浴衣を通販で買うとき迷ったら・選び方は好みのキーワードを
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

浴衣を通販で買うとき迷ったら・選び方は好みのキーワードを

ブルーの浴衣を着た若い女性一人古い街並み

「通販で浴衣を買いたいけど、お店がいっぱいありすぎてどこにしたらいいかわからない」

 

「浴衣が欲しいけど通販で買うのってちょっと不安だしどう選ぶといいのかしら」

 

となかなか購入できずに迷っていませんか?

 

ここでは自分の好みを知って、予算にあった浴衣を通販で選ぶヒントをお話します。

 

スポンサーリンク

 

浴衣を通販で購入するための最初の一歩は

 

浴衣を通販で購入するとき、まず最初にすることは、自分の好みを知るということです。

 

手でさわったり着てみることができないので、通販の場合は、数あるお店の中から選ばなくてはなりません。

 

よさそうなのを・・・と漫然と考えていると、いくらでも候補があがり決断がなかなかできません。

 

ほしいのはこれは!という浴衣を見つけるためには、これから出てくる項目の中から「そうそう」と思える項目をピックアップして、頭の中を整理してください。

 

これは、あなたの「好き」を見つける作業にもなります。

 

1)誰が見てもカワイイと思える浴衣がいい。

 

2)古典的な着物のような柄の浴衣がいい。

 

3)ブランド品、有名デザイナーのものがいい。

 

4)初心者向け、オーソドックスなものがいい。

 

5)年齢相応のものがいい。(30代向き・40代向きなど)

 

これらの中からいくつかピックアップできたでしょうか?

 

自分の好みや欲しい浴衣を見つけるために、今度は次の作業もやってみてくださいね。

 

 

自分の色の好みやこだわり


 

うちわをもったブルーの浴衣を着た二人の女性

 

浴衣を着るなら「紺色がいい」「赤色がいい」とか思ったことはありませんか?

 

洋服のときの好みではなく、浴衣はお出かけ着、遊び着としての衣装です。

 

冒険してみたい色も含めて興味のある色目を考えてくださいね。

 

雑誌を見ると、はっきりした色が多いと思いますが、それは華やかに見せるためのテクニックのひとつかもしれないです。

 

雑誌のモデルさんに似合うとしても、自分に合うかどうかはわかりませんね。

 

今すでに浴衣を持っていれば、その色以外の色が欲しいんじゃないでしょうか?

 

様々な色の浴衣がありますが、若い女性に人気の浴衣の色は、ピンク色、白色、黒色、紫色の地色の浴衣でしょう。

 

40代以降には、紺、茶、グリーンの地色が人気のようです。

 

あくまで自分の着てみたい色を候補にあげてメモしておきましょう。

 

クサイと言われないために、殺菌と制汗方法についてはこちら→クサイなんて言わせない♪『アクアデオ』

 

素材から浴衣を見ると

 

浴衣は夏に着るものなので、素材は吸湿性のよい木綿がほとんどです。

 

木綿以外にも、麻や絹を混ぜた生地もあり、肌触りや質感もよいものが出ています。

 

浴衣選びの一部で、素材とお値段の関係についてもおさえておきたいので、マメ知識として紹介します。

 

薄い木綿の生地 < 厚めのしっかりした木綿の生地・縮(ちぢみ) < 綿紅梅(めんこうばい)と呼ばれる格子状に織られた生地・綿絽< 絞り・絹紅梅(きぬこうばい)と呼ばれる格子状に織られた生地

 

という順でお値段的には上がります。

 

木綿以外の素材

 

木綿以外の浴衣の素材には、ポリエステルと麻があります。

 

ポリエステルは吸湿性があまりよくないです。

 

そのため暑い季節に着ると、蒸し暑く感じたり、背中や太ももに汗がしたたり落ちることがあり、不快感に思うことがあります。

 

ただ近年ではポリエステルでも、特殊加工をして、吸湿性を高めたものが出ていますので、不快感も減っているようです。

 

ポリエステルの利点は、シワになりにくく洗濯機でも洗えるという点です。

 

ほかに浴衣の素材には、麻があります。

 

木綿と麻の混紡のもの「綿麻」は、木綿と麻のよさを併せ持っていて、木綿よりもさらにさらっとした感触になります。

 

麻のざらっとした感触もあり、涼しさを感じやすい素材です。

 

麻だけのものは「本麻」と呼ばれることが多いですが、麻だけで織られた生地は、肌に触れた心地は一番涼しさを感じられます。

 

汗を吸いやすく、生地が吸った汗をすぐに発散するので、真夏の蒸し暑さのときはとても快適です。

 

