浴衣を反物から仕立てる・費用やメリットのことを考えてみる
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

浴衣を反物から仕立てる・費用やメリットのことを考えてみる

浴衣を着て微笑む若い女性手荷物を持っている

 

初夏5月下旬ともなると、浴衣の販売が始まります。

 

今年の流行色やトレンドはどんな浴衣かしら?と興味がわきますね。

 

「仕立てあがりの浴衣」のよいところは、

 

すぐに着用でき、お手頃価格であること、コーディネートしやすいことでしょう。

 

若い女性に人気のデザインが多いです。

 

でもあなたの浴衣歴が何年かになるなら、今度は自分用に仕立ててみてどうでしょう。

 

自分用に仕立てると、体にぴったりで着心地が抜群ですよ

 

とはいえ[時間もかかりそうだし頼みにくい」と感じるかもしれませんね。

 

呉服店の敷居って高いですもんね。

 

そこでここでは、浴衣を反物から仕立てるにあたってのメリットや費用のことなどを考えてみますね

 

まずは費用の面から。

 

スポンサーリンク

 

浴衣を仕立てる(誂える)費用

 

浴衣を仕立てようとすると、まず一番に気になるのはお値段でしょうか?

 

仕立てるというと、とても特別なことのように感じますからね。

 

出来上がった浴衣に比べ、どうしてもお値段は高くなりますが、

 

その分自分にぴったりで、好きな生地を選べる喜びもあります。

 

 

浴衣仕立ての費用のおよその目安

 

では具体的にどれくらい費用がかかるのかみてみましょう。

 

浴衣の仕立ての費用は

 

  • 「手縫い」
  • 「半手縫い」

 

手縫いは全部手で縫うことで、費用は1万5千円程度から2万円ほど。

 

半手縫いは、直線などミシンで代用できるところはミシンで縫うことで、費用は1万2千円程度から1万5千円ほど。

 

(半手縫いはハイテク仕立てとか他の名称になっていることもあります)

 

 

仕立て以外の費用

 

仕立て以外の費用もかかります。

 

  • 「いしきあて(ヒップの生地の傷み防止につける布)」をつける場合⇒1,000円ほど
  • 浴衣の反物代⇒1万円前後から6万円万くらいまで

 

反物の主流は2~4万円ほど。

 

 

浴衣の仕立て方、手順は?

 

青白のバラ柄の浴衣と夏の帯

 

浴衣の仕立て方について、具体的な話をしますね。

 

そこには縫うだけでない作業が含まれているので。

 

 

浴衣の仕立ての下準備

 

浴衣を仕立てやすいように、あらかじめ水を通して縮ませておく必要があります。

 

水通しをして濡れた布の布目を整えるため、アイロンを全体にあて整えます。

 

これが下準備です。

 

※この下準備がしていないと、初めて洗ったときに丈が数センチ縮むことがあります

 

 

浴衣の仕立て方、順序

 

下準備後、着る人の身長や身幅などに合わせて、反物に寸法を記します。

 

和裁用のヘラや切りじつけをしていきます。

 

反物を袖、身頃、衿、おくみと分けて切断し、印に合わせて縫っていきます。

 

熟練された人なら印つけから縫い終わりまで、1日もかからないでできます。

 

浴衣は裏地がないので、早くできそうな気がします。

 

ですが、縫い代を倒したあとを縫いとめていかねばならず、案外時間がかかるものです。

 

裏地のある着物の半分の時間、というわけにはいきません。

 

 

「柄合わせ」も仕立てる前の大事な仕事

 

そのうえ「柄合わせ」をあらかじめすることになると、ここに時間がかかります。

 

「柄合わせ」というのは、いかに柄のよいところを見栄えのするように配置するかと考えることです。

 

生地を切ったあとではできないので、あれこれ反物の配置を考慮します。

 

背中や上前などの人から見えやすいところに、よい柄の出るよう考えます。

 

仕立てに1日としても、この柄合わせで数時間かかることもあります。

 

 

浴衣の反物選びについて

 

浴衣の生地は、「反物」として販売されています。

 

反物は幅が38センチほどで、12~13メートルくらいの長さがあります。

 

長いので棒状のものに巻いてあります。

 

 

反物選びは好み優先

 

浴衣選びはまず反物からはじめます。

 

気に入ったものの顔うつりを確かめるのが普通です。

 

「自分の好き」を優先させて選べばよいでしょう。

 

 

採寸と依頼の仕方

 

風情のある街を歩く浴衣姿の若い二人の女性

 

浴衣の生地(反物)を決めたら、さっそく採寸をします。

 

洋服のような細かな採寸はしないので、体型に特徴がある人は、その点を必ず伝えておいた方がよいでしょう。

 

たとえば、

 

  • 「胸の幅が厚い」
  • 「ヒップの周りより太ももの周りの方が太い」
  • 「バストがとても豊か」

 

といったような特徴があればです。

 

体の特徴は話にくいものですが、自分にぴったりのものを作るために伝えるようにします。

 

というのも、採寸をした人が必ずしも仕立てるわけではありませんので。

 

呉服の世界では、昔ながらの採寸法から割り出した標準の目安で仕立てられることが多いです。

 

中肉の人は問題ないのですが、体型に特徴のある人はぴったりにできあがりません。

 

 

普通に仕立てて失敗した事例

 

以前私の着付け教室にお越しになった方で、こんな事例がありました。

 

反物を購入した呉服屋さんで採寸してもらったにもかかわらず、仕立てあがった浴衣は身ごろの合わせが浅すぎて前がはだけてしまうほどでした。

 

せっかくお誂えをしたというのに、身幅が狭すぎてご自身にあっていませんでした。

 

ご本人が何も言わないので、標準の仕立てをしたのだと思います。

 

結局「このままでは着られない」と判断して、仕立てたばかりなのにお直しすることに。

 

こんな残念なことにならないようにしてくださいね。

 

 

不安、不明な点を解決して

 

体型にぴったりのものが出来上がるよう、不安や不明な点は残さず聞いておきましょう。

 

また生地が残るようなら返してほしいということも、伝えた方がいいでしょう。

 

出来上がりの日時、費用を確認して依頼します。

 

 

浴衣を自分のために誂えるメリット

 

浴衣を反物から仕立てると、そのメリットや費用のことを考えてみる、絞りの浴衣と名古屋帯

 

自分のためにあつらえるという喜びは大きいと思います。

 

  • 自分の好みで反物を選べる(生地質も含めて)
  • ぴったりのサイズに仕立てることができる
  • 反物には古典柄、高級感のある柄が多い

 

などのメリットがあるので、うれしいことです。

 

 

誂えのデメリットは?

 

デメリットもあります。

 

  • 一度や二度着るだけなら高価すぎる
  • 反物選びに時間がかかる
  • 仕立て上がるまでに時間がかる

 

時間と予算に余裕がないと難しいですね。

 

 

浴衣を反物から仕立てる・費用やメリットのことを考えてみるまとめると

 

仕立て上がり浴衣がたくさんある現代ですが、自分のために仕立てる(誂える)という選択もあります。

 

自分の体にぴったり合ったあつらえ浴衣は、着心地がよく見栄えもよいです。

 

出来上がるまでに時間はかかりますが、愛着がわくと思います。

 

良質のものを永く着続けるスタンスの人向きです。

 

反物選び、お店との付き合いが経験でき、自分の着物サイズを知るきっかけにもなります。

 

伝統的な柄、高級感のある生地を選んでおくと、浴衣でだけでなく「夏の着物」としても利用できますよ。

 

浴衣の着用範囲が広がります。

 

きらこ よしえ

 




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する