着物を着た後の基本のお手入れ
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

着物の小物の「帯枕」と「帯板」のお手入れについてお伝えします。着物を脱いだ後にいつもすることは、ハンガーに掛ける、あるいは風通しのよい台の上にしばらく置くことで、湿気と体温をとばします。ただ汗ばむ季節には、汗がしみたようでお手入れしたいと思...

裏地のない着物は「単衣(ひとえ)の着物」とよびます。まずは脱いだら着物ハンガーに掛けて、体温や湿気をとばします。汚れやほつれなどがなければ、たたんで収納します。汗がついたとき、部分的な汚れがつてしまったというときの対処法を紹介します。絹のき...

夏に利用する麻素材の着物や帯、涼しい着心地で楽しめましたか?着物、帯だけでなく、麻素材の長じゅばん、半襟、帯揚げなども夏の着物姿を快適にしてくれますね。さて、通気性がよく、さらっとした心地が魅力の麻素材ですが、麻にも気になることがあります。...

着物・和装といえば足元は「足袋」。白い足袋は欠かせないですが、くすんだり汚れがつきやすいですね。使用頻度の高い白い足袋、「白いままで長持ちしてほしい!」そんなお手入れ・洗い方の方法をお伝えします。白い足袋を白いまま長持ちさせる洗濯方法まず足...

和装のときの「羽織のたたみ方」と「コートのたたみ方」をお伝えします。羽織は紐を取ってからたたみます。コートはボタンをはずしてからたたみます。では、画像を見ながらやってみてくださいね。羽織のたたみ方まず羽織のたたみ方から説明します。羽織の「マ...

絹素材の着物や帯、帯揚げのシワをとるアイロンがけの法をお伝えします。着物にアイロンをかけるなんて!ちょっとしり込みしそうですが、ためしてみてくださいね。これから「生地の変質を防ぐ安全なアイロンのかけ方」をお伝えします。正絹(しょうけん)の着...

長じゅばんと半衿のお手入れ法・洗い方をお伝えしますね。長じゅばんは、脱いだら着物ハンガー(または洋服用のハンガー)に掛けます。湿気や体温をとばし、シワをとるためです。「半衿」の汚れがなく、汗をかいていなければ、たたんで収納します。着物ハンガ...

着物のときの下着・補正下着の基本のお手入れ(洗濯)方法を紹介します。「汚れを取り除きつつ長持ちさせる」洗濯の方法ですので参考にしてくださいね。肌に直接触れるものは、家庭で洗濯できるものがほとんどですが、一応洗濯表示を確認してください。先に下...

着物の小物の「帯揚げ」「帯締め」のお手入れ方法をお伝えします。着用後はどちらも体温や湿気を飛ばすため、ハンガーなどに掛けて吊るしておきます。その後、次回使いやすいようにまとめます。帯締めの房を乱さない、紙でおおう方法も紹介します。先に帯揚げ...

着付けの必需品「腰紐(こしひも)」と「伊達締(だてじ)め」の、お手入れ方法とまとめ方をお伝えします。「次回使いやすいように」まとめておきましょう。以下の方法を参考にして、あなたのお手入れ方法を決めてください。最初に腰ひものお手入れ、まとめ方...

帯の基本のお手入れ方法、アイロンのあて方から保管までをお話します。帯を脱いだら、まずハンガーにかけて日光のあたらないところで2時間以上おきます。こうして体温や湿気を取り除いてから、汚れがないかどうか見てみます。柔らかい木綿の布木綿の化粧用パ...

洗える着物なら自宅で洗濯OKなのが魅力ですね。洋服と一緒に洗濯機にポイ!の手軽さでなんとも便利ぃ~。と、安心していませんか?確かに便利ですが、着物は面積が大きいですね。だからそのままポイ!では型崩れすることがあります。そこで、型崩れせずシワ...

絹の着物(正絹のきもの)のしわの取り方、アイロンかけの方法を紹介します。↓↓↓着物で過ごしたあとは、きものハンガーにかけて体温や湿気を飛ばしますね。そのときに着用中のシワは、ある程度のびて目立たなくなります。でもいつまでたっても取れないしわ...

「着物の収納方法は桐ダンスが一番いい」といわれていますが、それはなぜでしょう?また桐ダンス以外では、保管はできるのでしょうか?大切な着物ですから「安全で安心な保管方法を」て思いますね。着物の収納について、桐ダンスに代わる収納法、虫干しの方法...

着物・和装の履物、草履と下駄のお手入れについてお伝えします。先に草履、そして下駄の順にお伝えします。どちらも脱いですぐに手をかけてあげられると、キレイが続きます。草履のお手入れ方法草履は、外出に少しはいただけなら、柔らかい布でほこりを軽くは...

木綿の着物は気持ちよく普段に着ることができますが、シワになりやすいのが気がかりです。放っておけないシワには、やはりアイロンがけが必要です。大きい面積の着物はアイロンしにくいですが、この「アイロンがけの極意」を身につければ大丈夫。この「ひと工...

袷(あわせ)=裏地付きの着物 のお手入れの基本をお伝えします。絹(シルク)生地の着物は、脱いだらそのままたたまず、まず着物ハンガーに掛けて2時間以上置きます。体温や湿気をとばすためです。その後たたみますが、長時間着物ハンガーにかけておかない...

着物の下に着る「長じゅばんのたたみ方」をお伝えします。着物のたたみ方よりも簡単ですよ。掛けっぱなし~、適当にたたんでいる~という方はぜひ覚えてくださいね。ここでは広衿の長じゅばんで説明していますが、ばち衿の長じゅばんも同じたたみ方です。では...



スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する