着物を着た後の基本のお手入れ

着物を着た後の基本のお手入れ

「長襦袢のたたみ方」着物よりカンタン、ポイント解説

◆広衿の長襦袢 着物の下に着る「長襦袢のたたみ方」をお伝えします。 ハンガーにかけっぱなし、適当にたたんでいるという人はこの機会にぜひ覚えてくださいね。 着物のたたみ方よりも簡単ですよ。 ここでは広衿の長襦袢で説明し...
着物を着た後の基本のお手入れ

帯のシワ取り・しわの伸ばし方、アイロンのかけ方から保管の注意

帯のシワのとり方(伸ばし方)、アイロンのあて方をお伝えします。 帯といっても礼装のときの帯から浴衣の時の帯まで、 素材や芯のありなしなど種類があります。 またシワをとるにあたり、種類により注意したいこともあります。...
着物を着た後の基本のお手入れ

「帯枕」「帯板」の洗い方、汗かきさんへ。洗える帯枕の作り方

汗をよくかく人は、帯枕や帯板も洗いたいかもしれませんね。 実際帯枕は、夏に使っていると洗いたくなります。 帯枕を気持ちよく使って洗うには、手作りしてしまうのがはやいです。 作り方は簡単な方法をふたつ紹介しますね。 ...
着物を着た後の基本のお手入れ

着物の収納保管どうしてる? 桐箪笥以外の衣装収納ケースおすすめは/湿気対策

着物の収納といえば「桐ダンスが一番」といわれていますが、それ以外に洋服用の衣装ケースなどは使えるでしょうか。 着物にも、天然繊維ものからそうでないものまで種類があり、収納するにあたりコンパクトにまとめたいですね。 住宅事...
着物を着た後の基本のお手入れ

正絹の着物のしわ取り(シワのばし) !アイロンをかける具体的な方法!

◆シワだらけの正絹の訪問着 絹の着物(正絹のきもの)のしわの取り方、アイロンがけの方法を紹介します。 ↓↓↓ ◆アイロンをかけてシワが伸びた 着物で過ごしたあとは、きものハンガーにかけて体温や湿気を飛ばしますね。 その...
着物を着た後の基本のお手入れ

着物の肌着(下着)・補正パッドの傷みにくい洗い方

着物のときのが肌着(下着)・補正パッドの洗い方を紹介します。 補正パッドの中には、家庭での洗いに向かないものもあるので、まずは洗濯表示を確認してくださいね。 洗うといってもただ洗うだけではありません。 「汚れを取り...
着物を着た後の基本のお手入れ

浴衣(木綿の着物)のシワの伸ばし方/アイロンがけのコツ/プロ直伝

浴衣や木綿の着物は、シワになりやすいのが気がかりです。 放っておけないシワには、やはりアイロンがけが必要ですね。 着物は面積が大きいのでアイロンをかけにくいですが、このコツを身につければ大丈夫。 「ひと工夫」と「プ...
着物を着た後の基本のお手入れ

麻の帯のシワをとる方法、アイロンのあて方とおすすめの「寝押し」

◆夏用着物と麻の半幅帯 麻の帯は、通気性がよくさらっとした心地が魅力。 夏には欠かせない素材ですが、使用後にシワがたくさんできますね。 吊るしておくだけではシワが解消することはないので、しまつが大変。 それを敬遠して...
着物を着た後の基本のお手入れ

洗える着物の洗い方は洗濯機にポイ!でいいの?型崩れを防ぐ洗い方

◆ポリエステル100%の洗える着物 洗える着物は洗濯機で洗えるのが魅力ですね。 でも洋服と一緒に洗濯機にポイ!して本当にいいのかしら? 洗いあがって脱水の終わった着物を、洋服と同じように干す。 確かに手軽で、これでも...
着物を着た後の基本のお手入れ

「長じゅばん」は洗える?洗い方(洗濯)/「半衿」の洗い方を詳しく説明

長襦袢と半衿の洗い方(洗濯方法)をお伝えします。 長襦袢が洗えるのか心配なら、ぜひ参考にしてみてくださいね。 まずは脱いだら着物ハンガー(または洋服用のハンガー)に掛け、湿気や体温をとばします。 着物ハンガーなら、...
着物を着た後の基本のお手入れ

白足袋の洗い方/手入れ・白いまま長持ちさせる洗い方干し方!

着物・和装といえば足元は「足袋(たび)」です。 女性の着物姿に白い足袋は欠かせないですが、くすんだり汚れがつきやすいですね。 よく利用するからこそ「白いままで長持ちしてほしい!」です。 そこで、長持ちする洗い方や干...
着物を着た後の基本のお手入れ

「帯揚げ」「帯締め」のお手入れ/しまい方・次に使う準備をかねて!

着物の小物の「帯揚げ」「帯締め」のお手入れ・しまい方をお伝えします。 着用後はどちらも、ハンガーなどに掛けて吊るしておきます。 まずは湿気をとばし、シワをある程度解消することができます。 しまう際は、次回使いやすい...
着物を着た後の基本のお手入れ

正絹の着物・帯・帯揚げのアイロンのかけ方、シワとり方法を詳しく説明

正絹(しょうけん)の着物・帯・帯揚げのシワをとるアイロンがけの方法をお伝えします。 着物にアイロンをかけるなんて! ちょっとしり込みしそうですが、詳しく説明しますね。 「生地の変質を防ぐ安全なアイロンのかけ方」です...
着物を着た後の基本のお手入れ

腰紐(こしひも)/伊達締(だてじ)めのたたみ方しまい方/手入れと洗濯

着付けの必需品「腰紐(こしひも)」と「伊達締(だてじ)め」の、たたみ方としまい方を紹介します。 しまうときは「次回使いやすいように」するのがポイントです。 以下を参考にして、あなたのやりやすい方法を見つけてくださいね。 ...
着物を着た後の基本のお手入れ

ひとえの着物・裏地のない着物の手入れ方法/絹とそれ以外の場合で

◆麻素材のひとえの着物姿 裏地のない着物を「単衣(ひとえ)の着物」とよびます。 脱いだらまずは着物ハンガーに掛けて、体温や湿気をとばします。 掛けておく時間は、3~24時間ほど。 汚れやほつれなどがなければ、たたんで収納します。 汗がつい...
着物を着た後の基本のお手入れ

夏着物でお出かけ・汗と汚れを防ぐ心がけについて

「夏に着物でお出かけ」、嬉しいけど汗や汚れのことが気になりませんか? 特に白くて薄い盛夏の着物は、汚れが目立ちやすいですね。 後からお手入れするよりも、事前に対応できる事を心がけておくと汗と汚れを防ぎやすいです。 今日は夏着物でのお出かけ...
着物を着た後の基本のお手入れ

「羽織」・「着物コート」のたたみ方・画像の順で誰でもでる!

「羽織のたたみ方」と「着物コートのたたみ方」をお伝えします。 羽織 着物コート の順にお話しますね、画像を見ながらやってみてください。 羽織のたたみ方 羽織をたたむときは、ひもをはずしてからにします。 (※つけたままだと紐のふさが乱...
着物を着た後の基本のお手入れ

袷(あわせ)・裏地付きの着物のお手入れ・クリーニングの目安

袷(あわせ)=裏地付きの着物 のお手入れの基本をお伝えします。 絹(シルク)生地の着物は、脱いだらまず着物ハンガーに掛けて2時間以上置きます。 体温や湿気がとんだらたたみます。 翌日にはたたむようにしましょう。 というのも長期間ハンガーに...
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました