旅館や温泉の浴衣は「簡単ゆかた」男女の着方は?マナーもね!
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

旅館や温泉の浴衣は「簡単ゆかた」男女の着方は?マナーもね!

温泉浴衣の着方男女の説明で女性浴衣姿後ろ

 

旅館に宿泊するときの「浴衣」、難しいかも?と気がかりでしょうか。

 

旅館にある浴衣は、一般的な浴衣とはちょっと違います。

 

普通の浴衣よりシンプルなデザインで、誰でもかんたんに着ることができますよ!

 

「温泉浴衣」とか「簡易浴衣」ともいいます。

 

いわば「温泉浴衣」は旅館での部屋着です。

 

旅館にある浴衣の着方と温泉地でのマナーを知って、楽しい休日を!

 

スポンサーリンク

 

温泉旅館の浴衣の特徴

 

温泉浴衣・簡易浴衣着方男女

 

旅館に置いてある浴衣は、多くは男女兼用の色柄です。

 

大人用、子供用がありますが、どこもほぼ同じデザインです。

 

 

温泉浴衣の例

 

温泉浴衣・簡易浴衣4サイズ

 

これは某旅館の選べる浴衣の例です。

 

大人用は男女共通のデザインと柄で4サイズから選べました

 

帯は、紺と赤のみ。

 

大人のサイズは、身長に合わせて4サイズが一般的です。

 

 

温泉旅館の簡易浴衣・デザインの特徴

 

普通の浴衣との違いは何かというと、

 

  • 衿は薄くやわらかい
  • 袖付けにゆとりがある
  • たもとが短い

 

ことです。

 

おはしょり(長さ調節)はなく、脱ぎ着しやすいのが特徴です。

 

合わせる帯もちがいます。

 

  • 細く柔らかいもので伊達締めににている帯

 

です。

 

温泉浴衣の着方

 

男女とも袖を通して、右の衿を下(内側)に合わせて、帯を結ぶだけ。

 

 

男性の温泉浴衣の着方

 

少し具体的に、男性の温泉浴衣(簡易浴衣)の着方からお話します。

 

温泉浴衣・簡易浴衣着方男女

 

<ざっくりとした説明> 

 

  • 袖に腕を通す
  • 衿と背中をぴったり体につける
  • 右側の衿を体につけてから、左の衿をつける
  • 帯を腰に二巻きしてから結ぶ
  • 結びめは右方向に後ろにまわす

 

以上でOKです。

 

↓↓もう少し詳しく知りたい方は↓↓

 

<男性・温泉浴衣の着方>

  1. 下着を着て袖に腕を通す
  2.  

  3. 首の後ろに衿をつける
  4.  

  5. 衿の左右の長さを同じにして、右の衿先を左の腰に持っていく
  6.  

  7. その上に左の衿先を右の腰に持っていく
  8.  

  9. 衿の合わせは、のどのくぼみのすぐ下になるように合わせる
  10.  

  11. 帯の中心を下腹につけて、身体に二周(または三周)する
  12.  

  13. 前で蝶結びか片結びし、右方向へ後ろにまわす

 

そして、おしゃれに着こなすには、

 

結び目は真うしろでなく、左右どちらかに少しずらしたところにする

 

帯は腰骨のすぐ上に、やや後ろあがりに巻くとスマートな印象に

 

衿の合わせ方は男女・子供みな一緒です

 

必ず自分の右側を先に体につけてから、その後に左側を重ねます

 

 

女性の温泉浴衣の着方

 

温泉浴衣・簡易浴衣着方男女

 

女性の着方も男性とほぼ同じです。

 

違うところは以下の2点です。

 

  • 衿の後ろを首から少し離しす
  • 帯は前で蝶結びにする

 

 

寒いときは「羽織」をはおる

 

寒い季節は、用意してある羽織を浴衣の上に着ます。

 

羽織の紐は蝶結びにしましょう。

 

 

サイズ変更はすぐに

 

まず身長に一番近いものを選びます。

 

着てみてくるぶしより裾が長いと歩きにくいので、交換しましょう。

 

また着方がわからない場合は、教えてもらえますよ。

 

 

温泉地でのマナー

 

温泉地では、旅館の浴衣を着ての外出はOKになっています。

 

履物は、「下駄」または「ぞうり」の用意があります(ゴムスリッパのことも)。

 

 

歩くときの注意

 

下駄で歩くときは、特に坂や階段が危ないのでご注意くださいね。

 

衿が開いて胸元が開く、裾がはだけることがあるので、特に女性は注意してください。

 

 

マナーについて

 

浴衣・帯・羽織は旅館が貸してくれるものなので、持ち帰りできません

 

 

旅館や温泉の浴衣は「簡単ゆかた」男女の着方は?マナーもね!まとめ

 

温泉旅館では、浴衣を簡易にしたものが用意されています。

 

温泉浴衣は、男女も子供も、右衿を先に左衿を後に合わせます。

 

男性は帯の結び目は結んでから右に回して後ろにします。

 

浴衣で外出可能であれば、散策や外湯を楽しんでくださいね。

 

<関連ページ紹介>

 

衿合わせは普通の浴衣のときと同じ、でも分からなくなったら。。。

 

「浴衣(ゆかた)の前・襟合わせはどっちから?間違わない覚え方はこれ」




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する