浴衣のときに合わせる帯を紹介、ゆかたの帯の種類を詳しく解説します

浴衣のときの帯、浴衣帯、半幅帯・名古屋帯・兵児帯紹介・合わせ方も

浴衣を着るときに合わせる帯を紹介しますね。

おしゃれな外出着として、主にイベントのときに着る浴衣は、帯の色柄も豊富です、

  1. 「浴衣帯」
  2. 「半幅帯」
  3. 「兵児帯」
  4. 「作り帯」
  5. 「名古屋帯」

帯のそれぞれの特徴を、例を見ながら紹介していきます。

最初は、最もポピュラーな「浴衣帯」からです。

スポンサーリンク


浴衣のときに合わせる帯「浴衣帯」

浴衣のときの帯紹介、浴衣帯

◆浴衣帯

「浴衣帯(ゆかたおび)」は、その名の通り、浴衣のとき結ぶ帯です。

一枚布でできていて、幅は16センチ前後、長さは約3.6メートル前後。

鮮やかな色目のものが多いです。

「浴衣帯」は、軽くて結びやすく、カジュアルな浴衣姿になります。

リバーシブルの「浴衣帯」もあります

浴衣のときの帯紹介、リバーシブル浴衣帯

◆リバーシブルの浴衣帯

こちらはリバーシブルになった「浴衣帯」です。

両面が使えるので、帯結び・胴の前側に出る方を変えることで、結びのアレンジを楽しめます。

浴衣に合わせる「半幅帯」

浴衣のときの帯、半幅帯

◆半幅帯

「半幅帯」は、幅は16センチ前後で、長さは約3.6メートル前後。

見た目はさきほどの「浴衣帯」とほとんど同じです。

「浴衣帯」との違いは、袋状になっていたり、芯を入れてあったりで、模様が多種多様なこと。

ですから日常に着る着物にも合わせる帯です。

長さが4mほどあるものは長尺帯とも呼ばれ、変化にとんだ帯結びができます。

半幅帯

◆半幅帯

こちらも「半幅帯」。

たくさん種類があるので、浴衣に合うものを好みで合わせます。

見た目が暑苦しくないものならOkです。

どう見ても秋冬用と思われるものは、もちろんやめます。

浴衣のときに合わせる「兵児帯」

浴衣のときの帯、ピンク色の兵児帯

◆兵児帯

幅が広く(30~35センチほど)、胴には半分に折って巻きつけ、蝶結びにするのが一般的。

浴衣帯のように見えるものもありますし、カラフルでふわっとした素材のものもあります。

浴衣のときの帯、兵児帯

◆浴衣用兵児帯

透明感のあるものだったり、ラメがはいっていたりと、華やかさを演出できます

兵児帯は結び方が簡単であることも、人気の理由でしょう。

落ちついた色目の兵児帯は年齢があがってもOK

浴衣のときの帯、落ち着いた色目の兵児帯

◆落ち着いた色目の兵児帯

「兵児帯」の色をやや地味にすれば、年齢が上がっても大丈夫です。

結び方をお太鼓風に写真のようなものにすれば、落ち着いた雰囲気になります。

兵児帯は、柔らかで優しい印象とカジュアル感が出ます

また、結んでいても体が楽です。

作り帯

「作り帯」というのは、あらかじめ結びが出来上がっている帯です。

  • 「浴衣帯の作り帯」は、ひもがついた胴の帯をつけてから、飾り結びを背中につけます
  • 「名古屋帯の作り帯」もあり、やはり胴の帯をつけてから、お太鼓の部分を背中につけます

帯結びになれていなくても帯をつけた姿になれるので便利です。

浴衣に合わせる「名古屋帯」は改まった印象に

浴衣に合わせる名古屋帯

◆名古屋帯

浴衣のとき、「名古屋帯」を合わせることもあります。

名古屋帯は、帯枕、帯揚げ、帯締めを利用して、お太鼓に結びます

昼間のお出かけなら、長じゅばんと足袋をつけて、着物と同じように着ると改まった印象に。

名古屋帯を合わせるときの浴衣は、上質の浴衣にし、着物のような着こなしもできると覚えておきましょう。

浴衣のときの帯、浴衣帯、半幅帯・名古屋帯・兵児帯紹介・合わせ方も

◆絞りの浴衣と白い名古屋帯

上質の浴衣というと、「絹紅梅」「絞り」「長板注染」と呼ばれるような浴衣です。

浴衣のときの帯、浴衣帯、半幅帯・名古屋帯・兵児帯紹介・合わせ方も

◆外出用の着物として着るときに必要なもの

その時は、長じゅばんを着て、白い足袋、草履をはいてバランスを取ります。

浴衣のときに合わせる帯を紹介、ゆかたの帯の種類を詳しく解説します・まとめ

浴衣のとき合わせる帯は、初心者の方は「兵児帯」「作り帯」がおすすめ。

帯の結び方がわかると、アレンジして楽しめるので、まず一つ結び方を覚えてみましょう。

上質な浴衣なら、着物と同じ外出着としても利用できます。

「浴衣帯」や「半幅帯」の結び方はとてもたくさんあります。

浴衣帯ならまずは簡単に結べるものを試してみては。

⇒「浴衣の帯の結び方で簡単に結べる帯結びをマスターしませんか?

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました