「浴衣3点・5点セット」の注意点とは・フリーサイズで大丈夫?
スポンサーリンク

「浴衣3点・5点セット」の注意点とは・フリーサイズで大丈夫?

浴衣を着た女性古風な街で

浴衣を初めて購入するなら、「3点セット」や「5点セット」というセットが選びやすいでしょう。

 

コーディネートに悩まなくて済むので、手軽に浴衣を始められます。

 

ただこうしたセットものを選ぶとき、ちょっと注意したいことがあります。

 

たとえば「3点セット」でも、セット内容にはお店によって違いがあるからです。

 

自分に必要なものがセットになっているでしょうか?

 

買ってから「しまった!」ということのないように、こんな点に注意してくださいね。

 

スポンサーリンク

Twitter始めました。フォローお願いいたします。

 

浴衣のセットの内容はさまざまです

 

浴衣のセット販売で、一番多いのが「3点セット」でしょう。

 

目につきやすい店頭に、並んでいます。

 

まず「浴衣の3点セット」の内容を見てみましょう。

 

 

浴衣3点セットの内容

 

うちわをもったゆかた姿の女性二人

 

浴衣の3点セットは、たいていは「浴衣と帯と下駄」の3点です。

 

「浴衣と帯と下駄」は必ず必要になるので、このセットが多いのは当然です。

 

全く浴衣を着たことのない初めての人は、この3点セットの組み合わせでよいでしょう。

 

ここで注意してほしいのは、「下駄」でなく「帯締め」だったり「軽装帯」だったりすることがあることです。

 

つまり、以下の三点セットということです。

 

  1. 「浴衣」と「帯」と「帯締め」
  2. 「浴衣」と「帯」と「軽装帯」

 

帯や飾りをプラスしたいという人の3点セットもあるということです。

 

 

1)「浴衣」「帯」「帯締め」3点セット

 

このセットは、「帯締め」があるので大人っぽい雰囲気を出したい人によいと思います。

 

 

2)「浴衣」「帯」「軽装帯」の3点セット

 

帯だけでなく、「軽装帯」がセットされています。

 

「軽装帯」というのはお太鼓の形になった作り帯で、浴衣を夏の着物のように着こなすときのものです。

 

お太鼓の帯の形なので、この3点セットの場合は、浴衣が上質で落ち着いた雰囲気のものになっています

 

 

最もポピュラーな「浴衣と帯と下駄」の3点セットの特徴

 

初めて浴衣を着る人にとっては、「浴衣と帯と下駄」のセットがやはりよいでしょう。

 

お値段は数千円から2万円程度までの幅で求めやすいです。

 

このお値段の範囲での違いは何かというと、

 

高額なものは、生地質がよく、柄・デザインに高級感があり、帯がやや上等です。

 

セットの中の下駄は、どの価格帯でもほとんど変わりばえしません。

 

 

セットの中の下駄、注意点

 

浴衣セットによくある下駄

◆浴衣セットによくある下駄

 

浴衣のセットのうち、人によっては下駄が一番注意が必要です。

 

セットの下駄はフリーサイズで、23センチから24センチのに対応しているようです

 

ですから中くらいの足のサイズの人には、問題ないでしょう。

 

足が大き目の人は、痛くて履けないこともあります。

 

また足の小さい人は、履きづらさを感じるでしょう。

 

足のサイズが中くらいでない方は、セットの下駄は合わないことが多いです。

 

 

浴衣5点セットの内容と特徴

 

浴衣のセットには他に「5点セット」というセットもよく見かけます。

 

2点多いのでよさそうですが、内容は3点セットよりバラバラです。

 

 

何がプラスされているか

 

浴衣5点セットには、一般的な3点セットに何がプラスされているかというと、

 

  • 腰ひも着付けDVDがプラスされている
  • 髪飾り帯締めセットがプラスされている
  • 帯板衿飾りがセットセットされている

 

など、お店によってさまざまです。

 

自分に必要なものかどうか、よく確かめてくださいね。

 

 

さらに「7点」「10点」セットもある

 

近年では、「7点セット」「10点セット」など、セットの内容が多いものも出ています。

 

セットの内容の点数は、多くなればいいというものでもありません

 

「豪華10点セット!」という点数の多さはうれしのですが、主に着飾る小物が増えているだけというのもあります。

 

今シーズンだけ豪華におしゃれ!するとしても、セット内容をよく確認してみてくださいね。

 

 

浴衣サイズについての注意点

 

うちわをもったゆかた姿の女性二人

 

浴衣セットの浴衣のサイズは、ほとんどフリー(F)サイズです。

 

ときにM、Lを見かけることがあります。

 

 

フリーサイズの浴衣で大丈夫?

 

フリー(F)の場合は、誰でも着られるという意味です。

 

洋服でMやLサイズをいつも着ている人は、フリーサイズでまず問題はないでしょう。

 

というのも浴衣のフリーサイズは、裄丈(ゆきたけ)67~68センチ、袖丈49センチ、着丈163~165センチの表示がほとんどだからです。

 

この表示だと身長155センチくらいから170センチくらいの人までが着られます

 

  • これより低い人⇒着られますがおはしょりが多くなり、袖が長く感じられる。
  • 身長170を超える人⇒裾を短くすればなんとか着られる。

 

 

細身の人はダブダブということも

 

浴衣の身幅は誰でも着られるようにということで、かなり余裕をもって作られています。

 

そのため細身の方には幅があまってしまいます。

 

だいたいヒップが100センチくらいの方まで、フリーサイズは着られるようになっているはずなので。

 

セットの浴衣は試着ができないため、ご注意ください。

 

細くて背が低い方は、フリーサイズでなくMサイズを探したほうがよいと思います。

 

 

セットの帯の注意点

 

うちわをもったゆかた姿の女性ひとり微笑む

 

浴衣セットの帯は、「作り帯」の場合と「普通の浴衣帯」の場合があります。

 

 

「作り帯」

 

全くの初心者の方は、帯が作り帯(造り帯)になっているものが便利です。

 

帯のつけ方は、説明書が添付されているはずです。

 

 

「普通の浴衣帯」

 

普通の浴衣帯は、自分で結ぶか誰かに結んでもらうことになります。

 

結び方の解説があれば、あらかじめ何度か練習しておきましょう。

 

 

「浴衣3点・5点セット」の注意点とは・フリーサイズで大丈夫?まとめ

 

身長・足のサイズが中くらいの人は、浴衣のセットものでまず大丈夫。

 

足のサイズによってはセットの下駄は合わないこともあります。

 

小柄で細い人は、浴衣と下駄が大きすぎると感じるかもしれません。

 

特にセット内容が7点、8点それ以上と多いものは、飾り物として必要かどうかをチェック。

 

着方を練習して、安心してお出かけください。

 


Twitter始めました。フォローお願いいたします。




スポンサーリンク





  はてなブックマークに登録する
Twitter始めました。フォローお願いいたします。