浴衣の帯の結び方で簡単に結べる帯結びをマスターしませんか?
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

浴衣の帯の結び方で簡単に結べる帯結びをマスターしませんか?

うちわを持った青い浴衣姿の若い女性ひとり

これから浴衣をはじめたい方へ。

 

浴衣の帯を自分で結べるようになりませんか?

 

最初は誰でも「難しそう。。。」と感じます。

 

なので、最初の一歩として最も簡単に結べるものをやってみましょう。

 

この夏こそは、自分で結んだオリジナルな結び方でお出かけを。

 

扱いやすい「浴衣帯」で、簡単に結べるものを紹介しますね

 

手順に入る前に、まずはどんな帯が「浴衣帯」なのか概要を紹介します。

 

スポンサーリンク

 

浴衣のときの帯

 

浴衣に締める帯は、幅が15~17センチで、長さが3.5~3.8メートルくらいの帯を利用します

 

この形状の帯は「浴衣帯」または「半幅帯」と呼ばれます。

 

 

浴衣帯とは

 

「浴衣帯」というときは、薄くて軽く、浴衣に合うよう色が鮮やかな帯が多いです。

 

浴衣

 

このような鮮やかな色目以外にも、格子柄や花模様があるものなどもあります。

 

 

半幅帯とは

 

浴衣の帯の結び方で簡単に結べる帯結びをマスターしませんか?半幅帯の例

 

一方「半幅帯」は形は同じですが、袋状になっていたり裏地がついていたりします。

 

浴衣帯よりは厚みがあり、模様が複雑なものも多いです。

 

浴衣には、薄い生地で軽快な印象のものを合わせましょう。

 

 

浴衣帯で簡単に結べる帯結び紹介

 

では初めて自分で結んでみよう!という初心者さん向けおすすめを紹介します。

 

簡単な浴衣帯の結び二種類を紹介します。

 

  • 「リボン返し」
  • 「花角出し」

 

「リボン返し」だけでも覚えれば、自分で結んだ!という達成感でかなり満足できるはずです。

 

 

帯結びは胴に二巻きする

 

帯の形がどんなものでも、帯を胴に二巻きして引き締めてから形をつくっていきます。

 

胴に巻くときは、ぴったりと胴にフィットするよう巻いてください。

 

そして、体の前側で結んで形を作ってから、背中に半周回します

 

 

おすすめの浴衣帯結び「リボン返し」

 

最も簡単だと思えるのが、「リボン返し」という帯結びです。

 

では、やってみましょう。

 

 

胴に二巻きしひと結びする

 

浴衣の帯の結び方で簡単に結べる帯結びをマスターしませんか?リボン返し結び方

 

胴に二巻きして、体に密着するよう帯を引き締めます。

 

「手」(最初巻き始めた方)と「たれ」(手でない方)の長さがほぼ同じになるようにして、手の方が上になるようひと結びします

 

 

小さく羽根をとりちょうちょ結びする

 

浴衣の帯の結び方で簡単に結べる帯結びをマスターしませんか?リボン返し結び方

 

小さく羽根をとって(リボンを結ぶように)結びます。

 

ちょうちょ結びをするということです

 

羽根(リボン)になったところを軽くひらいて形を整えます。

 

羽根の大きさはだいたい15センチくらいです。

 

 

「たれ」を結びめの後ろから前に通す

 

浴衣の帯の結び方で簡単に結べる帯結びをマスターしませんか?リボン返し結び方

 

「手」と「たれ」のどちらか長い方の先を、結び目の後ろ側から前に通し、短い方も同じようにします。

 

リボン(ちょうちょ)結びの上に、手とたれの先がのって、全体にボリュームのある結びが出来上がります

 

全体のバランスを見ながら形を整えます。

 

 

右方向に背中に回し完成

 

浴衣の帯の結び方で簡単に結べる帯結びをマスターしませんか?リボン返し結び方

 

右方向に後ろに回して、背中の中心に形がくるようにすれば、リボン返しの完成です。

 

この結びは、歩くと「手」と「たれ」の先が動くので、軽快な印象になります。

 

若い女性にぴったりですし、どんな年代の方でもOKです。

 

 

おすすめの浴衣の帯結び「花角出し」

 

もうひとつ浴衣の帯結び、「花角出し」も簡単です。

 

見ための変化をつけやすいので、基本ができるようになったら、アレンジも試してみてください。

 

こちらもどんな年代の方でも合うのでぜひマスターしてください。

 

 

巻き始めの「手」を下にしてひと結び

 

浴衣の帯の結び方で簡単に結べる帯結びをマスターしませんか?花角出し結び方

 

手先を半分に折って35センチとって、胴に二巻きします。

 

手を下にしてひと結びします。

 

たれは肩にあずけておきます。

 

 

羽根をつくる

 

浴衣の帯の結び方で簡単に結べる帯結びをマスターしませんか?花角出しの結び方

 

手先を左(自分着るので自分の左側です)に向けて、たれをおろします。

 

そこにできた輪に手を差入れ、たれの元の近くをつかんで引っ張り出します。

 

引っ張り出したたれと、手先の長さが一緒になるように調整しながら、しっかりと結びます

 

今できたのを羽根と呼びます

 

羽根の元を開いておきます。

 

「たれ」だけが長く下がっています。

 

 

「たれ」を結びめの内側から二度と通す

 

浴衣の帯の結び方で簡単に結べる帯結びをマスターしませんか?花角出しの結び方

 

長い「たれ」を結び目の下から通します。

 

もう一度「たれ」を、結び目の下から通して、長さを調整します。

 

左右の羽根の先が均等にでていることを確認し、全体を整えます。

 

 

右方向に背中に回して完成

 

浴衣の帯の結び方で簡単に結べる帯結びをマスターしませんか?花角出しの結び方

 

右回りに回して、背中の中心に結びがくるようにして「花角出し」の完成です。

 

写真で見ると、リボン返しと同じような出来栄え?のようにみえるかもしれませんね。

 

でも花角出しの方がボリュームのある帯結びになります

 

写真の例だと、帯が赤と黄なので若い女性用ですが、シックな色調の帯や浴衣にすれば落ち着いた雰囲気になり、どんな年代の方にも合うことでしょう

 

 

「花角出し」結び方を変えずにアレンジすると

 

基本の「花角出し」が結べるようになったら、少しアレンジを加えてみてください。

 

あなただけのオリジナル結びが楽しめますよ。

 

浴衣の帯の結び方で簡単に結べる帯結びをマスターしませんか?花角出しアレンジ

 

基本の結びと変えたところはこの三点。

 

  1. 右側に見える羽根を赤にした
  2. たれを巻くとき赤い方が見えるようにした
  3. たれの最後の長さを短くした

 

同じ結び方ですが、色の出し方で雰囲気が違ってきましたね、あたなも試してみてくださいね。

 

<関連ページの紹介>

 

結び方をもう少し詳しく画像で説明しています。

 

(このページでは前で結ばず後ろで結んであげているところです。)

 

「花角出し」をシックな色目のカジュアル着物に結んでみるとこんな風になります。⇒「花角出し内巻き(半幅帯)の結び方とアレンジ・手順を写真入りで解説しました」




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する