鼻緒キーパー(ぞうりキーパー)の作り方・着物生地からのリメイク
スポンサーリンク

鼻緒キーパー(ぞうりキーパー)の作り方・着物生地からのリメイク

三足のぞうりと鼻緒キーパー(ぞうりキーパー)

鼻緒の型崩れ予防に、旅行などに草履を持ち運ぶのにも都合のよい「鼻緒キーパー」を作ってみました。

 

色無地の着物生地を利用してのリメイクです。

 

アクセントに同じ生地でくるみボタンをつけました。

 

では材料・作り方をどうぞ。

 

スポンサーリンク

Twitter始めました。フォローお願いいたします。

 

鼻緒キーパー(ぞうりキーパー)の材料

 

<材料>

 

  • 着物生地:たて15×よこ11を四枚
  • 絹の手縫い糸
  • くるみボタン用の同じ生地・直径4.5センチ
  • 綿を適量

 

鼻緒キーパー(ぞうりキーパー)の作り方

 

型紙の用意

 

まず型紙を用意します。

 

鼻緒キーパー(ぞうりキーパー)の型紙

◆鼻緒キーパー(ぞうりキーパー)の型紙

 

中心線から左右対称です。

 

指の又は上から1.5センチをカーブにして、その下は上から4センチまでは切り込みをいれます。

 

 

作り方・1

 

鼻緒キーパー 中表に縫う くるみボタン作る

◆底以外を中表に縫う くるみボタン作る

 

2枚を中表にして、底の5センチはあけて、周囲を5ミリのぬいしろでぬう。

 

ぬい始めとぬい終わり、また指の間のまたのところは返し縫を。

 

くるみボタンを作る。

 

 

作り方・2

 

鼻緒キーパー 表にかえしアイロンをあてたところ 綿とくるみボタン

◆表にかえしアイロンをあてたところ

 

表に返して、縫い目のところに軽くアイロンをあてる。

 

またあき口のところのぬいしろにも、アイロンをあてておく。

 

くるみボタンを底から3.5センチの位置につける。

 

綿はポリエステルの綿にしました。

 

指先から綿を詰めていきます。

 

 

作り方・3

 

鼻緒キーパー 着物生地からのリメイクできあがり

◆鼻緒キーパー・着物生地からのリメイクできあがり

 

あき口をぬい閉じてできあがり。

 

もう一つ同じように作って完成。

 

鼻緒キーパー 着物生地からのリメイクできあがり

 

くるみボタンは、次に右にはく方を覚えておくために、あえて片方だけにしています。

 

 

絞り柄、花柄(木綿)でも作ってみた

 

鼻緒キーパー 三足分

◆鼻緒キーパー3足分

 

草履には着物の生地や柄がぴったりですが、木綿の生地でも作ってみました。

 

絞り柄の鼻緒キーパー 緑色の台のぞうりに

◆緑色の台の草履に絞り柄の鼻緒キーパー

 

洋花の柄の鼻緒キーパー 畳表のぞうりに

◆畳表のぞうりに洋花の柄の鼻緒キーパー

 

草履三足にそれぞれ鼻緒キーパーをつけて

 

それぞれの草履に合わせてみました。

 

同じ生地でそろえるのもよいし、草履に合いそうな生地を探すのも楽しい。

 

 

くるみボタンについて

 

着物生地から作ったくるみボタン

◆着物生地から作ったくるみボタン

 

着物生地から作ったくるみボタンです。

 

直径22ミリのものを利用しましたが、大きさはお好みで。

 

ししゅうが得意な方は、指先のところにアクセントとしてつけるとかわいらしいでしょうね。

 

 

鼻緒キーパー(ぞうりキーパー)の作り方・着物生地からのリメイクまとめ

 

鼻緒キーパーはもちろん下駄にも同じように使えます。

 

草履を陳列するタイプの収納なら、ぞうりのおめかしのように飾ってもいいですね。

 

草履を持ち運ぶときにあると重宝しますね。

 


Twitter始めました。フォローお願いいたします。




スポンサーリンク





  はてなブックマークに登録する
Twitter始めました。フォローお願いいたします。