「浴衣3点・5点セット」の注意点、フリーサイズで大丈夫?
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

「浴衣3点・5点セット」の注意点、フリーサイズで大丈夫?

浴衣を着た女性古風な街で

浴衣を初めて購入する予定なら、「3点セット」や「5点セット」というセットが選びやすいでしょう。

 

コーディネートに悩まなくて済むので、手軽に浴衣を始められます。

 

ただこうしたセットものを選ぶとき、ちょっと注意したいことがあります。

 

たとえ3点セットでも、セット内容にはお店によって違いがあるからです。

 

自分に必要なものがちゃんとはいっているでしょうか?

 

買ってから「しまった!」ということのないように、こんな点に注意してくださいね。

 

スポンサーリンク

 

浴衣のセットの内容はさまざまです

 

浴衣のセット販売で、一番多いセットが「3点セット」でしょう。

 

目につきやすい店頭に、まとめて吊るしてあるはずです。

 

まず「浴衣の3点セット」の内容はを見てみましょう。

 

 

浴衣3点セットの内容

 

うちわをもったゆかた姿の女性二人

 

浴衣の3点セットは、たいていは「浴衣と帯と下駄」の3点です

 

「浴衣と帯と下駄」は必ず必要になるので、このセットが多いのは確実です。

 

全く浴衣を着たことのない初めての人は、この3点セットの組み合わせでよいでしょう。

 

ですが注意してほしいのは、「下駄」でなく「帯締め」だったり「軽装帯」だったりすることがあることです。

 

つまり、

 

  1. 「浴衣」と「帯」と「帯締め」
  2. 「浴衣」と「帯」と「軽装帯」

 

帯や飾りをプラスしたいという人の3点セットもあるということです。

 

 

1)「浴衣」「帯」「帯締め」3点セット

 

このセットは、「帯締め」があるので大人っぽい雰囲気を出したい人によいと思います。

 

 

2)「浴衣」「帯」「軽装帯」の3点セット

 

帯だけでなく、「軽装帯」がセットされています。

 

「軽装帯」というのはお太鼓の形になった作り帯で、浴衣を夏の着物のように着こなすときのものです。

 

お太鼓の帯の形なので、この3点セットの場合は、浴衣が上質で落ち着いた雰囲気のものになっています

 

 

最もポピュラーな「浴衣と帯と下駄」の3点セットの特徴

 

初めて浴衣を着る人にとっては、「浴衣と帯と下駄」のセットがやはりよいでしょう。

 

お値段は数千円から2万円程度までの幅で求めやすいです。

 

このお値段の範囲での違いは何かというと、

 

高額なものは、生地質がよく、柄・デザインに高級感があり、帯がやや上等です。

 

セットの中の下駄は、どの価格帯でもほとんど変わりばえしません。

 

 

セットの中の下駄、注意点

 

「浴衣3点・5点セット」などで気をつけたいことをまとめました(初心者向き)

 

浴衣セットになっている下駄は、人によっては注意が必要です。

 

セットの下駄はフリーサイズで、23センチから24センチのに対応しているようです

 

そのため中くらいの足のサイズの人には、問題ないでしょう。

 

ですから足が大き目の人は、痛くて履けないこともあります。

 

また足の小さい人は、履きづらさを感じでしょう。

 

足のサイズが普通でない方は、セットの下駄は合わないことが多いです。

 

 

浴衣5点セットの内容と特徴

 

浴衣のセットには他に「5点セット」というセットもよく見かけます。

 

2点多いのでよさそうですが、内容は3点セットよりバラバラです。

 

 

何がプラスされているか

 

浴衣5点セットには、一般的な3点セットに、何がプラスされているかというと、

 

  • 腰ひもや着付けDVDがプラスされている
  • 髪飾りと帯締めセットされている
  • 帯板と衿飾りがセットされている

 

など、お店によってさまざまです。

 

 

さらに「7点」「10点」セットもある

 

近年では飾り物が華やかになっているので、「7点セット」「10点セット」など、セットの内容が多いものも出ています。

 

セットの内容の点数は、多くなればいいというものでもありません

 

今シーズンだけのおしゃれ!としてモデルさんのようにかわいくコーディネートしたいなら、「豪華10セット!」という選び方もありでしょう。

 

内容によって、すでに持っているものと重複するかどうかは確認が必要ですね。

 

 

セットの浴衣サイズについての注意点

 

うちわをもったゆかた姿の女性二人

 

浴衣セットの浴衣のサイズは、主にフリー(F)と表示されていることが多いです。

 

MやLの表示もありますが、このごろはフリー(F)が増えています。

 

 

フリーサイズの浴衣で大丈夫?

 

フリー(F)の場合はこのサイズのみ、誰でも着られそうではあります。

 

洋服でMやLサイズをいつも着ている人は、フリーサイズでまず問題はないでしょう。

 

というのも浴衣のフリーサイズは、裄丈(ゆきたけ)67~68センチ、袖丈49センチ、着丈163~165センチの表示がほとんどだからです。

 

この表示だと身長155センチくらいから170センチくらいの人までが着られます

 

  • これより低い人⇒着られますがおはしょりが多くなり、袖が長く感じられる。
  • 身長170を超える人⇒裾を短くすればなんとか着られる。

 

 

細身の人はダブダブということも

 

浴衣の身幅は誰でも着られるようにということで、かなり余裕をもって作られています。

 

そのため細身の方には幅が広すぎると感じるかも。

 

だいたいヒップが100センチくらいの方まで、フリーサイズは着られるようになっているはずです。

 

フリーなのかMなのかLなのか、忘れず確認してください。

 

セットになっているものは試着できないものもありますので、ご注意ください。

 

 

セットの帯の注意点

 

うちわをもったゆかた姿の女性ひとり微笑む

 

浴衣セットの帯は、「作り帯」の場合と「普通の浴衣帯」の場合があります。

 

 

「作り帯」

 

全くの初心者の方で帯を結べないという方は、帯が作り帯(造り帯)になっているものが便利です。

 

帯のつけ方は、説明書が添付されているはずです。

 

 

「普通の浴衣帯」

 

作り帯でなく、普通の帯がセットされている浴衣セットもあります。

 

普通の帯の場合は、自分で結ぶか誰かに結んでもらうことになります。

 

結び方の解説付きなら安心です。

 

 

「浴衣3点・5点セット」の注意点、フリーサイズで大丈夫?まとめ

 

浴衣のセットものを選ぶときは、浴衣と下駄のサイズ確認を。

 

特にセット内容が7点、8点それ以上と多いものは、手持ちのものと重複しないか内容をチェック。

 

「作り帯」もよいですが、普通の帯に挑戦してみるのもいいですよ。

 

手持ちのものとの組み合わせを考えると、浴衣バリエーションが増え楽しいです。

 

 




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する