名古屋帯(なごやおび)・形状や種類について(着物用語)

名古屋帯(なごやおび)着物用語

名古屋帯は女性が外出用の帯結びとして「一重太鼓」を結ぶときの帯です。

「一重太鼓」は通常「お太鼓結び」といいます。

名古屋帯は、名古屋の女学校の先生が考案したため、

「名古屋帯」と名称され、広く全国に広まることになりました。

ここでは、着物用語としてざっくりと説明しますね。

スポンサーリンク


名古屋帯の特徴

名古屋帯は身体に巻く部分は、帯幅が半分の幅で胴に巻き付けやすい形状です。

そしてお太鼓が素早く形作れるようになっています。

この帯が考案されるまでは、

途中から半分に仕立ててある形の帯はありませんでした。

そのため従来の帯より、生地が少なくて済み、

長さもお太鼓専用の長さにして、生地を節約してあります。

当時は非常に斬新で、合理的な帯だったことから、

急速に全国に広まっていったそうです。

主に染め帯

染めの名古屋帯 昭和初期 ぼたんの刺繍

◆染めの名古屋・ぼたんの刺繍入り

名古屋帯の多くは染め帯です。

お太鼓を形成しやすいように、芯を入れて仕立てます。

カジュアルになら「袋名古屋帯」

袋名古屋帯 お太鼓柄

◆袋名古屋帯 お太鼓柄

他に「袋名古屋帯」とよぶ名古屋帯があります。

これは、太鼓になるところを、袋状にして端を閉じた仕立てで、

芯はいれません。

そのかわり生地を厚くして、お太鼓が形づくりやすいようにしてあります。

「袋名古屋」は締めやすく、軽いのが特徴で、

カジュアルな着物の装いに向きます。

「新名古屋帯」もあります

また「新名古屋帯」といわれる、表裏が別布で、

袋帯に良く似た帯もあります。

柄の入り方で呼び分ける

  • 帯全部に柄のあるタイプを「全通柄の名古屋帯」
  • 6割くらいに柄のあるタイプを「六通柄の名古屋帯」
  • お太鼓と前の胴帯部分のみに柄のあるものを「ポイント柄の名古屋帯」または「お太鼓柄の名古屋帯」

と呼び分けています。

「名古屋帯」のさらに詳しいことは、以下の関連ページをご覧ください。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました