絵羽模様(えばもよう)とは/仕立て方と種類(着物用語)

絵羽模様とは(着物用語)振り袖姿の女性

着物を広げると、「一枚の絵」のように見えるよう模様が描かれていることをいいます。

着物の上部は、衿、肩胸、袖の縫い目をわたって模様が続きます。

着物の下部は、後ろ身頃、前身頃、衽(おくみ)へと、縫い目をわたって模様が続きます。

おもに、自然の風景、花や鳥、おめでたい柄が描かれます。

絵羽模様の着物の種類は「振り袖」と「訪問着」です。

仕立て方と種類についてかいつまんでお話します。

スポンサーリンク


絵羽模様の着物の仕立て方

絵羽模様の着物を仕立てるには、

まず白生地をいったん着物の形に仮仕立てします。

模様を決めてから、絵を描き、装飾を施します。

その後着る人に合わせて、着物に仕立てます。

絵羽模様の着物の種類・格

絵羽模様は格の高い着物(礼装および盛装)に用いられます。

模様の配置によって、

  • 総模様
  • 裾模様
  • 肩裾模様

があります。

「総模様」は、着物全体に模様があるものをいい、

振袖や花嫁衣裳の打掛、訪問着がこれにあたります。

特に振袖や花嫁衣裳は、模様全体が華やかで豪華です。

「裾模様」は黒留袖や色留袖です。

上半身には模様がなく、下半身にのみ模様がつながっています。

「肩裾模様」は現代ではほぼありません。

肩と裾に絵羽模様を配した模様付けの一種です。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました