浴衣(ゆかた)を着る機会(チャンス)・ワクワクしながら楽しんで・着方の基本
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

浴衣(ゆかた)を着る機会(チャンス)・ワクワクしながら楽しんで・着方の基本

浴衣(ゆかた)を着る機会(チャンス)・ワクワクしながら楽しんで・着方の基本

浴衣(ゆかた)は日本の夏のおしゃれ着。

 

特に夕方から夜にかけてのイベントに皆さん着ていますね。

 

おしゃれのために装う浴衣ですが、蒸し暑い日本の夏を涼しく過ごすための衣装でもあります。

 

着物の仲間ですが、難しく考えなくても大丈夫。

 

洋服のTシャツとジーパンといった組み合わせと同じ感覚のものです。

 

ここでは浴衣に興味がある、今年の夏は着てみたいけど。。。という方に向けてのお話です。

 

着る機会(チャンス)をつくって、ぜひ楽しんでいただければと思います。

 

スポンサーリンク

 

浴衣の知識・昔は部屋着

 

浴衣の知識を少しだけお耳に入れておいてください。

 

昔は浴衣というのは、お風呂上がりのさっぱりした体に素肌に着用する家庭着でした

 

つまり外出用ではありませんでした。

 

色も白地や紺地のあっさりした柄のものばかりでした。

 

ですがファッション性・染色技術が高くなり、現代では外出着として認知されています

 

また色柄は、華やいだ模様・デザインの浴衣が主流です。

 

特に若い女性に人気の色柄ものが多くありますが、伝統的な染色の高級浴衣や絞り浴衣も変わらず人気です。

 

女性の浴衣の着方の基本

 

浴衣

 

浴衣を街着や外出着として着る場合の一般的な着方は、

 

汗を流したさっぱりした体に、吸湿性のよい下着をつけて、ウエストにフェイスタオルの補正をしてから着ます。

 

汗をかきやすい季節なので、下着をつけて汗が浴衣にしみこまないようにしましょう。

 

 

浴衣の下着について

 

下着は浴衣用のワンピースタイプのもの、肌じゅばんと裾除けでもOKです。

 

ない方は洋服のときの下着でもかまいません。

 

真夏の日中の外出では、気温が高く汗が噴出することがあります。

 

汗かきさんは脚の汗対策として薄手のステテコを着用すると快適です。

 

バストの大きい方は和装用ブラか、スポーツ用ブラでなだらかにしておきます。

 

 

ウエスト補正はおすすめです

 

浴衣も着物の仲間で、形状が同じです。

 

そのため、ウエストがくびれている方は、タオルを巻いて寸胴体型にしておくと見た目がすっきりします。

 

暑いですが、ウエストにフェイスタオルを半分幅にしたものを一枚はつけた方がよいです。

 

そうしておくと、寸胴体型に近づくだけでなく、紐のあたりが柔らかになります。

 

また上半身の汗を吸収する役目もあり、顔汗が出にくくなります

 

 

女性の浴衣の帯・半幅帯かへこ帯

 

浴衣(ゆかた)を着る機会(チャンス)・ワクワクしながら楽しんで・着方の基本・浴衣後ろ姿女性二人

 

帯は「半幅帯」か「浴衣帯」、または「兵児帯(へこおび)」を用います。

 

帯は長い一本のものを体に巻いてから結びをつくります。

 

結びの形ができあがった「つけるだけの簡易帯」もあります。

 

しかし簡易帯は、ほとんど蝶結びです。

 

個性的に装うには普通の帯を好みの結びにするのがよいです。

 

 

浴衣スタイルといえばアップに下駄

 

髪はアップスタイルにすると涼しげです。

 

また足元は、素足に下駄が一般的です。

 

ですが下駄は慣れないと傷つけやすいです。

 

初心者さんは、ミュールやサンダルでもかまわないでしょう。

 

 

浴衣を着る場所、楽しめる場所

 

浴衣(ゆかた)を着る機会(チャンス)・ワクワクしながら楽しんで・着方の基本・浴衣立ち姿女性

 

浴衣は主に、遊び着として皆さん楽しんでいます。

 

主に、「花火大会」や「夏祭」、「盆踊り」「縁日」といった屋外のイベント

 

あるいは、ビアガーデン、居酒屋、暑気払いなどの飲み会

 

夕方から夜にかけてのお出かけに最適です。

 

「気軽にお友達と楽しむ」といった集まりに向いています。

 

もちろんデートもOKです。

 

飲食店、展覧会、、野球・すもう観戦など

 

 

浴衣歓迎・割引・特典付きで楽しむ

 

夏になると、浴衣での来場者に「割引」があったり、「特典」が付いたりといったサービスがあります。

 

先に楽しめる場所としてあげたところでは、お祭り気分を盛り上げるのに浴衣の来場をすすめています。

 

飲食すると割引、入場料が割引、おまけがもらえるなど様々です。

 

 

観光名所ならさらに楽しめる

 

京都や奈良、鎌倉などの観光名所では、浴衣の貸し出しや特典を設けています。

 

浴衣姿になるのが心配という方は、観光名所で浴衣デビューがいいかもしれません。

 

 

普通の日でもきていいんですよ

 

またイベントだけでは着る機会が少ないですね。

 

だから、お休みの日など家庭で着てもいいんですよ。

 

夕涼みやお散歩、休日にカフェ・本屋へ浴衣でいってみるのも楽しいですよ。

 

 

男性の浴衣の基本の着方

 

男性の浴衣の着方についても付け加えますね。

 

浴衣

 

いつもの洋装のときとはちがう魅力が発揮できますから、浴衣で楽しんでください。

 

 

男性の浴衣スタイル

 

男性の場合は、身長にあった浴衣を選びます。

 

「兵児帯」または「角帯」で結び、素足に下駄をはきます。

 

 

男性浴衣の下着・補正

 

細身の男性は、ウエストまわりにフェイスタオルを半分幅にして巻き付けてくぼみを補正します。

 

ウエストに補正をすると、着姿や帯が安定します。

 

下着は浴衣用または着物用のもの、なければ洋装のときのものでかまいません。

 

吸湿性のよいものを選んでください。

 

男性は真夏用のステテコをはくとより爽快でしょう。

 

男性の浴衣の詳しい着方はこちら⇒「メンズ(男性)の浴衣の着方(着付け方)と帯結び「片ばさみ」を写真付きで説明中」

 

 

浴衣の楽しみ方・着方の基本のまとめ

 

女性も男性も、下着をつけてウエストをタオルで補正してから浴衣を着用するのがおすすめです。

 

タオルでウエスト補正をすると、紐のあたりが柔らかく、汗対策にもなります。

 

素足に下駄が基本ですが、不安な方はミュールやサンダルでも。

 

男性はゴム底の下駄風の草履でもOKです。

 

イベント以外にもデートや飲み会、休日の散策などでも浴衣をどうぞ。

 

<関連ページ紹介>

 

浴衣を着つけの入門として講座形式にまとめました。

 

6回になっていて第1回は⇒「講座「着付けのおけいこ入門・浴衣で入門」その1・スタンスと主な内容」

 

浴衣着付けで必要なものは?⇒「浴衣の簡単着付け(着方)に必要なもの(超初心者向け)」




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する