子供(男児女児)の浴衣の着せ方と帯の結び方(カンタン蝶結び)を解説
スポンサーリンク

子供(男児女児)の浴衣の着せ方と帯の結び方(カンタン蝶結び)を解説

子供の浴衣の着せ方と兵児帯の結び方(リボン結び・蝶結び)写真つきで詳しく解説中

子供の浴衣の着せ方と帯の結び方を紹介します。

 

子供の場合は、浴衣の着せ方も帯の結び方もとても簡単。

 

そして男の子・女の子とも同じです。

 

結び方は「蝶々結び」「リボン結び」と呼び方に違いがありますが、どちらも同じ結び方です。

 

では具体的に着せ方と、兵児帯の結び方をお話しますね。

 

スポンサーリンク

Twitter始めました。フォローお願いいたします。

 

女の子の例で浴衣の着せ方を紹介します

 

子供の浴衣の着せ方と兵児帯の結び方(リボン結び・蝶結び)写真つきで詳しく解説中

◆ボディに着付けて説明します

 

子供に浴衣を着せるときは、汗取りための下着をつけてからにします。

 

浴衣の着せ方の手順

 

  • 浴衣に袖を通し、肩と背中をなでるようにし、浴衣が身体にぴったりつくようにする
  •  

  • 背中の中心の縫い目が、背中の真中にとおっているのを確かめる
  •  

  • 子供の右の衿を左脇にもっていき、ついている紐を左の脇から出す
  •  

  • そして左の衿を右脇にもっていく
  •  

  • 首の後ろの衿が首についているか確かめ、衿が首の真下で左右対称に合うようにする
  •  

  • 紐を体にぴったりつくようにし、後ろでひもを持ち替えて前で結ぶ
  •  

  • 結びめは蝶々結びでOK

 

 

兵児帯の結び方

 

子供の兵児帯

◆女の子用兵児帯

 

兵児帯は絞りが施してあるものは、シボの凹凸が出ている方が表で、胴の前や後ろの結びには、いつも表側が出るようにします。

 

 

1・胴に二周または三周

 

兵児帯は幅が広いので、三分の一に折ってから巻きます。

 

身体に二周または三周して、左右の残りの長さが同じ長さになるようにして背中で結びます。

 

 

2・背中でひと結び

 

子供の浴衣の兵児帯の結び方説明・背中でひと結び

◆背中でひと結びしたところ

 

背中でひと結びします。

 

上になる方と下になる方がわかると思います。

 

 

3・下になった方を羽根の形に

 

子供の浴衣の兵児帯の結び方・下になった方を羽根の形に

◆下になった方を羽根の形に

 

下になっている方を、結びめのすぐのところでたたむようにして「羽根」の形にします。

 

 

4・羽根の上にかぶせ蝶結びに

 

子供の浴衣の着せ方と兵児帯の結び方(リボン結び・蝶結び)写真つきで詳しく解説中

◆羽根の上からかぶせ蝶結びに

 

上になっている方を「羽根」の外側にかぶせてから、できた輪にいれて蝶結びにします。

 

全体のバランスを調整して完成です。

 

このとき、蝶々の羽根は、幅中央の表側がでるようにしてください。

 

柄のよいところが羽根になるはずです。

 

 

胴の前のところを三分の一に折りましたが、折らずにそのままでもOKです。

 

 

帯板をはさんでもOK

 

子供の浴衣の着せ方と兵児帯の結び方・帯板をはさむところ

◆子供の浴衣・胴の前に帯板をはさんでもよい

 

胴の前に帯板を挟んでもよいです。

 

小さいお子さん(6歳くらいまで)は、帯板を挟まない方が子供がらくでしょう。

 

 

帯を結ぶとき注意したいこと

 

着ていて楽だけどルーズにならないように、以下のことを気をつけてください。

 

  • 兵児帯を締めつけない
  • 帯の結びめは背中にぴったりつくように結ぶ

 

蝶々結びができたら、それを少しだけアレンジした結びもいかが?

 

こちらも難しくないですからやってみてくださいね。⇒「女の子(女児)の浴衣の帯結びアレンジを二つ紹介・とってもカンタン


Twitter始めました。フォローお願いいたします。




スポンサーリンク





  はてなブックマークに登録する
Twitter始めました。フォローお願いいたします。