伊勢型紙・繊細でち密な型紙/製作工程(着物用語)
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

伊勢型紙・繊細でち密な型紙/製作工程(着物用語)

江戸小紋柄の例(伊勢型紙による染め)

「伊勢型紙」は主に江戸小紋を染めるのに使う型紙で、三重県の伊勢地方(鈴鹿市)で作られています

 

伊勢型紙の歴史は1000年以上前で、

 

着物の文様になくてはならないものとして、武士や町人に重宝がられてきました。

 

伊勢型紙は、美濃和紙を三枚重ねて、柿渋で貼りあわせて強度をもたせ、

 

錐など数種類の彫り道具を用いて、非常に細かい連続模様を彫ります。

 

スポンサーリンク

Twitter始めました。フォローお願いいたします。

 

江戸小紋柄が有名

 

着物の文様としてよく知られているのは、江戸小紋柄です。

 

そのうち、鮫小紋・通し小紋・行儀小紋などをはじめ、

 

千筋(せんすじ)・万筋(まんすじ)などの、非常に細かいたて縞の模様が品格があり有名です。

 

 

型地紙の工程について

 

型地紙の製作工程は大きくこの四つです。

 

  1. 法造り(ほづくり)
  2. 紙つけ
  3. 乾燥
  4. 室干し(むろがらし)

 

200枚から500枚の和紙を重ね規格寸法に裁断し、

 

3枚の和紙を紙の目に従ってタテ・ヨコ・タテとベニヤ状に柿渋で張り合わせる。

 

それを桧の張板にはり天日で干す。

 

乾燥した紙を燻煙室へ入れ、約1週間いぶし続けることで伸縮しにくいコゲ茶色の型地紙に。

 

さらにもう一度柿渋に浸し天日乾燥→室干しの後、表面の点検という工程を経て型地紙になる。

 

この間準備もふくめて全工程に2~3ヶ月かかる行程です。

 

 

伊勢型紙の彫刻技法

 

江戸小紋柄の例(伊勢型紙による染め)

◆江戸小紋柄の例(伊勢型紙による染め)

 

型紙はたて20cm横40cmの大きさの型紙に、びっしりと小刀で模様を彫っていきます。

 

技法は四種類。

 

  • 縞彫り
  • 突彫り
  • 道具彫り
  • 錐彫り

 

これらの彫りを駆使して、繊細でち密な柄ができあがります。

 

基本の型紙の大きさのものを彫るのに、熟練した彫り師でも3週間から60日もの期間がかかります。

 

 

染めの技術も熟練の技

 

出来上がった型紙を反物におき、刷毛で色を染めていきます。

 

どの線もぶれがなく、そしてどこにも途切れるところがないように、連続していなくてはなりませんので、

 

染めの技術にも熟練を要します。

 

伝統工芸品(用具)の指定を受ける

 

型紙を作るには高度な技術と根気や忍耐が必要になります。

 

昭和58年4月には、通商産業大臣より伝統的工芸品(用具)の指定をうけました。

 

今でも江戸小紋柄は、お茶の世界でも着物の世界でも、なくてはならない伝統的な美しい柄。

 

伊勢型紙の技術を継承している人は、減少傾向にあるそうです。

 

 

伊勢型紙資料館

 

実物は「伊勢型紙資料館」で見ることができます

 

江戸時代末期の建物で白子屈指の型紙問屋であった「寺尾斎兵衛家の住宅」を修復した、「伊勢型紙資料館」が三重県鈴鹿市にあります。(平成9年開館)

 

寺尾家は江戸時代から伊勢型紙の生産から販売までを行い、行商範囲は東北地方から関東一円にも及んでいました。

 

寺尾家住宅は、型紙関係の商家としてまた町家建築の代表例として、市史跡に指定されています。

 

この由緒ある建物は、寺尾正一氏から寄贈を受けたものです。
(伊勢型紙資料館HPより)

 

型紙資料などが収蔵・展示されています。

 

<伊勢型紙資料館>

 

  • 住所:三重県鈴鹿市白子本町21-30
  • 利用時間:見学は10時~16時
  • 休館日:月曜日、火曜日、第3水曜日(ただし、月曜日のみ休日の場合は開館)、年末年始
  • 入館料:無料

 

 

 

 


Twitter始めました。フォローお願いいたします。




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



  はてなブックマークに登録する
Twitter始めました。フォローお願いいたします。