粋で上品な大人の浴衣の選び方着方・40代50代60代所作も
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

粋で上品な大人の浴衣の選び方着方・40代50代60代所作も

絞りの浴衣に麻の帯

 

「粋で大人っぽく上品に浴衣を着こなすためには、どうしたらいいかしら?」

 

そんな話題に、浴衣の達人の森荷葉(もりかよう)さんがアドバイスされていました。

 

「なるほど~」っと思うわず見入ってしまったので、その要点をまとめました。

 

浴衣は若い女性の、イベント用の衣装だけではありませんよね。

 

大人の女性ならではの浴衣の着こなしがあるはずです。

 

上質な浴衣は、落ち着いた年代ならではです。

 

また着物風に着て、昼間のお出かけを楽しむのもいいですしね。

 

では、大人の浴衣の選び方、着方、所作をお伝えします

 

スポンサーリンク

 

40代50代60代女性の浴衣の選び方

 

年齢的にすこしずつ体型が変わってくることもあります。

 

森荷葉(もりかよう)さんによると、「熟年になると華やかな柄を選ぶ方が似合う」そうです。

 

浴衣には洋服にない大胆な柄のものや、様々な色がありますから、大人になるほど浴衣の選べる範囲が広がるということになりますね!

 

 

浴衣選びには目的をもって

 

浴衣を選ぶときは、「何のために着るか」がわかっていると選びやすいです。

 

まず目的をはっきりさせておきましょう。

 

 

大人の浴衣におすすめな素材

 

大人の浴衣には高級感のある素材が適しています。

 

綿100%でなく、麻や絹の入った生地が高級感があってよいです.。

 

<選びたい生地>

 

  • 絞り(部分的に生地を絞って染めたもの)
  •  

  • 紅梅(こうばい・細かい糸と太い糸で格子状になったもの)
  •  

  • 絽(等間隔で隙間ができる生地)
  •  

  • ちぢみ(しぼが細かく入った生地)

 

の中から選ぶとよいです。

 

 

体型カバーのための柄の配置

 

40代50代となると、体型をカバーしたくなりますよね。

 

そのために最適なのが、左肩から胸にかけて柄がしっかりある浴衣です。

 

これならゆるんだ体型が目立たないのです。

 

また、ヒップの外側に柄が配置するのも、お尻の形をカバーできる秘訣です。

 

ここのところは特に覚えておきたい点ですね!

 

 

着物風に着る大人の浴衣

 

粋で上品な大人の浴衣の選び方着方・40代50代60代所作も

 

大人の浴衣は着物風に着ると上品な印象です。

 

そこで、名古屋帯・じゅばん・足袋を合わせ、帯締め帯揚げに色ものを用いて帯留めを組み合わせてみるのがおススメです。

 

 

体型カバーには大きな柄を

 

胸と肩に肉がついているので、そこをカバーするようにしたいですね。

 

そのためには、バストより大きいくらいの柄を選ぶとよいそうです。

 

また柄が大きいときは、色は控えめにするとよいとのことです。

 

 

粋に上品に着こなす三か条

 

粋に上品に着こなすためには、これだけは絶対におさえておきたいことです。

 

<粋に上品に着こなす三か条>

 

  • 下着にこだわる・・・胸をフラットにするようにスポーツブラや胸を抑える下着にする
  •  

  • 着付けにこだわる・・・お出かけ浴衣は衿芯を入れる
  •  

  • 帯にこだわる・・・半幅帯の結び方アレンジ(輪違片流し)、変わり銀座結び

 

着付け方は、着物と同じくらいの着付けを心がけるとうことですね。

 

このとき紹介された半幅帯結びのアレンジは、「輪違片流し」という結びで、かなり凝ったものでした。

 

変わり銀座結びは、太鼓山にタックをとってあるもので、軽く粋な雰囲気になっていました。

 

ありがちな帯結びでなく、手がこんでいそうな結びでランクアップしてということですね。

 

 

上品に見える所作やコツとは

 

博多半幅帯で貝の口結び

 

さて着物風に浴衣を着たら、所作にも配慮して上品に見えるようにしたいです。

 

<上品な所作>

 

  • 歩き方は履物の長さの分だけ前に出す程度の歩幅が上品。
  •  

  • ランチでの座席は、椅子席を選ぶ。
  •  

  • 風呂敷包みは左手で持つ。右手は上前押さえなどで空けておく。

 

椅子を選ぶのは、浴衣は座るとシワができやすいためです。

 

特に麻素材は、シワができやすいです。

 

麻の浴衣は、ヒップや足のシワがつきやすく、見栄えが悪くなってしまいます。

 

ですから椅子に座って、浴衣の崩れを予防するようにします。

 

 

浴衣割引でお得に楽しむスポット

 

粋で上品な大人の浴衣の選び方着方・40代50代60代所作も、お得に楽しむスポット

 

このとき、女性限定で、文化財の見学+高級ランチ+浴衣一式プレゼント+着付けも という内容で10,080円というお得なセットが紹介されていました。

 

そこは「目黒雅叙園」です。お昼ならとってもリーズナブル。

 

東京の話題でしたが、浴衣割引、抽選会などが開催されているそうです。

 

ことし2018年の夏も、同じようなイベントや企画がされているかもしれません。

 

管理人の地域では野球観戦が半額、相撲観戦で景品プレゼントなどもあります。

 

 

森荷葉さんの携帯品拝見

 

浴衣の達人森荷葉さんは、いつも携帯している実用品があるそうです。

 

それは

 

  • クリップ2個(袖を挟むため)
  • ばんそうこう(鼻緒ずれ用)
  • ウェットティッシュ(首の汗拭き、下駄拭き)
  • ビニール袋(ごみ入れ)
  • 風呂敷

 

風呂敷は包む以外にも、急な雨のときに帯にかぶせるなどして利用されているとか。

 

さすがの配慮ですね。

 

こうした身だしなみの心使いが、上品さをさらにアップさせるのですね。

 

 

粋で上品な大人の浴衣の選び方着方・40代50代60代所作もまとめ

 

熟年になると華やかな柄の方が似合うようになります。

 

左肩から胸にかけて柄が大きくある浴衣、ヒップの外側に柄が配置するものが体型カバーにうってつけです。

 

大人の女性に向く上品な浴衣は、麻や絹の入った生地です。

 

名古屋帯、じゅばん、足袋を合わせ、着物風に着ることで品のある大人の着こなしになります。

 

衿芯を入れ、胸をフラットにして浴衣を着ましょう。

 

帯結びを工夫して、浴衣姿をいっそう華やかなものにして楽しみましょう。

 

40代50代60代、今だからこその魅力で、上質浴衣を永く愛用してください。

 

 

テレビ東京系列局の番組L4you(レディースフォーユー)で。
とても勉強になりましたので報告します。

 




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する