がま口バッグの作り方(ベンリー口金)・着物布を利用/着せ替え可

がま口バッグ(ベンリー口金)着物生地から手作りしたものを持っている私

がま口バッグは着物姿にとても似合うバッグですね。

特にベンリー口金というタイプは、私もお気に入りです。

着物の布をリメイクして、昔からの布の袋物を作りました。

この金口にすると、袋部分が着せ替えというか取り換えが可能なのです。

最も簡単でシンプルな作り方で紹介しますね

スポンサーリンク


がま口バッグ(ベンリー口金)出来上がりの大きさ

がま口バッグのベンリー口金

◆ベンリー口金

使っているのは22センチの口金。

がま口バッグ(ベンリー口金)着物生地から手作りしたものを持っている私、紫

がま口バッグの出来上がりのサイズは、袋に5割ほど収納した状態で、

  • 横約32センチ
  • 金具を入れたたて36センチ

がま口バッグの作り方

<用意するもの>

  • 着物の布:表用・たて34センチ×横43センチを二枚
  • 着物の布:裏用・たて34センチ×横43センチを二枚
  • 接着芯:縦34×横43センチを四枚
  • ミシン
  • アイロン
  • 針糸・ハサミ

ステップ1・芯をはる

がま口バッグ(ベンリー口金)の作り方説明・表生地に芯をはる

表生地二枚に芯をはる

がま口バッグ(ベンリー口金)の作り方説明・裏生地に芯をはる

裏生地二枚に芯をはる

表生地、裏生地ともに芯をはります。

アイロンで接着するタイプを使っています。

ステップ2・角のまるみとダーツ

底に丸みのカーブをつけ、ダーツをとります。

がま口バッグ(ベンリー口金)の作り方・お皿の丸み利用

◆お皿を利用してカーブをつける

直径20~22センチくらいのお皿のカーブを利用して、底の二か所にカーブをつけます。

縫い代は1.5センチ、一度カーブをつけて、1.5センチ内側にまたカーブをつけます。

がま口バッグ(ベンリー口金)の作り方・底のカーブとダーツ

◆底のカーブとダーツ

↓↓↓

がま口バッグの作り方、底の角のカーブとダーツの説明図

◆底のカーブとダーツの説明図

内側のカーブに、角から中心に向かって、6センチ、左右2センチの位置から二等辺三角形をかき、ダーツとします。

赤い線のところを合わせて縫います。

がま口バッグ(ベンリー口金)の作り方・底のダーツをすべて縫ったところ

◆底のダーツ全部で8か所縫ったところ

ダーツを縫い、アイロンで倒します。

ステップ3・中表で縫い合わせる

表布同士、裏布同士を中表にし、開口部から13センチ残して縫い合わせます。

縫い代は1.5センチ。

縫い代をアイロンで開くようにたおしてから、表布を表に返して、裏布を中にいれます。

ステップ3・開口部の作成

がま口バッグの作り方・開口部のしまつ

◆開口部の両端の始末

開口部の両端は、縫い代が倒れているので、裏布を1~2ミリひかえます。

そこは縫わなくていいです。

開口部を三つ折り(1センチ2センチ)にして端ミシンをしてできあがりです。

この布は反物なので端の始末が不要なため、3センチ折って端ミシンとしました。

口金を通して完成

がま口バッグの作り方。口金を通す

口金を通せば完成です。

がま口バッグ、完成

◆がま口バッグ完成

出来立てほやほやなので、まだ開口部のひだがなじんでいません。

がま口バッグ、中を見ているところ

長財布が入れやすいサイズで、収納力もかなりあります。

バッグ部分付け替え可能ながま口バッグ・まとめ

このベンリー口金は、ねじで開け閉めできるので、バッグ部分の取り換えができます

がま口バッグ、ベンリー口金、袋部分を付け替え

◆同じ口金で袋部分を付け替えて

好みの生地でいくつかつくって、着物に合わせて付け替えが楽しいですよ。

今回の着物生地はぼかしが入り、紫の強い面と白っぽい面が出来上がりました。

長財布・折りたたみ傘、その他小物がすっぽり入る大きさです。

がま口バッグ(ベンリー口金)着物生地から手作りしたものを持っている私、白

◆裏側は白っぽいので着物との相性を考えて使いわけ

カジュアルな着物にも洋服にも、便利に使えるとおもいます。

また夏は涼し気な生地に代えて、浴衣に合わせるといいですね。

最もシンプルで簡単な作り方なので、ここにあなただけのアレンジをどうぞ

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました