着物のほどき方と洗い方♪注意点を詳しく解説・和服地リメイク
スポンサーリンク

着物のほどき方と洗い方♪注意点を詳しく解説・和服地リメイク

リメイク用の着物ほどく前・紬オレンジ色

 

着物(和服生地)には素敵な柄が多いですね。

 

だから必要でなくなっても、そのまま捨てるのはもったいない!

 

ほどいて洗えば、リメイクに適した生地になります。

 

着物一枚をほどくと、幅約37センチ長さ12メートルもの上質な絹生地になりますものね

 

すぐにリメイクしなくても布の形にしておけば、思いついたときに作ることができますし。

 

そこで、

 

  • 着物(和服)を効率よくほどく方法
  • 洗い方

 

を詳しくお伝えしますね。

 

スポンサーリンク

Twitter始めました。フォローお願いいたします。

 

着物リメイクのためのきもののほどき方

 

ここで例としてほどく着物は、「オレンジ色の紬の着物」です。

 

裏地のある着物のほどき方で説明します。

 

 

仕立ての逆の順でほどく

 

リッパーと糸切りばさみ

◆リッパーと糸切りばさみ

 

着物をほどくのは、仕立ての逆の順にほどいていくとやりやすいですよ。

 

「リッパー」が使いやすいですが、「糸切りばさみ」でもOKです。

 

リッパーはしっかり留めつけている糸も切りやすいです。

 

最初は衿をはずすところからです。

 

 

1)衿をはずす

 

まず衿からはずします。

 

ほどき始めの場所は、衿のどこでもよいです。

 

衿と身ごろの生地を左右に引っ張るようにして、縫い目がよく見えるようにして糸を切っていきます

 

衿の芯や衿先布もはずします。

 

 

2)袖をはずす

 

肩から袖をはずし、袖の底、袖付けの下をといていきます。

 

袖口についている裏布を最後にはずします。

 

 

3)「おくみ」をほどく

 

おくみをほどくと、裾が一部はずれます。

 

 

4)裾を全部ほどく

 

裾を全部ほどきます。

 

 

5)表生地と裏生地とをはなす

 

木綿の糸で粗くとめてあるはずなので、一気に糸を切って離します。

 

 

6)最後に、前身ごろと後ろ身ごろを

 

最後に前身ごろと後ろ身ごろをほどきます。

 

このあと、縫い糸を全部取り除きます

 

 

裏地が必要ないときは、表地だけほどいてお終いです。

 

 

今の話をまとめると

 

<着物をほどく順番>

 

  1. 衿、掛け衿
  2. おくみ
  3. 身頃の裏地
  4. 前身ごろ、後身ごろ

 

 

ほどくときに注意する点

 

着物をほどくときに注意したい点は、生地に穴をあけたり破いたりしないことです。

 

力のかかるか所には、縫い糸が幾重にもなっていたり力布がついていたりします

 

<縫い糸が重なっている・力布がついているところ>

 

  • 「身八つ口」
  • 「袖付け止まり」
  • 「衿付け止まり」
  • 「袖口止まり」

 

ここはとてもしっかりと糸が留めてあるので、無理をすると布が破れやすいです。

 

慎重に糸を切ってください

 

糸か布かわからないほどのところは、縫い目を軽くもんでみると、糸が柔らかくなって縫い糸が見えてくることがあります

 

 

着物をほどいた後の洗い方

 

手洗いしやすいよう、浅くて大きい容器を用意します。

 

たらいや大きい洗面台が適していますが、なければバケツなどでもOKです。

 

液体の中性洗剤(漂白作用のないもの)を、20~30度くらいの水に溶きます。

 

ほどいた着物生地を、びょうぶだたみにして静かに浸して、両腕で上から押さえるようにして洗います。

 

具体的には、手で軽く押して、生地をつかんで水面まで引き上げて離す、を繰り返します

 

手を容器の中で回転させたり、布をこすりあわせたりしないようにします。

 

