浴衣(ゆかた)の仕立ては6月中旬までに頼むと安心・あつらえのメリット
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

浴衣(ゆかた)の仕立ては6月中旬までに頼むと安心・あつらえのメリット

浴衣(ゆかた)の仕立ては5月に頼むとお得なワケ

浴衣(ゆかた)を着るのは7月下旬、それでも仕立てを頼むならいつがいいと思いますか?

 

それは5月から6月中旬までです。

 

ちょっと早いような気がしますが、大きなメリットがあります。

 

ここでは「早めに浴衣の仕立てを頼んでおくメリット」についてお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

浴衣(ゆかた)の仕立てを6月中旬までに頼むのはなぜか

 

「今年は新しい浴衣にしたいな」と思ったら、

 

ゴールデンウイークの終わるころには浴衣選びを始めるといいですよ。

 

浴衣を着てお出かけするのは、主に7月と8月ですが、

 

実際に着る前に用意ができていると、安心感が違います。

 

 

仕立てに3週間〜1か月を見込んでおきたい

 

浴衣の仕立てを依頼すると、だいたい3週間〜1か月かかるのが普通です。

 

また仕立ての前、反物(浴衣の生地)を決めるのにも時間がかかるはずです。

 

あれこれきっと悩むはずです。

 

そんなことを考えると、浴衣の仕立て上がりまでに、1か月以上は欲しいのです。

 

<仕立て上がりまで1か月の目安>

 

  • 5月の初旬〜中旬にお店を見て回る ⇒ 反物を選ぶ(これで約2週間)
  •  

  • 仕立てを依頼する(サイズを測ったり、仕立て方を決める) ⇒ 仕立てあがる(これで3週間〜1か月)
  •  

  • トータルで1か月以上、5週間ほどかかる

 

浴衣を着るのが7月7日なら、6月の初旬には浴衣探しをはじめるという計算です。

 

 

6月中旬までに浴衣仕立てを依頼するメリット

 

6月の中旬まででなく、できれば5月中に仕立てを頼むのがメリットが大きいでしょう。

 

7月に入ったらすぐ着られるということを考えると、5月中に決めるのがいいです。

 

というのも、早いくらいの方がメリットが大きいからです。

 

<5月中に決めるメリット>

 

  • 時間の余裕があるので、お店の人から専門的な話を聞いて納得した買い物がしやすい
  •  

  • 仕立てを頼む人が少ない時期なので、丁寧に仕立ててもらえる可能性がある。
  •  

  • 6月に入ると浴衣の繁忙期、その前なら選べる範囲が広い。
  •  

  • 早割キャンペーンなどで反物や仕立て代の割引があることもある
  •  

  • いち早く開催される夏のイベントに、慌てずにお気に入りの仕立てた浴衣を着ることができる。

 

ですから浴衣を仕立てたいとお考えなら、5月になったら探し始めても早すぎません。

 

でも、仕立てるとなるとけっこう高いんですよね。。。

 

 

浴衣の仕立て代はいくら?

 

浴衣(ゆかた)の仕立ては6月中旬までに頼むと安心・あつらえのメリット

 

確かに浴衣の仕立ては高いです。

 

プレタポルテ(仕立て上がり)の浴衣に比べると、二倍、三倍?もするかもしれません。

 

そこで、その値段がやっぱり高いのかどうか、ご自分にとってメリットはないのか一度考えてみてください。

 

 

浴衣仕立てにかかる価格の目安

 

もっとも気になるのは仕立て代でしょう。

 

ちょっと比較してみましょう。

 

  • ミシンや機械でのハイテク仕立てなら、8,000円くらいから12,000円くらいまで
  •  

  • 一部手縫いでという仕立て方なら、プラス2,000円〜5,000円くらい
  •  

  • すべて国内で手縫いでとなると、15,000円〜20,000円くらい

 

2017年4月現在での相場ですので参考にしてください。

 

浴衣を仕立てるといっても、裁断して縫うだけではありません。

 

縫うための準備にも手間がかかっています。

 

仕立て方については「浴衣を反物から仕立てるメリットや費用のこと」の「浴衣の仕立て方」の項目に詳しく書いています。

 

選びに選んだお気に入りの反物(ゆかた生地)、きちんとした仕立てをしたいですね。

 

 

出来上がり(プレタポルテ)と仕立ての違い

 

出来上がりの浴衣と仕立ててもらう浴衣の違いにも着目してみましょう。

 

プレタポルテ(仕立て上がり)の浴衣は、見た目は同じでも和裁の仕立て方をしていない場合があります。

 

仕立てを専門家に頼むと、以下のような点で着心地がよくなるでしょう。

 

  • 自分の体のサイズに合わせて仕立てるので、着付けしやすく着心地がいい。
  •  

  • 仕立てを頼めば、「きせ」があり「衿がしゃんとして」いて仕上がりが美しいです。
  •  

  • 仕立て前の生地の下ごしらえがきちんとしてあるので、洗濯で生地に狂いが生じにくい。
  •  

  • 柄合わせなども考慮してもらえ、最良の仕立て上がりを考えてもらえる。
  •  

  • 生地の余裕があれば、袖の長さ、丸みの変更、着丈を余分にとるなど好みを加えることができる。
  •  

  • 「いしきあて」をつけることができるので、傷みやすいヒップの生地や糸が長持ちする。

 

自分の体にぴったり、好みにぴったりの浴衣を作ることができるのは、仕立て(あつらえ)ならではです。

 

 

体型に特徴がある方は特に仕立て向き

 

青い浴衣で街歩きをする若い女性微笑んでいる

 

浴衣を自分にあった仕立てにした方がいい方があります。

 

それは体型に特徴がある人です。

 

例えば、

 

  • 下半身に比べ上半身が大きい
  • ヒップより太ももの周囲が広い
  • とても痩せているという方

 

です。

 

また小柄・背の低い方も、プレタでは大きすぎることもあるようです。

 

もちろん普通の体型の方も、プレタの浴衣はサイズ展開が少ないので、より着心地のよいものを求めて仕立てるのはいいですね。

 

また大人っぽい上質の生地の浴衣は、仕立て上がり(プレタポルテ)は少ないです。

 

そのため好みの仕立て上がりのものは探しても見つからないという大人の女性も、生地選びから入って仕立ててもらうのがベストです。

 

自分にぴったりサイズの飽きの来ない浴衣を選んでおくと、永く着用できますから、コストパフォーマンス的によいかもしれませんね。

 

 

浴衣(ゆかた)の仕立ては6月中旬までに頼むと安心・あつらえのメリットのまとめ

 

5月に入ったら浴衣選びを始めるのが一番いい。

 

理由は、反物選びから仕立て上がりまでひと月以上かかるので、6月中旬までに行動すると良いものを入手しやすい。

 

豊富な種類の中から選べ、丁寧な仕立てが期待できる。

 

7月上旬に仕立てあがりの目途とし、いち早いイベントから着用できる。

 

浴衣の仕立て代は方法によって、8,000円〜18,000円ほどが相場。

 

自分の体型に合い、好みを取り入れられる仕立て(あつらえ)は、着心地よく永く着られる。

 




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する