浴衣と着物の違いは何ですか?よくいただく質問です

青い浴衣を着た若い女性古い町並みにて

「着物」と「浴衣」っていったいどこが違うの?一緒じゃないの?

今さら聞きづらいということで、こっそり質問をいただきます。

それもかなり頻繁にいただくので、ここでまとめておきますね。

「浴衣」と「着物」、一言でその違いを説明するのは難しいので、簡潔に順を追ってお話します。

まずは浴衣と着物のそれぞれの特色を、かいつまんで説明します。

スポンサーリンク


浴衣(ゆかた)の特徴

浴衣の女性二人

◆浴衣の女性二人

  • 浴衣は夏に着る主に木綿生地です
  • 浴衣は着物の一種です
  • 着物の形と浴衣の形状は同じです

昔は、お風呂上りに素肌に着るもので、そのまま寝巻としました。

昭和30年代ごろまでは、パジャマでなく浴衣を寝巻きとして着る人は多かったです。

主に白地か紺地のものばかりでした。

現代の浴衣

現代では「浴衣は夏の遊び着」として定着しています

おしゃれを競うように装うようになってきたので、様々な色のものがあります。

素材は木綿が主体で、裏地のない仕立て方は変わりません。

着物の特徴

着物を着た女性ふたり

◆着物を着た女性二人

次に着物の特徴です。

  • 着物は浴衣と同じ形状です
  • 着物は、裏地のないものと裏地のあるものがあります
  • 下着に長じゅばんを着てから着ます

着物はどれも同じ形ですが、染め方、織り方で様々な用途の着物になります。

浴衣と着物の決定的な違い!

着物も浴衣も見た目の形は同じで、浴衣も着物の仲間。

ではどこに違いがあるかというと、決定的な違いとしていえるのは、

浴衣は内側に着るものが下着だけですが、着物は長じゅばんを必ず着ます。

これが大きな違いです。

またもう一つの決定的な違いは、

寝巻きにもできるのが浴衣で、そうではないのが着物といえます。

今は浴衣は外出用に着る人が多いため、素肌に着ることはまずないですが、

寝巻きにしたり湯上りに着るのは浴衣だけで、着物では決してそうはしません。

着用時期に着目した違いについて

ほかにも違いがあります。

それは「着用時期」です。

外出用の浴衣を着るのは夏期だけ。

(寝巻としてなら一年中でも、芝居や踊りのおけいこならオールシーズン)

お祭りなどで5月、10月の行事などでは、浴衣を着ることもあります。

一方着物は一年中着用します

季節・気温により着分けます。

  • 7~8月は透ける薄い生地のもの
  • 6月と9月は裏地のないもの
  • そのほかは裏地のついたもの

と着分けます(境目の季節は幅があります)。

浴衣の例外・着物として着る浴衣

浴衣と名古屋帯

先に「浴衣は長じゅばんを着ない」といいましたが、例外があるので紹介します。

いわゆる高級浴衣と呼ばれる浴衣(絹紅梅・絞り・長板中形など)は、そのまま浴衣としても使いますが、

長じゅばんを着て着物として着用してもかまいません

長じゅばんを着て着用すると外出着相当になり、白い足袋をはいてバランスをとります。

そのときは半幅帯でなく、夏用の名古屋帯を合わせるとよく合います。

浴衣でありながら着物として通用します。

夏じゃないのに国際交流で浴衣はなぜ

国際交流の場面で、夏でもないのに浴衣で青年たちが交流している場面があります。

どうして着物を着ないでしょう?

きっと着物を着ようとすると手間がかかるからではないでしょうか。

先ほどの説明で「着物は長じゅばんを着る」といいましたが、浴衣だけなら長じゅばんの手間がはぶけるというわけです。

ほかに考えられる理由としては、

  • 着物を持っている人が少ない
  • 浴衣なら買うことになっても低価格のものがある
  • 秋や冬でも暖房すればよい
  • 着せやすい

ということが浴衣が着物の中で選ばれる理由なのでしょう。

浴衣と着物の違いは何ですか?よくいただく質問です・まとめ

浴衣は着物の一種で形状は同じなので、見た目ではわかりにくいです。

浴衣と着物の違いは、長じゅばんを着るかどうかということ。

衿をみて、長じゅばんの衿があれば着物、なければ浴衣。

そして浴衣は素肌に着たり寝巻きにしたり、湯上りに着ることがありますが、着物はそういう着方はしない。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました