半衿・半襟(はんえり)とは・着物用語
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

半衿・半襟(はんえり)とは・着物用語

半衿・半襟(はんえり)とは・着物用語

半衿とは、着物を着るとき長じゅばんの衿の上に掛けて、汚れがつくのを防ぐ布です。

 

女性も男性も、着物のときは半衿をつけます。

 

 

礼装・正装の基本は白色

 

半衿は礼装や正装時は、白色をつけます。

 

 

社交の場

 

社交の場、華やかに装いたい場面では、

 

刺繍のはいった半衿が引き立ちます。

 

 

色柄ものはおしゃれ着の着物に

 

色半衿、小紋柄等の柄ものの半衿は、

 

つむぎ・小紋の街着や、

 

木綿や化繊の普段着着物にあわせます。

 

普段に着るきものでも、白色の半衿はもちろんOKです。

 

スポンサーリンク

 

夏は素材を変える

 

夏はすき間(絽目)のはいったものや、麻素材のものを使います。

 

夏は涼しく見られたいので、もっぱら白や薄い色目にします。

 

 

おしゃれ用には変化にとんだ素材も

 

おしゃれを目的に着物を着る場合は、

 

どんな半衿をつけてもOKです。

 

ビーズ、レース、手ぬぐいと兼用の半衿、冬ならなモヘアなど。

 

 

白半衿のときはピッタリ取り付けを

 

半衿は、柄物の場合は少々の緩みは苦にならないものです。

 

ですが白半衿の場合は、ゆるみがあると目立ちやすいです。

 

時間に余裕をもって、ぴったりと取り付けるようにします。

 

半衿がうまくつけられない人は、「バイアス半衿」をつかってもいいでしょう。

 

「バイアス半衿」は伸縮性があり、衿山のしわや波うちがなくなります。

 

より美しい衿元を演出できるでしょう。

 




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する