メンズ(男性)の浴衣の着付けと帯の結び方紹介!カッコイイ結び方
スポンサーリンク

メンズ(男性)の浴衣の着付けと帯の結び方紹介!カッコイイ結び方

男性浴衣着付け方・浴衣着装で片ばさみ

 

男性の浴衣姿は、とっても素敵!

 

いつもの旦那様(彼氏)も見違えるほど魅力的になることでしょう!

 

あなたが浴衣のときは、ぜひ浴衣を着せてあげてくださいね。

 

帯は簡単だけど粋な「片ばさみ」という結び方を紹介します

 

スポンサーリンク

Twitter始めました。フォローお願いいたします。

 

男性に浴衣を着せる

 

着付けボディは、女性のボディを男性用に補正したものです、その点ご了承ください。

 

まず浴衣の着方(着せ方)から説明します。

 

ご存知の方はとばしてください。

 

<用意するもの>

 

  • 浴衣
  • タオル
  • 腰ひも2本

 

下着について

 

下着は和装用のものがなくても大丈夫です。

 

普段お召の下着でかまいませんが、汗を吸収・発散させやすい素材がおすすめ。

 

汗かきの方は、半そで・ステテコを身につけていると快適です。

 

 

体型の補正について

 

体型補正用タオルと腰ひも 半分に折ったタオルに腰ひもを通している

◆やせている方にはタオルをまく

 

やせている方は、お腹周りにフェイスタオルやバスタオルを巻いて、腰紐で留めます。

 

上の画像はフェイスタオルを半分の幅に折って、腰ひもを通してあります。

 

こうして胴回りのくぼみを解消しておくと、帯が安定し浴衣姿が映えます

 

またタオルは汗とりを兼ねるので、よほどおなかがでっぷりとしていない限り、薄いタオルだけでも巻いておくとよいです。

 

 

浴衣の着付け詳細

 

浴衣を羽織って着ていきます。

 

浴衣を羽織り背の中心を合わせます

 

男性浴衣着付け、はおって背中心を合わせる

◆背中の縫い目は中心に

 

浴衣に袖を通して羽織ります。

 

襟の後ろをぴったりと首につけ、浴衣の背中の縫い目が中心になっているのを確認します。

 

 

前合わせを決め腰ひもを締めます

 

男性浴衣着付け、腰ひもを締める

◆腰ひもを締める

 

襟の先20センチくらいの位置を手に持ち、左手にもった衿先(男性の右側の身頃)を男性の左の腰にあてて手を離します。

 

次に右手に持った衿先(男性の左側の身頃)を、男性の右の腰にあてます。

 

腰紐をお腹のやや下に二巻きしてしっかり締め結びます

 

このとき後ろ(背の方)が少しあがるように巻きます。

 

背中にできたシワを左右によせてシワをとります。

 

上半身に少しゆとりのある状態にします。

 

最初に合わせた背中の縫い目が、中心を通っているのを確かめてください。

 

衿の合わせが、左右対称になっているのを確認します

 

 

男性の帯「角帯」で「片ばさみ」の結び方

 

 

男性の角帯の結びの中でも、簡単で結びやすい「片ばさみ」を紹介します。

 

 

「手」と「たれ」の長さを決めます

 

男性浴衣着付け、角帯で片ばさみを結ぶ説明

◆手先を半分にし胴に二巻き

 

「手先」は半分に折ります。

 

「手先」を22センチとって、胴に二巻きまたは三巻きします。

 

「たれ先」を25センチの長さにします。

 

帯の余分は最後の巻きの内側にいれて、長さを調整します。

 

 

ひと結びします

 

男性浴衣着付け、角帯で片ばさみ手を下にしてひと結びしたところ

◆てを下にしてひと結び

 

胴に巻き終わったら、体にぴったりつくよう帯を引き締めます

 

その後「手」を下にしてひと結びします。

 

 

「たれ先」を胴帯に差し込む

 

男性浴衣着付け、角帯で片ばさみを結んだところ

◆たれ先を胴帯の下に差し込む

 

「たれ先」を折り下げて胴にまいた帯の一枚下に差し込みます。

 

以上で「片ばさみ」という男性の帯結びのできあがり。

 

※帯が結べたら、脚を肩幅以上に開いて腰を落としておく(股割り)と歩きやすいですよ。

 

※もし帯が緩んできたら⇒⇒⇒着ている本人が両手を後に回し、出ている手先とたれ先を、斜め下に同時に引っ張ってください。

 

<関連ページ紹介>

 

他にも男性の帯結びを二種類紹介しています。

 

同じ角帯で結べますよ⇒メンズ(男性)の帯結び「貝の口」「浪人結び」を紹介・結んであげる


Twitter始めました。フォローお願いいたします。




スポンサーリンク





  はてなブックマークに登録する
Twitter始めました。フォローお願いいたします。