素材からみた浴衣のキーワード

 

素材からみた浴衣のキーワードは、「木綿」「縮」「綿紅梅」「綿絽」「絞り」「絹紅梅」「ポリエステル」「綿麻」「本麻」です。

 

素材からも浴衣を選びたいときは、これらのキーワードをメモしておいてください。

 

 

柄も重要!というならこう選ぶ

 

うちわをもったブルーの浴衣を着た二人の女性後ろ向き

 

浴衣の色よりも、柄の方が見た目的に大切という声も聞こえてきそうです。

 

たしかに素敵!とかカワイイ!といった印象の中に、柄は大きな要素になっていますよね。

 

可愛さや、若々しさ、弾むような気持ちになる浴衣が欲しいとなると、「華やかな花や蝶が乱舞している」色は明るい黄色、赤、ピンクなどを多色に用いたものが多くなります。

 

すっきりとした姿にしたいときは、柄は昔からある「キキョウ」「朝顔」「花火」「水玉」といった夏らしい柄がよいかと思います。

 

柄が大切なら柄のキーワードを出す

 

「柄が大切」っと考えるなら、あなたの希望する柄のキーワードを出しておきましょう。

 

例えば、「薔薇」「蝶」「なでしこ」「朝顔」「キキョウ」「桜」「ユリ」「雪花」「花火」「水玉」などですね。

 

こんな柄のものを着てみたいと思ったら、それをメモしておきましょう。

 

 

単品それともセットで欲しい?

 

浴衣を着るには、帯、下駄、腰ひも(またはそれにかわるベルト)が必需品です。

 

そのため全く初めて浴衣を着るのであれば、一つひとつを選んでいると時間もかかるうえ、難しく感じるかもしれません。

 

こだわりの一品を見つけるにはいいのですが、面倒な気持ちになることもあるかもしれません。

 

そういうときは、浴衣を着るのに必要なものがセットになっていれば安心です。

 

いわゆる「浴衣のセット」ですね。

 

どんなセット内容になっているのかは、しっかりと確認しておきましょうね。

 

またすでに浴衣を着る一式があって、これからも求めるものが二枚目三枚目であれば、浴衣単品で選べばいいですね。

 

単品で選ぶときは、今までメモしてきたキーワードを参考にして探します。

 

さて、ここまでくればあとは検索です。出てきたキーワードで検索すればいいですね。

 

 

既製品では物足りないならセミーダー、お誂えも

 

とてもほっそりしている体型の方、ふくよかで大柄、あるいは背が高いという体型の特徴がある方や、自分にぴったりのサイズがほしいという人は、セミーダーお誂えという手もあります。

 

通販でもセミーダーやお誂えを受けているお店がありますので、自分用にちゃんと仕立てたものが欲しいなら、そうしたキーワードもメモしておきましょう。

 

セミーダーやお誂えは、作ってもらう時間がかかりますので、着ていく予定より早めに注文をしておくのを忘れないでださい。

 

自分用に出来上がった浴衣は、サイズぴったりで着心地満点です。

 

こだわりの浴衣をひとつは欲しいというときも、反物だけ選んで、仕立てを依頼することになります。

 

まとめと

 

長々と話してきましたが、まとめるとすっきりしますよ。

 

まず今までの中で、あなたが欲しい浴衣のキーワードがいくつか出たはずです。

 

色は「白地」(色は地の色で書かれることが多いため白地・黒地・赤地などのキーワードにします。)

 

柄は「キキョウ」と考えたとします。

 

素材は「綿紅梅」に、二枚目の浴衣だから単品で。

 

誂えはお値段もかかりそうだから、既成のもので。

 

という場合、白地 キキョウ 綿紅梅 浴衣 とメモしたキーワードを並べてみます。

 

ここまで絞り込んでおくと、欲しい浴衣は素早く見つかります。

 

これだけのキーワードを検索窓にいれて検索してみれば・・・

 

これらの要素を持った浴衣を販売しているお店のサイトが出てきますね。

 

今まで漫然としていた欲しい浴衣のイメージが、これで形になってきます。

 

お誂え トールサイズ 10,000円 などの希望のキーワードを入れてもいいですね。

 

 

こうして自分の好みを整理しておけば、お目当ての浴衣を探すのも楽になります。

 

通販で浴衣を買うときは、こうして自分の好みをはっきりさせていくのが一番早い方法です。

 

迷いに迷うのも楽しいですから、こうした作業をして楽しくお買い物をしてくださいね。

 

※ただしあまりキーワードが多いと、求めるものがでてこないことがあります。




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する