下駄の鼻緒ずれで痛い!痛みの出やすい場所と予防・対策
スポンサーリンク

下駄の鼻緒ずれで痛い!痛みの出やすい場所と予防・対策 

下駄の鼻緒ずれの予防

「下駄でお出かけしたら、鼻緒のところが痛くって・・・」

 

下駄をはいて足が痛くなる経験をする人は少なくないです。

 

痛みがあると楽しさも半減してしまいますね。

 

とにかく「鼻緒ずれ」しないように、できる予防をしておきましょう。

 

  • 下駄で鼻緒ずれする理由
  • 足のどこに痛みがでやすいか
  • 予防と対策

 

について順にお話しますね。

 

スポンサーリンク

Twitter始めました。フォローお願いいたします。

 

下駄で「鼻緒ずれ」する原因

 

どうして下駄で「鼻緒ずれ」してしまうのでしょうか?

 

考えられる原因は、

 

  • 鼻緒の芯がかたい
  • 鼻緒の材料がかたい
  • 前つぼがきつい
  • 足指が慣れていない

 

などが考えられます。

 

原因が一つでないこともあるので、もう少し詳しくみていきますね。

 

 

下駄で足が痛くなる具体的な理由

 

  • 鼻緒の芯の素材が堅いと⇒足の動きに添わないので擦れて痛くなりやすい
  •  

  • 鼻緒の材料が固いと⇒⇒直接足にあたる素材がかたいと皮膚がこすれやすい
  •  

  • 前緒(前つぼ)がきつい⇒⇒指を圧迫し歩くたびに圧迫が加わるので痛みをおこしやすい
  •  

  • 足指が慣れていない⇒⇒素肌が鼻緒や台にすれて痛くなりやすい

 

他に歩き方が関係していることもあります。

 

靴と同じように歩くことで、足の裏や鼻緒にあたるところを傷めることもあります。

 

 

鼻緒ずれは何か所かでおこります

 

下駄の鼻緒ずれしやすいとろ

◆鼻緒ずれがおきやすいところ

 

下駄をはいて足が痛くなるのは、足の親指と人差し指の間だけだではありません。

 

多くの痛みはそこですが、鼻緒のあたるところはどこも擦れて痛くなる可能性があります。

 

画像のように、

 

  • 指の間
  • 前つぼから数センチのところ
  • 後ろつぼの少し前のところ

 

が擦れやすいです。

 

いったん擦れて痛みが出だすと、同じところが擦れ続けるので、痛みはおさまりません。

 

なので事前の対策が大切なのですね。

 

 

下駄の鼻緒ずれの予防・防止法

 

そこで、鼻緒ずれをおこさないためにはどうしたらいいでしょう。

 

 

最もよい予防法・すげてもらう

 

予防のために最もよいのは、専門店で鼻緒をすげてもらうことです。

 

履物の専門店では、下駄の鼻緒と台を選んでから、自分の足に合うよう鼻緒をすげて(取り付けて)もらえます。

 

自分の足にぴったりなので、痛くなることはまずありません。

 

 

鼻緒をすげてくれるお店がない場合

 

とはいっても、近くに専門店がない、すげてくれるお店がないこともありますね。

 

そんな場合は、すぐはける下駄を購入することになりますね。

 

下駄のサイズは靴のように細かい刻みがなく、女性の場合はMかL、あるいはフリーサイズくらいです。

 

この中から選ぶので、合わないこともあるわけです。

 

でもこの中から選ぶしかありません。

 

そこで、実際のお出かけ前に、こんな予防をしてみてください。

 

 

下駄鼻緒ずれの事前の予防法

 

下駄の鼻緒ずれ、事前の予防法

 

そこで初めておろす下駄は、出かける前にこんなことをしておきましょう。

 

<お出かけ前の予防法>

 

  • はいてみて鼻緒がキツイようであれば、手指を使って鼻緒を少しのばしみる
  •  

  • 屋外を数分間歩き足を慣らす、それを2~3回
  •  

  • 前つぼ(指で挟むところ、赤丸のところ)や鼻緒をもみほぐして固さをとっておく
  •  

  • 鼻緒の内側と足の甲にベビーパウダーをはたいておく
  •  

  • はくとき前つぼに足指を押し込まない(足指の股に1センチほど隙間をつくる)
  •  

  • 「鼻緒パッド」を利用する

 

 

ベビーパウダーがない場合は、「ろう」をすり込んでおいてもよいです。

 

 

痛みがでてきたときの対応策

 

はいていて痛くなりそうな気配がしたら、すぐに傷バンドをはります。

 

 

鼻緒ずれしにくい下駄の選び方

 

風情のある街並みでブルーの浴衣を着た一人の女性

 

下駄を選ぶときは、試し履きをして足に合うものを選ぶことが大切です。

 

ですが、少し試しただけでは分かりづらいです。

 

それでも鼻緒ずれをおこしにくい下駄というのはあります。

 

それは「鼻緒が広く柔らかい材質のもの」です。

 

最近は幅の広い鼻緒のものも出回っています。

 

 

下駄のサイズと歩くときの基本

 

さて最後に、下駄のサイズについて。

 

下駄はかかとが1~2センチはみ出して履くものです。

 

それを見込んで靴の適応サイズという表示がされているはずです。

 

そして歩くときは、親指と人差し指で前つぼをしっかりつかむようにして、歩くようにしてください

 

そうすると、疲れにくく背筋ものびやすくなりますよ!

 

 

下駄の鼻緒ずれで痛い!痛みの出やすい場所と予防・対策のまとめ

 

初めてはく下駄は、指の間や足の甲に鼻緒が擦れて、ひどい痛みになることがあります。

 

おすすめなのは、台と鼻緒を選んですげてもらいぴったりの下駄をはくこと。

 

事前にはいてみて、上記の予防法をしておくのをおすすめします。

 

傷バンドは持ってでかけると安心。

 


Twitter始めました。フォローお願いいたします。




スポンサーリンク





  はてなブックマークに登録する
Twitter始めました。フォローお願いいたします。