着物からリメイク・絹シルクの枕カバーを:ツルすべで髪も肌もすこやか
スポンサーリンク

着物からリメイク・絹シルクの枕カバーを:ツルすべで髪も肌もすこやか

着物生地からリメイク・絹シルクの枕カバー二つを製作枕にかけました

着物からのリメイクで、毎日使う「枕カバー」を作りました。

 

もちろん絹・シルクの素材です。

 

絹の枕カバーは、ツルツル・サラサラっとしてとても気持ちいいです。(^^♪

 

裏をつけないので、手縫いでもあっという間に出来上がりますよ。

 

髪にも肌にもよいはずなので、ぜひお試しください。

 

スポンサーリンク

Twitter始めました。フォローお願いいたします。

 

枕カバーに適したリメイク着物は

 

枕カバーなのであっさりした色がいいな。。。ということで白い生地にしました。

 

でも着物で白というのは、表生地ではそんなにありませんね。

 

そこでリメイク素材として以下のものでもかまいません。

 

  • 胴裏
  • 長じゅばん
  • 一部ぼかしの入った八掛(はっかけ)

 

長じゅばんや八掛はかなり丈夫です。

 

写真のものは、以前は「花嫁衣装」だった白無垢の生地です。

 

おすすめは、染め模様のない平織りのシルク生地ですが、凹凸がなければよいと思います。。

 

 

普通サイズの枕 の枕カバーの作り方

 

今回紹介するのは 裏生地のない、表生地だけの枕カバーです。

 

手縫いで作成しています。

 

枕は一般的に、普通サイズと大きいサイズの二種類の大きさがあります。

 

先に普通サイズのものから紹介します。

 

 

普通サイズの枕の大きさとカバー

 

普通サイズの枕は、「縦35センチ 横50センチ の大きさ」のものです。

 

今お使いの枕カバーがこのサイズであれば、 その大きさに合わせればOKです。

 

着物の反物の幅は、 普通サイズの枕カバー を作るのにちょうどよい大きさです

 

 

普通サイズの枕カバー・作り方

 

着物生地からリメイク・絹シルクの枕カバーできあがったところ

◆できあがった絹シルクの枕カバー

 

<用意するもの>

 

  • 着物をほどいた反物・長さ65センチ前後
  • 絹の縫い糸
  • 糸切りばさみ
  • アイロン

 

 

<枕カバー普通サイズの作り方>

 

  1. 中表にして縫い代を5ミリで、長辺二辺と、短辺一辺を縫い合わせる
  2.  

  3. 空いている辺は、端を8~10ミリほどの三つ折りにしてアイロンをあてる
  4.  

  5. 三つ折りの端を縫い、表に返して完成!

 

筒状の枕カバーのできあがり。

 

※三つ折りしたところが枕の取り出し口です。

 

余裕をもって長めで作製し、余りは枕の後ろ側に折って使います。

 

 

大きいサイズの枕カバーの作り方

 

着物生地からリメイク・絹シルクの枕カバー二つを製作枕にかけました

◆大きいサイズの枕カバー・継ぎ足した縫い目あり

 

大きい枕のカバーは、反物の幅では足りないので付けたしして作ります。

 

 

43センチ×63センチ のサイズの枕で説明

 

普通サイズの枕よりやや大きいタイプにはいくつかあります。

 

そこで、ここでは43センチ×63センチ のサイズの枕で説明します。

 

形状は同じ筒状の枕カバーです。

 

幅に生地を足して、幅を広くします。

 

足すのは反物の半分の幅の生地です。

 

変更する点はそれだけです。

 

縫い代1センチで継ぎ足してください。

 

生地のつなぎ目が出るので、頭をのせたら違和感があるんじゃない?

 

と思われるかもしれませんが、実際枕を使用してみると、つなぎ目は全く感じません。

 

ですが敏感な方は、 つなぎ目の位置を首でなく頭の上の方にしてみてください。

 

 

絹・シルク枕カバーのお手入れ

 

絹・シルクは素材がとってもデリケート。

 

ですからすぐに傷むのでは?と案じてしまうかもしれないですね。

 

でも以下の点に気をつければ長持ちしますよ。

 

  • 直射日光に当てない
  • 合成洗剤で洗わない

 

つまり、洗う時は中性洗剤で手洗いがおすすめです。干すときは陰干しで。

 

この手入れが面倒であれば、裏に生地をつけて作り、裏側を陽にあてて干すと、生地の傷みは減ります。

 

裏生地をつけての作成方法は後述しますが、同じ方法です。

 

 

絹・シルクのカバーは髪にも肌にもやさしい

 

着物生地からリメイク・絹シルクの枕カバーは白無垢の模様

◆元花嫁衣裳なので模様は鳳凰と桐

 

絹・シルクは、とても肌触りが良く、 吸湿性放湿性に優れています。

 

寝ている間も頭の部分は涼しく保つ方がよいので、枕カバーとして向いているはず

 

髪がよくすべるので、とても寝返りしやすいと感じています。

 

肌や髪に直接触れるので、木綿もいいけど絹も気持ちいいです。

 

 

枕カバーに向いている着物生地

 

胴裏、長じゅばん、八掛が枕カバーに向いているといいました。

 

が、他にもよい生地があります。

 

「色無地の着物」や「大島紬」「黄八丈」といったツルツル・サラサラの生地です。

 

地紋があるくらいは、使っているときに全く違和感はありませんよ

 

ただ色の濃いものが多いので、それは好みになると思います。

 

 

丈夫な枕カバーにしたいなら

 

紹介した枕カバーは裏生地なしで作っています。

 

より丈夫で長持ちを目指すなら、薄手の木綿の裏地をつけるとよいです。

 

<裏生地をつけた作り方>

 

  • 表生地と同じサイズの裏生地をを用意
  • 表と裏の生地を重ねてから、上記と同じ方法で作る

 

裏生地がつけば、ミシンでも縫いやすくなります。

 

 

着物からリメイク・絹シルクの枕カバーを:ツルすべで髪も肌もすこやか・まとめ

 

吸湿性放湿性に優れている絹・シルクの枕カバーは、髪と肌にやさしい。

 

胴裏や薄い生地には、薄手の木綿の裏地をつけるのがおすすめ。

 

地文様がある生地でも違和感なく使用できます。

 

抱き枕を使う人は、そのカバーもリメイク生地にしてはどうでしょう?

 

絹の枕カバーは、長い髪もからみにくいと感じています。

 


Twitter始めました。フォローお願いいたします。




スポンサーリンク





  はてなブックマークに登録する
Twitter始めました。フォローお願いいたします。