子供の浴衣の丈を短くする「腰あげ」の方法!画像つきで解説
スポンサーリンク

子供の浴衣の丈を短くする「腰あげ」の方法!画像つきで解説

子供の浴衣の「腰あげ」の方法を写真つきで詳しく解説しています男児腰あげ

 

子供の浴衣のサイズを変更する、「腰あげ」の方法を紹介します

 

「腰あげ」は長さ(丈)の調整のために、生地をつまんでタックをとることです。

 

子供の成長は目覚ましいので、少し大き目の浴衣や着物を作るのが普通です。

 

そして今の体の大きさに合わせて、「あげ」をとって着せます。

 

成長したら「あげ」をほどいて、その都度ちょうどよいサイズになるように「あげ」を直します。

 

「腰上げ」の方法は男の子も女の子も同じ方法です。

 

スポンサーリンク

Twitter始めました。フォローお願いいたします。

 

腰あげの方法・男の子の浴衣の例で

 

上の写真は、1歳から3歳くらいまで着られる「一つ身ひとえ長着」と呼ばれる浴衣で、「腰あげ」をしてあるものです。

 

 

「腰あげ」の寸法の割り出し方

 

腰あげ

◆5図

 

まず腰あげの寸法を割り出します、5図参照。

 

浴衣の着丈から、子供の着丈(首の付け根から足のくるぶしまでの長さ)を引いた残りを、「あげしろ」とします

 

この二分の一が「あげ」の深さになります。

 

「腰あげの位置」は、着丈の五分の三を肩山から計って、そこを「あげ山」とします。

 

 

後ろ身ごろはまっすぐ

 

「あげ山」を中心にして、上下にあげの深さを計ります。

 

後ろ身ごろはあげの深さをまっすぐにとります

 

 

前身ごろ・上前の「あげ」のとり方

 

子供の浴衣の「腰あげ」の方法を写真つきで詳しく解説しています

◆6図

 

前身ごろでは、そのまままっすぐに通します、6図参照。

 

衿のところであげの深さに1センチを加えた寸法を測って、脇と斜めに結びます

 

上前(うわまえ)になる「おくみ」は、重なっている衿端をきちんとそろえます。

 

するとおくみ幅に少したるみがでるので、そのたるみ分を2本のひだをとって、身ごろがわに倒して落ち着けます。

 

上前(うわまえ)の「腰あげ」出来上がり写真です。↓↓

 

子供の浴衣の「腰あげ」の方法を写真つきで詳しく解説しています、上前の腰上げできあがり

 

 

前身ごろの、下前の「あげ」のとり方

 

子供の浴衣の「腰あげ」の方法を写真つきで詳しく解説しています、7図

◆7図

 

下前(したまえ)の「あげ」のとり方です、7図参照。

 

下前は、「おくみ」は衿端をそろえず、衿幅の二分の一だけずらして、軽くひだをとっておき身ごろ側にたおします

 

 

下前の出来上がり写真です。↓↓

 

子供の浴衣の「腰あげ」の方法を写真つきで詳しく解説しています、下前の腰上げできあがり

 

衿の先がちょっと出ているのがわかりますでしょうか?

 

 

子供の浴衣・腰上げの縫い方具体的に

 

<必要なもの>

 

  • 縫い針・木綿縫い糸(浴衣と同じ色)
  • マチ針
  • 糸切りばさみ
  • アイロン

 

 

腰あげ縫い方手順とポイント

 

  • 縫い糸は二本どりで、生地と同じ色糸で
  •  

  • 縫いはじめは衿の端に糸をかけて、針を向こう側に抜いて細かい針目で
  •  

  • あげは裾の方へ倒す
  •  

  • アイロンで押さえる

 

 

子供の浴衣に紐飾り

 

小さい男の子の浴衣、紐の飾り成長に願いを込めて

 

これは紐に施す紐飾りです。

 

白い紐をつけた後に、子供の健やかな成長を願いながら縫う飾りです。

 

 

丈を短くする「腰あげ」の方法・まとめ

 

男の子の浴衣も女の子の浴衣も同じ方法で「腰あげ」をします。

 

紐の飾りは江戸時代から昭和の初期ころまで、子供のすこやかな成長を願う魔除けとしてつけられていました。

 

他に数種類あります。

 

<関連ページ紹介>

 

袖が長い場合の「肩あげ」も、詳しく解説しています。

 

「子供の浴衣サイズを小さくする「肩あげ」の方法!画像つきで解説」


Twitter始めました。フォローお願いいたします。




スポンサーリンク





  はてなブックマークに登録する
Twitter始めました。フォローお願いいたします。