浴衣を着るのに必要なもの、最初の一枚の選び方と着付け(超初心者向け)
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

浴衣を着るのに必要なもの、最初の一枚の選び方と着付け(超初心者向け)

浴衣姿の若い女性・古い町並み散策OKしている笑顔

 

 

浴衣を着てみたいけど、最初は「何を用意したらいいかわからない」ですね。

 

また、浴衣の着付けが大変そうな気もしますね。

 

そこで、全く初心者の方に、

 

  • 最初の一枚をどう選ぶのか
  • 浴衣を着るのにどんなものが必要なのか
  • 着付けはどのようにするのか

 

この三点をざっくりと説明します。

 

このページを読んでいただくと、不安がなくなると思いますよ。

 

スポンサーリンク

 

最初の一枚・浴衣売り場の違い

 

浴衣は、百貨店やショッピングセンター、呉服屋さんなどで購入することになります。

 

最初は最低限必要なものを、まとめて用意してしまうのがよいですよ。

 

お店に行くと、商品がたくさん並んでいて複雑そうに見えますが、そんなことはありません。

 

お店の特徴を知って、自分に合ったところに行ってみましょう。

 

 

予算と時間があれば呉服店・百貨店へ

 

予算と時間に余裕があれば、呉服店か百貨店で、自分の好みを相談のうえ購入するのがよいです。

 

浴衣の生地から選んでいけ、知識のある店員さんと相談できます。

 

自分だけのコーディネートで、満足のいくお買い物ができるでしょう。

 

 

でも「忙しくて時間がない」「予算は限られている」

 

という方は、

 

 

デパートの浴衣売り場・ショッピングセンターの浴衣売り場へ

 

予算が数万円までという場合は、デパートの浴衣売り場やショッピングセンターの浴衣売り場へ行ってみましょう。

 

浴衣の生地選びができないこともありますが、出来上がった種類が多いのが特徴です。

 

帯や下駄とのセットの組み合わせの種類が多いのも特徴です。

 

 

浴衣売り場でどのように決めていくのか

 

青い浴衣姿の若い女性二人が微笑んでいる

 

決めていく順番は、

 

  1. 浴衣
  2. 小物
  3. 下駄

 

の順です。

 

 

最初に決めるのは面積の大きい浴衣

 

浴衣売り場に行ったら、まず浴衣、そして帯を決めます。

 

先に浴衣を選び、それに合いそうな帯を2〜3本選びます

 

試着してみて、コーディネートを確かめるといいですね。

 

最初の浴衣は、色数の多くないものがおすすめです。

 

店員さんのアドバイスも参考になります。

 

 

着付けの小物選び

 

浴衣と帯が決まったら、次は「着付け小物」を決めます。

 

着付けの小物は、セットになっているものと単品があります。

 

最初は「セット」になっているものでいいでしょう。

 

 

下駄選び

 

最後に下駄を決めれば、必要なものがそろいます。

 

下駄は、はいてみて痛いところがないのを確かめます。

 

二枚歯の下駄は初心者には歩きにくいので、草履のような底の下駄がおすすめです。

 

 

浴衣着付けの小物紹介

 

浴衣を着るときに必要になる小物を紹介します。

 

必ず必要になるものは以下の小物です。

 

浴衣の簡単着付け(着方)に必要なもの(超初心者向け)

 

  • 腰ひも2本
  • 伊達締(だてじ)め1本

 

最小限ならこれだけです。

 

案外少ないですよね。

 

 

腰ひもや伊達締めの代用品

 

腰ひもや伊達締めの代わりになる、ベルト状のものもあります。

 

浴衣の簡単着付け(着方)に必要なもの(超初心者向け)

 

上の写真の細いベルトは、腰ひもの代わりにするものです。

 

太いベルトは、伊達締めの代わりにするものです。

 

伸縮するので使いやすいという人もいます。

 

 

着付けのときあるとさらに良いもの

 

「もうちょっときちんと浴衣を着こなしたい」という人は、これもあるとよいですよ。

 

浴衣の簡単着付け(着方)に必要なもの(超初心者向け)、衿芯と帯板

 

写真の上が、「衿芯」、下が「帯板」です。

 

「衿芯」を入れると、首の後ろ側の衿のカーブがキレイに出て、シワもでません。

 

「帯板」は帯の前側を、平らにすっきりさせることができます。

 

 

簡単浴衣着付けの手順

 

浴衣の着付けの手順を、ざっくりと説明します。

 

こんな感じというのを知っておいてくださいね

 

  1. 下着をつけます。
  2.  

  3. ウエストのくぼみにフェイスタオルを巻きます。
  4.  

  5. 浴衣をはおり、下半身の前あわせをし、腰ひもを締めます。
  6.  

  7. 襟を合わせて腰ひも(二番目のひも)を締めます。
  8.  

  9. 伊達締めでおはしょりをととのえます。
  10.  

  11. 帯を締めます。

 

読んでみてどうでしょう。

 

なんだか簡単そうって思えませんか?

 

帯は、「作り帯」か「へこ帯」にするとカンタンです。

 

 

浴衣の簡単着付け(着方)に必要なもの・まとめ

 

「浴衣セット」になったものを選べば、一揃いになっているので迷わずにすみます。

 

必要になるものを知っておけば、浴衣を着るのは簡単そうと思えるでしょう。

 

ネットショップもよいですが、最初は現物を見て購入する方がよいと思います。

 

 




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する