着付け教室を運営。簡単着付けの2部着物など考案、雑誌に取り上げられたり、着物用下着など監修者。温泉好きでスーパー銭湯や温泉巡りでドライブ旅行趣味。温泉ソムリエ資格取得。旅系ブログna58.net YouTube運営。

きらこよしえをフォローする
きらこよしえをフォローする

スポンサーリンク


きもの物語

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました