浴衣でデート・お出かけの前の準備をシミュレーション・初心者向け
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

浴衣でデート・お出かけの前の準備をシミュレーション・初心者向け

水色の浴衣を着た女性

夏の楽しみといえば、当然「海水浴」や「花火大会」ですね。

 

特に彼氏とお出かけとなれば、浴衣でお出かけしたいと思いますね。

 

「でも浴衣は初めてだし・・・」

 

「何年も前に着たことこがあるだけで不安・・・」

 

というゆかた初心者さん。

 

不安をなくして浴衣でデートを目指しましょう。

 

楽しくお出かけするためには、準備が欠かせません。

 

これからするお話を想像しながら、お出かけの準備について考えてみてください。

 

<想定しているデート>

 

お出かけ先は、自宅から2時間以内の「納涼花火大会」

 

8月10日(土)

 

午前中に出発してお昼ご飯を食べて、ちょっと遊んでから、夜7時に始まる花火大会への一日

 

お話の主人公は、浴衣初心者の里美さん、25歳

 

スポンサーリンク

 

6月下旬、浴衣と小物を購入する

 

今年は「ちょっといい浴衣が欲しい」と思ってる里美さん。

 

6月の下旬に、彼氏と一緒に駅前の百貨店に、浴衣と帯を買い求めに行きます。

 

店内にはものすごくすごくたくさんの数の浴衣があります。

 

どうやって決めたらいいか分からないので、店員さんにアドバイスをもらいます。

 

「浴衣と浴衣帯の合わせての予算で2万5千円くらい」と伝えます。

 

好みの色柄の中から選びます。

 

デート以外には、女友達と夏祭りや盆踊りも計画中です。

 

 

購入を決めた浴衣と帯

 

まず最初は、好みの浴衣を選んで顔移りを確認

 

選んだ一枚は、黒地で白系の花が散りばめられている浴衣。

 

もう一枚気にいったのが、深い緑色の縦線の入った大人っぽい浴衣。

 

帯は両面使えるタイプをすすめられ、店員さんに三本選んでもらいました。

 

二枚の浴衣に合わせてみて、コーディネートを確認。

 

浴衣はコーディネートしやすいと感じた、黒地の浴衣にしました。

 

帯は白地にピンクの市松模様、裏は緑色の無地のものを選びました。

 

着付けに必要な小物は、すすめられるままに7点セットをを購入しました。

 

これで着つける準備は完了です。

 

 

浴衣を着る練習をする

 

水色の浴衣を着た二人の若い女性

 

今シーズンは3回を目標に着たいから、自分で着られるようになりたい里美さん。

 

  • 「駅前に「あなたもできる浴衣ワンコインレッスン」の広告を見かけたので、行ってみようかな?」
  •  

  • 「ネットで調べたら、DVDでも簡単に覚えられるという口コミなので買うことにしようかな?」
  •  

  • 「でも仕事が遅いこともあるし、不器用な私はDVDで覚えられなかったら困るわ、やっぱり真剣に習おうかな?」

 

この三択でずいぶん迷います。

 

安いのはなんだか不安・・・ということでワンコインレッスンはやめることに。

 

迷った挙句、土日で通えるところで習うことにしました

 

 

浴衣デビューの目標は7月25日

 

「7月25日の最初の夏祭りに、高校の親友K子と行く」のが目標です。

 

慎重派の里美さんは、彼氏とデートの本番までに、浴衣デビューして練習しておきたかったのです。

 

 

浴衣着付けに必要なものを買う

 

先日購入したもので、すべてそろっていると思っていた里美さん。

 

ネットや本で調べてみると、まだ足りないものに気づきました。

 

いつものブラはあまりよくないらしいとわかり、スポーツ用のワイヤーパットなしを買いに行くことに。

 

足サイズが大きいので、恥ずかしいので下駄は一人で買うことにしていました。

 

別途履物やさんに行き、履き心地など店員さんと相談して、購入しました。

 

 

バッグや扇子もやっぱりほしい

 

浴衣のときは「籠巾着」を持ちたいと思っていた里美さん。

 

浴衣を買ったお店にもう一度行き、籠巾着をじっくり検討して購入。

 

扇子があると、和のおしゃれが完璧?っと予想して、買い足します。

 

お店には手ぬぐいもあり、可愛いものがいっぱいで三枚買ってしまいました。

 

でもなんだかウキウキ、お買い物楽しい!

 

あと、里美さんが気になっていたのが髪飾りです。

 

髪飾りは着付けができるようになったら、最後に決めることにしました。

 

 

最初の浴衣でお出かけの前日に

 

水色の浴衣を着たうちわを持った若い女性

 

友達K子との夏祭りは、明日になりました。

 

浴衣の着方を習ったけど、覚えているか再度復習してみます

 

持ち物に足りないものはないか、籠巾着の中身を確認します。

 

小さい財布、スマホ、手ぬぐい二枚、フェイスタオル一枚、折り畳傘(晴雨兼用)、扇子。

 

雨予報ではないけど、念のため傘を用意しておきます。晴れるといいなあ。

 

 

浴衣デビューの当日7月25日・準備

 

今日は会社がおやすみの土曜日、K子との待ち合わせは午後5時。

 

早めに準備しておこうと思い、2時にシャワーを浴びて、お化粧や髪のセットを始めます。

 

汗でお化粧が落ちないよう念入りに。

 

でも厚塗りにならないように心がけて。

 

エアコンをかけて室内を涼しくして、着付けにはいります。

 

全身の写る鏡の前で、復習しておいた着方と帯結びをします。

 

一番簡単そうなので覚えた結びだけど、まあまあの出来上がりです。

 

時計を見ると3時30分。

 

「ウフフ余裕だわ、これで安心」、と小さく笑みがでる里美さん

 

待ち合わせの時間に余裕をもって出発でき、しばらく近くの書店で時間をつぶしていました。

 

 

友達K子に褒められる

 

K子が洋服なのは知っていました。

 

本当は浴衣にしたいのだけど、準備できそうもないからと。

 

「自分も着たかった」と、とてもうらやましそうでした。

 

準備のかいがあったわ、と嬉しくなった里美さん。

 

夏祭りでは、屋台でたこ焼きと、フライドポテト、かき氷を食べました。

 

汚さずに食べられたので、ひとまず安心です。

 

なんだか視線を感じます。

 

特に男性から・・・?

 

それでなんとなくしとやかに振る舞ってしまうのです。

 

K子とお出かけで、浴衣姿に自信をつけた里美さんでした。

 

 

夏祭りのお出かけ帰ってから家で

 

下駄をはいた足は疲れたけど、すごくいい気分で帰宅できました。

 

さっと脱いで、ハンガーに浴衣と帯をハンガーにかけて、お風呂に入ります。

 

ルンルン気分で鼻歌も出ます。

 

「ちゃんとした片付けは明日にしよう」っと。

 

 

8月10日本番の彼氏とデートの花火大会・前日

 

花火大会打ち上げ花火

 

友達K子と夏祭りに行ったときと、全く同じ姿で行くことにしてあります。

 

だから準備も全く同じです。

 

一度経験していると、すごく安心感があります

 

あの時、不足だったり困ったことは特になかったから、「今回も絶対大丈夫」。

 

違うのは午前中から出かけるという点です。

 

念のため浴衣を着てみて、帯を締めてみます。

 

「うん忘れていない大丈夫」。

 

 

8月10日デート・花火大会当日

 

いよいよデートの当日になりました。

 

朝7時に起きて、シャワーを浴びて、お化粧、髪のセット。

 

浴衣の着付けも少し慣れてきました。

 

晴天になり、傘は必要ありません。

 

余裕で待ち合わせ場所につきました。

 

彼氏が車で迎えにきてくれ、ドライブを楽しみました。

 

11時半ごろ昼食の予約先へ到着しました。

 

海のそばなので、新鮮な海鮮料理がおいしく人気のお店です。

 

ほんとはビールが飲みたいよねっていいながら、舌鼓をうつ二人。

 

午後1時半お店を出て、水族館でしばらく遊びます。

 

花火大会会場までは車で1時間。

 

混雑が予想されるので早めに駐車場に止めて、見物の場所とりです。

 

屋台でいろいろ食べて、開始をを待ちます。

 

花火が始まると、あちこちから声援があがります。

 

連続の華やかな打ち上げと仕掛け花火で、驚きと喚声、どよめきで盛り上がります。

 

花火大会は午後8時に終わりました。

 

帰り道は混雑していたので、車で会場から出るのがたいへんでした。

 

いつもは褒め言葉なんてない彼氏だけど、帰りの車で一言「浴衣似合うね、可愛かったよ」と照れていました

 

その一言がとっても嬉しくて「やっぱり浴衣にしてよかった」としみじみ思った里美さんです

 

そして「準備をちゃんとしておいてよかった」と安堵しました

 

 

浴衣でデート・お出かけの前の準備をシミュレーション・初心者向け・まとめ

 

里美さんのように、浴衣お出かけする準備がちゃんとできていると、行った先で困ることはまずありません。

 

夜は暗いので、食べ物をこぼしてもわかりにくいですが、帯やひざに手ぬぐいを掛けておくと安心です。

 

里美さんは足に合うようお店で鼻緒をすげてもらったので、歩きやすかったようです。

 

下駄を購入したら、お出かけの前に一度は近所をはいて慣れておくといいですよ。

 




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する