すすぎは押し洗いと同じ動作をを繰り返しつつ、行ってください。

 

色が出ないものでも、3回はすすいでください。

 

<洗い方のまとめ>

 

  • 水に中性洗剤をとかす
  • 押し洗いする
  • すすぎは3回以上おこなう

 

 

洗った着物生地の乾かし方

 

すすぎが終わったら、平たい生地のままで容器から出します。

 

びょうぶだたみでたたんで、手のひらで上から押さえて水分を出します。

 

雑巾絞りのようにしぼらないということです。

 

その後半分に折ったバスタオルに置いて、くるくるとバスタオルを巻き、上から押さえるようにして水分をタオルに移します。

 

バスタオル2~3枚をつかって、生地の水分をとります。

 

シワをのばして陰干しします。

 

<乾かし方>

 

  • 水から出したらびょうぶだたみ、押さえて水分をだす
  • バスタオルで巻いて、軽く押さえて水分をとる
  • バスタオルで十分タオルドライする
  • 陰干し

 

洗うときは手早く洗い、すぐに乾かしてください。

 

 

アイロンのあて方

 

乾ききっていない状態で取り込みます。

 

半乾きの生地の裏から、ドライアイロンをあてます

 

生地の布目や幅をそろえるつもりで、前後左右にアイロンを動かします。

 

洗ったとき色が出たものは、アイロン台に薄い白い布をおいてアイロンをあててください。

 

その後熱をとるため、ハンガーにかけます。

 

これで、リメイク用の生地がととのいました

 

 

ほどいて洗い、アイロンで整えたリメイク生地

 

着物のほどき方洗い方、アイロンをあててきれいにした生地

◆きものをほどき洗い、アイロンをあてた一枚分の着物生地

 

着物を全部ほどいて洗い、ドライアイロンで整えた生地です。

 

うっすらとした汚れがキレイにとれ、生地として蘇りました。

 

この生地は、肩と袖の山が退色していたので、メモしておきます。

 

胴裏の生地は、木綿で古めかしくシミがあったので使えそうもありません、写真にものせていません。

 

八掛は紬着物用のふしのある丈夫なものだったので、袋物の裏生地に使えそうです。

 

生地の様子を観察して、リメイクに使えそうもないところはのぞき、シミなどの覚書しておくとよいです

 

 

洗いで縮みやすい生地について

 

絹の着物の生地で縮みやすい生地は、「お召(めし)」と「縮緬(ちりめん)」です。

 

縮んだものをアイロンで伸ばすと、製品にしたあとの洗いで変形してしまうので、縮んだまま利用するようにします。

 

保管・シワをつけないしまい方

 

適当な大きさにたたんでよいですが、使う時折ジワをとるためアイロンをあてることになります。

 

その手間をはぶくには、サランラップの芯などに巻き付けて収納しておくとよいです。

 

折り目がつかず使いやすいです。

 

 

着物のほどき方と洗い方♪注意点を詳しく解説・和服地リメイク・まとめ

 

上質な生地は傷がつかないようご注意を。

 

胴裏や八掛は薄いですが、傷みがなければ同様に処置して利用されるといいですね。

 

裏生地は上手くつなげればスカーフなどに利用できるでしょう。

 

色落ちしそうなもの、模様がにじんでしまうかも?と心配な生地は、衿などの小さい布で試してからにしてくださいね。

 

羽織やコートも同じ手順でほどいていきます。

 

 

<関連ページ紹介>

 

着物からのリメイクで小物の作り方を紹介しています。

 

巾着袋⇒「巾着袋(着物生地からのリメイク)の基本の作り方・画像付きで簡単

 

ポケットティッシュケース⇒「着物リメイク/ポケットティッシュケースの作り方・画像ありで簡単

 

他にもあずま袋、四寸小物入れ、お手玉、風呂敷の作り方を紹介しています。


Twitter始めました。フォローお願いいたします。




スポンサーリンク





  はてなブックマークに登録する
Twitter始めました。フォローお願いいたします。